病害虫・雑草防除ガイド - 「畑地雑草」について、知る。

イネ科雑草(一年生) スズメノカタビラ

イネ科/ナガハグサ属/春生〜越冬一年生

※写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

生 態

種子で繁殖し、水田後作では比較的水分の低い圃場で多発する。寒地の畑作地帯ではいくらか湿り気のあるほうが優占する。秋に発生すると越冬し、春には結実する。
関東以西では冬でも出穂することがある。寒地では春生えもし、夏に結実。土中種子の寿命は1〜2年だが、ときに5年以上。

芽生えの特徴

子葉は1枚。本葉第1~2葉の葉身は横断面がU型、第3葉以降はタテ二つ折り。葉先はボートの「へ先状」になる。白くて薄い膜質状の葉舌が目立つ。無毛で柔らかい。

出芽時期

夏期高温時を除いて、暖地では真冬も除いて、だらだらと発生。光発芽性で、発生深度は1cm以内がほとんど。耕起に伴ってまもなく出芽する。

問題点

麦の収穫前に結実するので根絶しにくい。絨毯のように多発することもあるが、草丈が低いので麦の中では目立ちにくく、つい取りこぼしてしまうことがある。

 
ページの先頭へ戻る
クッキー削除