アクタラ顆粒水溶剤

®はシンジェンタ社の登録商標です。

  • 適用表
  • MSDS
  • 体験レポート

農薬登録に使用する作物名について

適用表を印刷する(PDF:83.7KB)

作物名 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 チアメトキサムを含む農薬の総使用回数
きゅうり アブラムシ類
コナジラミ類
3000倍 100~300L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 4回以内(種子への処理及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)
ミカンキイロアザミウマ 2000倍
トマト コナジラミ類 4回以内(育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)
ミニトマト 2回以内 3回以内(育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は2回以内)
すいか ミナミキイロアザミウマ 3回以内 4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)
アブラムシ類 3000倍
なす 4回以内(種子への処理、育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)
コナジラミ類
ミナミキイロアザミウマ
マメハモグリバエ
テントウムシダマシ類
2000倍
にがうり ワタアブラムシ 収穫7日前まで 3回以内
ピーマン ミナミキイロアザミウマ 収穫前日まで 4回以内(種子への処理及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)
アブラムシ類
コナカイガラムシ類
マメハモグリバエ
3000倍
とうがらし類(ししとうを除く) アブラムシ類 4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)
ししとう
コナカイガラムシ類
マメハモグリバエ
キャベツ アブラムシ類 2000~3000倍 収穫3日前まで 4回以内(粒剤の処理、水溶剤及び水和剤の灌注は合計1回以内、水溶剤及び液剤の散布は合計3回以内)
100倍 セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4L)当り0.5L 育苗期後半 1回 灌注
はくさい 3000倍 100~300L/10a 収穫3日前まで 3回以内 散布 4回以内(粒剤の処理、水溶剤及び水和剤の灌注は合計1回以内、散布は3回以内)
100倍 セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4L)当り0.5L 育苗期後半 1回 灌注
レタス 2000倍 100~300L/10a 収穫7日前まで 2回以内 散布 3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、散布は2回以内)
だいこん 3回以内(は種時の作条混和は1回以内、散布は2回以内)
ばれいしょ 750倍 25L/10a 収穫14日前まで 3回以内 4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)
3000倍 100~300L/10a
テントウムシダマシ類
ナストビハムシ
2000倍
いんげんまめ アブラムシ類 3000倍 収穫7日前まで 2回以内 3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)
さやいんげん 収穫前日まで 3回以内 3回以内
えだまめ
だいず
カメムシ類
アブラムシ類
収穫7日前まで 2回以内 3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)
ねぎ ネギアザミウマ
ネギハモグリバエ
1000~2000倍 収穫3日前まで 3回以内 4回以内(は種時及び植付時の作条混和は合計1回以内、散布は3回以内)
わけぎ 2000倍 4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)
ブロッコリー アブラムシ類 3000倍 収穫前日まで 4回以内(粒剤の処理及び水和剤の灌注は合計1回以内、散布は3回以内)
カリフラワー 2000~3000倍 収穫7日前まで 4回以内(育苗期の株元散布は1回以内、散布は3回以内)
非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、ケール、チンゲンサイを除く) 2000倍 収穫3日前まで 2回以内 2回以内
チンゲンサイ 3回以内(定植時の作条混和は1回以内、散布は2回以内)
うこぎ 3000倍 2回以内
こまつな 2000倍 3回以内(は種時の作条混和は1回以内、は種後は2回以内)
ほうれんそう 3回以内(種子への処理及びは種時の作条混和は合計1回以内、散布は2回以内)
エンサイ 収穫14日前まで 3回以内 3回以内
みょうが(花穂) コナカイガラムシ類 収穫前日まで 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する
みょうが(茎葉) みょうが(花穂)の収穫前日まで 但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで 散布
もも
ネクタリン
アブラムシ類 3000倍 200~700L/10a 収穫前日まで
モモハモグリガ 2000~3000倍
シンクイムシ類
ミカンキイロアザミウマ
カメムシ類
2000倍
メロン アブラムシ類 3000倍 150~300L/10a 4回以内(種子への処理及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)
ミナミキイロアザミウマ
トマトハモグリバエ
2000倍
かんきつ ゴマダラカミキリ成虫 4000倍 200~700L/10a 収穫14日前まで 3回以内
アブラムシ類 3000倍
コナカイガラムシ類
ミカンハモグリガ
コアオハナムグリ
ケシキスイ類
2000~3000倍
アザミウマ類
ロウムシ類
カメムシ類
ミカンバエ
ミカンキジラミ
2000倍
りんご アブラムシ類
ギンモンハモグリガ
キンモンホソガ
コナカイガラムシ類
2000~3000倍 収穫7日前まで 2回以内 2回以内
シンクイムシ類
カメムシ類
2000倍
リンゴワタムシ 3000倍
なし シンクイムシ類
コナカイガラムシ類
カメムシ類
2000倍 収穫前日まで 3回以内 3回以内
チュウゴクナシキジラミ 3000倍
アブラムシ類
小粒核果類(うめを除く) 2000倍 収穫7日前まで 2回以内 2回以内
うめ 2000~3000倍
カメムシ類 2000倍
ぶどう コナカイガラムシ類
チャノキイロアザミウマ
フタテンヒメヨコバイ 2000~3000倍
おうとう オウトウショウジョウバエ
カメムシ類
2000倍 収穫前日まで
いちじく アザミウマ類
かき 収穫3日前まで 3回以内 3回以内
カメムシ類
コナカイガラムシ類
カキノヘタムシガ
てんさい テンサイトビハムシ 50~200倍 ペーパーポット1冊当り1L(3L/㎡) 定植前 1回 苗床灌注 5回以内(種子への処理は1回以内、苗床灌注は1回以内、散布は3回以内)
カメノコハムシ 50倍
テンサイモグリハナバエ 100~200倍
アブラムシ類 100倍
3000倍 100~300L/10a 収穫7日前まで 3回以内 散布
モロヘイヤ ネギアザミウマ 2000倍 3回以内
オクラ
食用へちま
アブラムシ類 収穫前日まで
バナナ バナナツヤオサゾウムシ 200~700L/10a 収穫7日前まで
マンゴー アザミウマ類 収穫14日前まで 2回以内 2回以内
アセロラ アブラムシ類 収穫7日前まで
グアバ(果実) バンジロウツノエグリヒメハマキ
セージ コナジラミ類 100~300L/10a 収穫21日前まで 3回以内 3回以内
にら ネギアザミウマ 収穫14日前まで
未成熟とうもろこし アブラムシ類 3000倍 収穫7日前まで 2回以内 3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)
アスパラガス ネギアザミウマ 2000倍 3回以内 3回以内
しそ アブラムシ類 3000倍 2回以内 2回以内
やまのいも 3回以内 4回以内(粒剤の処理は1回以内、散布は3回以内)
チャノキイロアザミウマ 2000倍 200~400L/10a 摘採7日前まで 1回 1回
チャノミドリヒメヨコバイ 2000~3000倍
コミカンアブラムシ
ツマグロアオカスミカメ
3000倍
花き類・観葉植物(宿根アスター、トルコギキョウ、きくを除く) ミカンキイロアザミウマ 1000倍 100~300L/10a 発生初期 6回以内 6回以内
ハモグリバエ類 2000倍
宿根アスター
トルコギキョウ
ミカンキイロアザミウマ 1000倍
ハモグリバエ類
コナジラミ類
2000倍
きく ミカンキイロアザミウマ 1000倍
ハモグリバエ類 2000倍
つつじ類 ツツジグンバイ 200~400L/10a 5回以内 5回以内
かんきつ(苗木) ミカンハモグリガ
アブラムシ類
ゴマダラカミキリ
10倍 樹当り10~100mL 春芽・夏芽又は秋芽の発生前 3回以内 主幹部に吹きつけ 3回以内
25倍 樹当り20~100mL
 

 
作物名 適用病害虫名 使用量 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 チアメトキサムを含む農薬の総使用回数
きく ミカンキイロアザミウマ
ウスモンミドリカスミカメ
300g/10a 300~1000L/10a 発生初期 6回以内 灌水チューブを用いた灌注処理 6回以内
 

使用上の注意

効果・薬害等の注意

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態、散布器具及び散布方法に合わせて調節してください。
  • 散布液は調製した日に使い切ってください。
  • グアバ(果実)に使用する場合は、葉を食用に供しないでください。
  • かんきつ(苗木)に本剤を用いる場合は、今期に収穫見込みのない苗木に対して使用してください。
  • かんきつ(苗木)に主幹部に吹きつけで使用する場合は、次の点に注意してください。
    1. 使用量は主幹の直径(接木部より上約10cmの箇所)により調整してください。
      • 10倍希釈
        主幹部直径2cm以下 樹当り10mL
        主幹部直径2〜3cm 樹当り10〜50mL
        主幹部直径3cm以上 樹当り50〜100mL
      • 25倍希釈
        主幹部直径2cm以下 樹当り20mL
        主幹部直径2cm以上 樹当り20〜100mL
  • 茶でチアメトキサムを含む農薬を使用した場合は、同一茶期内では本剤を使用はしないでください。
  • きくで灌水チューブを利用して本剤を処理する場合は、薬剤が圃場内に均等に処理できるように処理水量を調節し、製剤として10アール当り300gを処理してください。液肥混入装置を利用して本剤を処理する場合は一次希釈液の希釈倍数が30倍より薄い濃度になるよう注意してください。
  • ばれいしょに対して希釈倍数750倍で散布する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の地上液剤散布装置を使用してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • ミツバチ及びマルハナバチ等に対して影響があるので、以下のことに注意してください。
    1. ミツバチ及びマルハナバチ等の巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
    2. 受粉促進を目的としてミツバチ及びマルハナバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用しないでください。
    3. 養蜂が行われている地区では周辺への飛散に注意する等、ミツバチ及びマルハナバチ等の危害防止に努めてください。
  • 間引き菜、つまみ菜に使用しないでください。
  • 本剤の散布液を調製した容器ならびに散布器具は使用後十分に水で洗浄してください。
    また、散布器具及び容器の洗浄水は河川等に流さないでください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、普及指導センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。

安全使用上の注意

  • 本剤は眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。
    眼に入った場合には直ちに水洗してください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
  • 街路、公園等で使用する場合には、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないように縄囲いや立札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。

環境保護上の注意

  • 使用後の空袋は圃場などに放置せず、環境に影響のないよう適切に処理してください。

貯蔵上の注意

  • 保管の際には、使い残した薬剤は密閉し、食品と区別し、直射日光が当たらない低温な場所に密封して保管してください。

※ ミツバチ、マルハナバチは2000倍濃度の散布処理の後、42日目以降は安全に導入できます。


ページの先頭へ戻る