ミネクトデュオ粒剤

®はシンジェンタ社の登録商標

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

ミネクトデュオ粒剤(殺虫剤)の農薬情報

ミネクトデュオ粒剤(製品写真)
登録番号: 第23783号
種類名: シアントラニリプロール・チアメトキサム粒剤
有効成分: シアントラニリプロール:0.50%
チアメトキサム:0.30%
毒物及び劇物取締法: 非該当
性状: 褐色細粒
有効年限: 3年
包装: 1kg×12、3kg×6
作用機構分類番号
(RAC番号):
殺虫剤分類
28,4A

作用機構分類番号(RAC番号)の追加情報:「シンジェンタの耐性菌・抵抗性管理」

特徴

    • チョウ目、コナジラミ類、アザミウマ類、アブラムシ類、ハモグリバエ類と、主要害虫をもれなくカバー。
    • 果菜の鉢上げ時・葉菜の は種覆土後の処理で、育苗期はもちろん、果菜は定植後約3週間、葉菜は定植後3~4週間まで効果が持続します。
    • 果菜の鉢上げ・葉菜の は種覆土やねぎの定植作業に合わせて処理できるので、労力の軽減が図れます。
    • ウイルス病を媒介する害虫に対し速効的な吸汁活動阻害を示すため、果菜産地で問題となるウイルス病の感染抑制効果が期待できます。

上手な使い方

ミネクトデュオ粒剤の上手な使い方

この製品に関連するシンジェンタの野菜種子製品

ページの先頭へ戻る