You are here

Share page with AddThis

新しいグッド・グロース・プラン

グットグロースプラン

新しいグッド・グロース・プランは、農業の生産的な未来と世界的な経済回復を中心にし、また、気候変動と生物多様性の損失に対する緊急的な対策を重視しています。

私たちは、農業の二酸化炭素排出量を削減し、生産者が気候変動によって引き起こされる極端な気象パターンに対処するのを支援するために、4つの大胆な新しいグローバルレベルでの取組を行っています。 これらの取組は、生産者と社会がコロナウイルス感染症パンデミックの影響から持続的に回復するのに役立ちます。

syngenta_ggp2.0_commitment_icons_rgb_color_1

生産者と自然のためイノベーション加速

持続可能な農業の躍進に向け20億ドルを投資し年間2件の持続可能な技術上の躍進を生み、作物および環境における残留物を最小限に抑える取り組みを重視します。

syngenta_ggp2.0_commitment_icons_rgb_color_2

カーボンニュートラルな農業への取組

二酸化炭素の測定と回収を可能にし、農業による二酸化炭素排出量を低減し、年間300万ヘクタールの農地での生物多様性と土壌の健康状態を向上させ、...

syngenta_ggp2.0_commitment_icons_rgb_color_3

人々の安全と健康を支援

シンジェンタ事業における事故発生率をゼロを目指し、毎年800万人の農業従事者に対して安全な使用に関するトレーニングを実施し、サプライチェーン全体における公正な労働条件に向け...

syngenta_ggp2.0_commitment_icons_rgb_color_4

効果的なパートナーシップ

密接なパートナーシップを築き、持続可能性におけるパートナー企業の目標を公表し、持続可能性に関する包括的な協議の実施にあたり、イノベーションに向けた意見交換を開始し、...

生産者を支援し、気候変動と戦う

CEOのエリック・フィルヴァルト(Erik Fyrwald)が、農業の二酸化炭素排出量を削減し、生産者が気候変動によって引き起こされる極端な気象パターンに対処するのを支援するという、私たちの大胆な新しい取組について話します。

私たちの新たな取組

field_drone_with_camera_held_by_grower_in_field

新しいグッド・グロース・プランのもとで、シンジェンタは生産者にソリューションを提供するためのイノベーションを加速しています。私たちの目標は、2025年までに持続可能な農業のブレークスルーに20億ドルを投資し、毎年2つの持続可能なテクノロジーのブレークスルーを提供することです。

農場と事業の両方において、カーボンニュートラルな農業にも努めます。私たちは引き続き、毎年300万ヘクタールの農地で生物多様性と土壌の健康を向上させることを約束します。これは、技術、サービスおよびトレーニングを農家に提供することによって行います。

また、パリ協定の目標をサポートするために、2030年までに事業の炭素強度を50%削減することを約束します。私たちの取組は、サイエンス・ベース・ターゲット・イニシアティブ(Science Based Targets Initiative: SBTi)によって検証および承認されています。

これらに加えて、毎年800万人の農場労働者を安全に使用できるように訓練し、サプライチェーン全体で公正な労働を目指して努力することで、人々が安全で健康を維持できるようにする取組を強化しています。

持続可能性の強力な理事会レベルのガバナンスに支えられて、生産者、自然、社会のための農業革新の価値について、パートナーシップとオープンな対話の中でのみ、私たちは大胆な目標を達成できます。

今こそ行動を起こすべき時

man_hand_seeds_in_foregroundistock

気候変動は実存的な脅威であり、手遅れになる前に行動する必要があります。 この影響は、世界の食料供給を確保しようとする生産者や農業従事者にとって大きな課題です。 コロナウイルス感染症のパンデミックは、農業生態系の脆弱性をさらに強調し、以前よりも農業から生計を立てている人々により大きな負担をかけています。

私たちのグッド・グロース・プランは、農業の回復力と持続性を高め、より良い、環境にやさしい回復を推進することにより、これらの課題に取り組むことを目的としています。

grower_family_in_young_corn_field

長い道のりを歩んできました

2013年に最初にグッド・グロース・プランを立ち上げたとき、私たちは農業とビジネスの持続可能性を改善するという大志を抱いていました。私たちは、...

増え続ける耕作放棄地にミツバチの栄養になるお花を植えて、農地の再生とミツバチの餌不足解消などを目指しています。

送粉昆虫の新しい場所

2015年秋に、玉川大学農学部、山梨県甲府市の養蜂家、雪印種苗株式会社、シンジェンタジャパン株式会社で、『耕作放棄地のお花畑化プロジェクト推進協議会』を設立し、...