シンジェンタジャパンの農業用農薬(殺虫剤・殺菌剤・除草剤など)

製品を探す

※作物名、製品名、病害虫、雑草の名前で検索できます。

おすすめ製品

<

<

  • アグリメック

    殺虫剤

    野菜 果物・茶

    日本の土壌微生物から生まれたアグリメックは、作物の品質向上に欠かせないパートナーです。

    詳しくはこちら

  • フォース粒剤

    殺虫剤

    野菜 果物・茶

    ガス効果と接触効果で、ダイコンのキスジノミハムシを収穫期まで防除します。

    詳しくはこちら

  • ミネクトデュオ

    殺虫剤

    野菜 果物

    チョウ目、コナジラミ類、アザミウマ類、アブラムシ類、ハモグリバエ類と、主要害虫をもれなくカバー。

    詳しくはこちら

  • ミネクトスター顆粒水和剤

    殺虫剤

    水稲

    水稲育苗箱での灌注処理で簡単、スピーディ。散布の手間を減らします。

    詳しくはこちら

  • アピログロウMX1キロ粒剤

    水稲用除草剤

    水稲

    水管理が難しい田んぼでも、ノビエに対して安定した効果を発揮

    詳しくはこちら

  • コラトップ豆つぶ

    殺菌剤

    水稲

    葉いもち、穂いもちに安定した高い効果が長く持続します。

    詳しくはこちら

  • タッチダウンiQ

    その他の除草剤

    水稲 畑作物 野菜果物・茶

    高濃度の活性成分でスギナをはじめ、難防除雑草にも優れた効果。

    詳しくはこちら

  • プリグロックスL

    その他の除草剤

    水稲 畑作物 野菜果物・茶

    葉緑素をもつほとんどの雑草に速効的に強い除草効果を示します。

    詳しくはこちら

おすすめ情報

みちくさプレス 最新号(82号)

特集:「ばれいしょ、水稲、トマト、ブロッコリー、かんきつ」など畑作や果樹の複数産地を訪ねた「みちくさ産地訪問」等、お役立ち情報満載の特大号です。

>>>>最新号はこちら>>>

浜内千波の産地食材ヘルシークッキング
JA信州諏訪のブロッコリー
 詳しくはこちら

ホットニュース・オンライン

11月3日、4日、新潟県新潟市の万代シティで開催された「全国ねぎサミット2018inにいがた」。全国各地の産地が集合したねぎサミットの様子をお伝えします。

詳しくはこちら >>

ホットニュース・オンライン

シンジェンタジャパンの技術普及センターで開催した「オープンデイ」についてご紹介いたします。
詳しくはこちら >>

What's new

 一覧を見る

19.03.15
アグリメック®の米国における茶の残留農薬基準値(IT)が設定 New
19.01.25
ニュースリリース:シンジェンタジャパン株式会社 機構改革および役員人事異動のお知らせ New
18.12.27
病害虫防除に関するイベントに、近隣の方々125名が来訪 シンジェンタジャパンの「オープンデイ」 New
18.12.27
全国から22の産地が集結!「全国ねぎサミット2018inにいがた」 New
18.11.09
九条ねぎに特化し、栽培から加工、販売を手がける「こと京都」 年商15億円(2016年)企業に発展するまでの道のり

農薬ラベルの更新情報

 一覧を見る

19.02.13
殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大! New
  • 「こんにゃく」(根腐病)に使用時期「収穫30日前まで」を追加
  • 「こんにゃく」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「1回」を「2回以内(植付時または培土時の処理は合計1回以内、培土後は1回以内)」に、メタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数「1回」を「2回以内(植付時または培土時の処理は合計1回以内、培土後は1回以内)」に変更
19.02.13
種子処理剤 クルーザーMAXX 適用拡大! New
  • 「だいず」および「えだまめ」に適用病害「白絹病」を追加
19.02.13
殺菌剤 レーバスフロアブル 適用変更 New
  • 「いちご」の使用時期「親株育成期」を追加し、使用時期「育苗期」の本剤の使用回数を「苗床:2回以内」、「生育期、但し収穫前日まで」の本剤の使用回数を「本圃:2回以内」に変更
  • 「ばれいしょ」、「だいず」、「あずき」の使用液量「60~200L/10a」を「60~300L/10a」に変更
19.02.07
殺菌剤 フォリオゴールド 適用拡大! New
  • 「アスパラガス」の使用時期「収穫開始7日前まで」を「収穫前日まで」に変更
19.01.30
殺菌剤 コラトップ1キロ粒剤12 適用変更 New
  • 使用方法「無人ヘリコプターによる散布」を「無人航空機による散布」に変更
  • ピロキロンを含む農薬の総使用回数「3回以内(育苗箱散布は1回以内、本田では2回以内)」を「3回以内(直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)」に変更
平成30年度安全対策ポスター
目に見える貢献を目指したシンジェンタのコミットメントです。
 詳しくはこちら
ページの先頭へ戻る