You are here

Share page with AddThis

ユニフォーム粒剤の作用性/浸透移行性

製品追加情報

ユニフォーム粒剤の持つ2つの有効成分、アゾキシストロビンとメタラキシルMの働きについて解説します。2つの有効成分で幅広い土壌病害に安定した効果が期待できます。

異なる作用性をもつ2つの有効成分で幅広い土壌病害に安定した効果


アゾキシストロビンは病原菌の呼吸を阻害し、メタラキシルMは菌糸の生育と胞子のうの形成を 阻害することで防除効果を発揮します。

【アゾキシストロビンの作用】

アゾキシストロビンの作用

 

【メタラキシルMの作用】

メタラキシルMの作用

 

【2つの有効成分の作用性】

 アゾキシストロビンメタラキシルM
生物学的作用点病原菌細胞のミトコンドリア内の電子伝達系に作用します。病原菌のRNAの生合成を阻害します。
病原菌生活環での作用点病原菌の呼吸を阻害することで、すべての生活環に作用します。菌糸の生育と胞子のう(胞子)の形成を阻害します。
殺菌スペクトラム幅広い殺菌スペクトラムを有しています。卵菌類(しょうが根茎腐敗病、こんにゃく根腐病など)に対して強い活性を示します。

根部から吸収された有効成分はスピーディに浸透移行性を発揮


下の写真は、有効成分メタラキシルMを土壌に処理し、8日後に撮影したもの。
赤い部分になるほど多くの有効成分が移行しており、葉のすみずみまでメタラキシルMがいきわたっているのが分かります。このように、土壌処理されたメタラキシルMは、作物の根から吸収され、茎葉部へスピーディーな浸透移行性を発揮します。

ぶどう苗を用いた浸透移行性モデル試験

 

【ぶどう苗を用いた浸透移行性モデル試験】

ぶどう苗を用いた浸透移行性モデル試験

 

関連ページ

「しょうが」の病害-ユニフォーム粒剤の防除効果

「とうがらし類」の病害とユニフォーム粒剤の防除効果

「ピーマン」の病害とユニフォーム粒剤の防除効果