コラトップ1キロ粒剤12

®はシンジェンタ社の登録商標

  • 適用表
  • SDS

コラトップ1キロ粒剤12(殺菌剤)の適用表

適用表を印刷する(PDF:61.5KB)

農薬登録に使用する作物名について

作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 ピロキロンを含む農薬の総使用回数
いもち病 1~1.5kg/10a ・葉いもちに対しては初発10日前~初発時
・穂いもちに対しては出穂30日前~5日前まで
2回以内 散布 3回以内(育苗箱散布は1回以内、本田では2回以内)
1kg/10a 無人ヘリコプターによる散布
 

使用上の注意

効果・薬害等の注意

  • 散布に当っては、田水深を3cm以上にし、散布後は少なくとも3〜4日間は湛水状態を保ち、散布後7日間は落水、かけ流しはしないでください。なお漏水の激しい水田では使用を避けてください。
  • 葉いもちに対する初発時の散布は多発の場合、効果が劣ることがあるので、散布時期に注意してください。
  • 本剤を無人ヘリコプターによる散布に使用する場合は次の注意事項を守ってください。
    • 無人ヘリコプター用粒剤散布装置によって散布してください。
    • 事前に薬剤の物理性に合わせて粒剤散布装置のメタリング開度を調整してください。
    • 豆、野菜類には薬害を生ずるおそれがあるので、付近にある場合にはかからないように注意して散布してください。
    • 散布薬剤の飛散によって動植物等に被害を生ずる恐れがあるので、散布区域内の諸物件に十分注意してください。
    • 散布薬剤の飛散によって、自動車、壁などの塗装面が変色する恐れがあるので、散布薬剤が付着しないよう注意してください。
    • 散布薬剤が水源地などの水系に飛散流入しないように十分注意してください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意

  • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。

環境保護上の注意

  • 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないでください。
  • 無人ヘリコプターによる散布で使用する場合は、河川、養殖池等に飛散しないよう特に注意してください。

貯蔵上の注意

  • 直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管してください。

ページの先頭へ戻る