※作物名、製品名、病害虫、雑草の名前で検索できます。

おすすめ製品

<

<

  • コラトップジャンボP

    殺菌剤

    水稲

    畦畔からパックを投げ込むだけ。すぐに拡散し、出穂5日前まで使えます。

  • アグリメック

    殺虫剤

    野菜 茶 花き

    難防除害虫に対して、速効性・残効性による優れた効果を発揮します。

  • アクシズMX1キロ粒剤

    水稲用除草剤

    水稲

    発生後のSU抵抗性雑草をはじめ、水田雑草全般に広い範囲で効果を発揮します。

  • プリグロックスL

    その他の除草剤

    水稲 畑作物 野菜果物・茶

    葉緑素をもつほとんどすべての雑草に速効的に強い除草効果を示します。

    詳しくはこちら

  • ユニフォーム粒剤

    殺菌剤

    野菜

    重要土壌病害に効果を発揮し、高品質な収穫をサポート。病害を防除し、高品質な収穫をサポートします。

    詳しくはこちら

  • ボクサー

    その他の除草剤

    畑作物

    イネ科から広葉まで、幅広い雑草を1成分でノックアウト!世界20ヵ国以上で愛用されている畑作用土壌処理除草剤ボクサー。

    詳しくはこちら

おすすめ情報

みちくさプレス 最新号(70号)

特集作物:「水稲、とうもろこし、だいこん、トマト、ピーマン」

宮城、北海道、兵庫を訪ねた「みちくさ産地訪問」等、お役立ち情報満載です!

最新号はこちら>

浜内千波の産地食材ヘルシークッキング 炊きたてのササニシキにぴったりのおかずの調理風景が見られます! 動画はこちら>
※動画はページ内の点灯している箇所をクリックしてください。

殺虫剤 アグリメック特設サイト

「従来の薬剤ではなかなか防除できない難防除害虫に高い効果を発揮する、殺虫剤「アグリメック」。
日本の高品質な野菜、茶、花づくりのために「アグリメック」を。
特設サイトがオープンしました。

詳しくはこちら>

 

雑草の話

今回は、稲刈取後の圃場に再生した水田雑草を非選択制除草剤プリグロックスLで除草することで、翌年の水田雑草発生量を軽減させるという技術『稲刈取後除草』についてお話しします。

詳しくはこちら>

 

What's new

一覧を見る
14.09.30
「非選択性除草剤 プリグロックスL 」実感レポートを更新しました。(水稲:愛知県豊田市 岡田吉司さん) New
14.09.30
雑草の話 第33話は「翌年以降の雑草発生量を軽減する新しい除草技術『稲刈取後除草』」です。 New
14.09.04
「殺菌剤 スイッチ顆粒水和剤」実感レポートを更新しました。(かんきつ:愛媛県八幡浜市 福田達也さん) New
14.09.04
「殺菌剤 スイッチ顆粒水和剤」実感レポートを更新しました。(かんきつ:愛媛県八幡浜市 米花利八郎さん) New
14.08.29
農地集積による防除機械市場の変化と異業種との協働で広がる可能性
―(株)やまびこ営業本部営業部防除機械課長 佐藤広志様―
New

農薬ラベルの更新情報

一覧を見る
14.10.08
殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大! New
  • 「しょうが」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「いちご(仮植床)」を「いちご」に、使用時期「植付時」を「植付時(仮植床)」に変更
  • 「いちご」にその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「かんしょ」、「らっかせい」、「いちご」、「つつじ類」の適用害虫「コガネムシ類」を「コガネムシ類幼虫」に変更
14.10.08
殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大! New
  • 「オクラ」とその適用病害「苗立枯病」を追加
  • 「たばこ」に使用時期「移植前」および使用方法「作条土壌混和」を追加
  • 「花き類・観葉植物」の本剤の使用回数を「2回以内」から「3回以内」に変更
14.10.08
殺虫剤 ジュリボフロアブル 適用拡大! New
  • 「キャベツ」の使用時期「は種時」に適用害虫「ヨトウムシ」を追加
  • 「キャベツ」の適用害虫「コナガ」の使用時期を「は種時」から「は種時~育苗期後半」に変更
  • 「キャベツ」の使用時期「は種時~育苗期後半」に適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「はくさい」にその適用害虫「カブラハバチ」を追加
  • 「はくさい」の使用方法「散布」を追加
14.10.08
殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大! New
  • 「オクラ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
  • 「しそ」にその適用病害「さび病」を追加
  • 「しそ」の適用病害「斑点病」の使用方法を「散布」に変更
14.10.08
殺菌剤 リドミル粒剤2 適用拡大! New
  • 「オクラ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、は種前の土壌混和は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
ページの先頭へ戻る