ユニックス顆粒水和剤47

®はシンジェンタ社の登録商標

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

ユニックス顆粒水和剤47(殺菌剤)の農薬情報

ユニックス顆粒水和剤47(製品写真)
登録番号: 第22188号
種類名: シプロジニル水和剤
有効成分: シプロジニル:50.0%
毒物及び劇物取締法: 非該当
性状: 淡褐色水和性細粒
有効年限: 4年
包装: 500g×20袋、1kg×10袋(地域限定)

特徴

    1. アニリノピリミジン系の殺菌剤で、既存の殺菌剤耐性菌に対しても高い効果を示します。
    2. 植物組織中に浸透し易く耐雨性に優れています。また、予防効果、治療効果共に期待できます。
    3. 特に、りんごのモニリア病、黒星病、斑点落葉病、褐斑病、うどんこ病及び小麦の眼紋病、うどんこ病に高い効果があります。

上手な使い方


りんごの場合

作業ステージ 防除薬剤 対象病害 ユニックス剤の特長
芽出し
10日後
ユニックス顆粒水和剤47 モニリア病・黒星病

ユニックス顆粒水和剤47の1,000倍

でモニリア病に高い効果

開花直前 スコア顆粒水和剤 黒星病・赤星病・
うどんこ病・
モニリア病
 
落花直後 スコアMZ水和剤 黒星病・赤星病・
うどんこ病・
斑点落葉病・
黒点病
落花
15日後
スコアMZ水和剤 黒星病・赤星病・
うどんこ病・
斑点落葉病・
黒点病
6月中下旬 ユニックスZ水和剤 黒星病・褐斑病・
斑点落葉病・
うどんこ病・
黒点病・
すす点病・
すす斑病・
炭疽病
ユニックスZ水和剤の500倍で主要病害に高い効果
7月上旬 ユニックスZ水和剤 黒星病・褐斑病・
斑点落葉病・
うどんこ病・
黒点病・
すす点病・
すす斑病・
炭疽病
7月中下旬 ユニックス顆粒水和剤47 斑点落葉病・
褐斑病
 

斑点落葉病あるいは褐斑病の多発時

には、基幹剤にユニックス顆粒水和剤47の1,000倍~2,000倍を加用

  • ユニックス顆粒水和剤47は、2つの剤型の特性の違いを活かしながら、りんごの芽出し10日後から7月中下旬の時 期の間で使用することができます。
  • ユニックス顆粒水和剤47のシプロジニルを含む農薬の総使用回数は4回ですので、その回数の範囲内で上手に組み 合わせて使用してください。
  • ユニックスZ水和剤の希釈倍数は500倍で使用してください。

日本なしの場合

作業ステージ 防除薬剤 対象病害 ユニックス剤の特長
開花直前 スコア顆粒水和剤 黒星病・
赤星病
 
落花直後 スコア顆粒水和剤 黒星病
ユニックス顆粒水和剤47
ユニックス顆粒水和剤47の2,000倍で黒星病に高い効果
落花10日後 ユニックスZ水和剤 黒星病

ユニックス顆粒水和剤47の2,000倍

またはユニックスZ水和剤の500倍で黒星病に高い効果

ユニックス顆粒水和剤47
  • ユニックス顆粒水和剤47は、なしの落花直後から幼果期の黒星病防除の強化剤として使用し、安定した防除効果を示します。
  • スコア顆粒水和剤との組み合わせ防除により、ユニックス顆粒水和剤47の防除効果を最大限に活かすことができます。

秋播小麦の場合

秋播小麦の場合

うどんこ病防除の場合

  • 使用適期/5月~6月 ユニックス顆粒水和剤47を1,000倍で散布してください。

眼紋病防除の場合

  • 使用適期/4月下旬~5月中旬 ユニックス顆粒水和剤47を500~700倍で散布してください。
ページの先頭へ戻る