シンジェンタジャパンの農業用農薬(殺虫剤・殺菌剤・除草剤など)

製品を探す

※作物名、製品名、病害虫、雑草の名前で検索できます。

おすすめ製品

<

<

  • アピログロウMX1キロ粒剤

    水稲用除草剤

    水稲

    水管理が難しい田んぼでも、ノビエに対して安定した効果を発揮

    詳しくはこちら

  • アピログロウMXジャンボ

    水稲用除草剤

    水稲

    水管理が難しい田んぼでも、ノビエに対して安定した効果を発揮

    詳しくはこちら

  • ミネクトデュオ粒剤

    殺虫剤

    水稲

    チョウ目、コナジラミ、アザミウマ、アブラムシ、ハモグリバエと、主要害虫をもれなくカバー。

    詳しくはこちら

  • ミネクトスター顆粒水和剤

    その他の除草剤

    水稲

    水稲育苗箱での灌注処理で簡単、スピーディ。散布の手間を減らします。

    詳しくはこちら

  • デジタルミネクト箱粒剤

    殺虫殺菌剤

    野菜

    シアントラニリプロールと、いもち病防除に実績のある有効成分ピロキロンを組み合わせました。

    詳しくはこちら

  • ボクサー

    その他の除草剤

    畑作物

    イネ科から広葉まで、幅広い雑草を1成分でノックアウト!世界20ヵ国以上で愛用されている畑作用土壌処理除草剤ボクサー。

    詳しくはこちら

おすすめ情報

みちくさプレス 最新号(77号)

特集作物:「水稲、ほうれんそう、ねぎ、かんきつ、きゅうり」

大分、愛媛を訪ねた「みちくさ産地訪問」等、お役立ち情報満載です!

最新号はこちら >>

浜内千波の産地食材ヘルシークッキング
詳しくはこちら >>

 

害虫と病気の話

過湿や低温は作物の生理活性を低下させ、初期生育を停滞させます。
今回は、だいずやえだまめなど豆類の湿害軽減対策についてご紹介してまいります。


詳しくはこちら >>

 

雑草の話

今回は畦畔や休耕田、圃場周辺や非農耕地などに発生する非選択性除草剤の抵抗性雑草にスポットを当ててご紹介します。京都大学 農学研究科 雑草学分野 農学博士の冨永 達さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら >>

What's new

 一覧を見る

17.02.15
「水稲用除草剤 アクシズMX1キロ粒剤」実感レポートを更新しました。(水稲:佐賀県 大島信彦さん) New
17.02.03
「殺菌剤 ユニフォーム粒剤」実感レポートを更新しました。(花き:長野県 川嶋 一さん) New
17.02.03
「種子処理剤 クルーザーMAXX」実感レポートを更新しました。(だいず:山口県 中村英夫さん) New
17.01.31
害虫と病気の話 第92話は「だいずの収量・品質向上は、苗立率と初期生育の改善から」です。 New
16.12.26
「殺虫剤 ミネクトデュオ粒剤」実感レポートを更新しました。(トマト:熊本県 岩山誠一郎さん) New

農薬ラベルの更新情報

 一覧を見る

16.12.14
殺虫剤 ミネクトデュオ粒剤 適用拡大! New
  • 「キャベツ」に適用害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「はくさい」の適用害虫「アオムシ」、「コナガ」の使用時期を「育苗期後半」から「は種覆土後~育苗期後半」に変更
  • 「はくさい」の使用時期「は種覆土後~育苗期後半」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」、「カブラハバチ」を追加
  • 「はくさい」の使用時期「定植時」に適用害虫「アオムシ」、「アブラムシ類」を追加
  • 「ブロッコリー」の使用時期「は種覆土後~育苗期後半」に適用病害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「ブロッコリー」の適用害虫「アオムシ」、「ハイマダラノメイガ」の使用時期を「育苗期後半」から「は種覆土後~育苗期後半」に変更
  • 「レタス」の適用害虫「アブラムシ類」、「ネキリムシ類」の使用時期を「育苗期後半」から「は種覆土後~育苗期後半」に変更
  • 「きゅうり」に適用害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「きゅうり」の適用害虫「トマトハモグリバエ」を「ハモグリバエ類」に変更
  • 「なす」の適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
  • 「トマト」に適用害虫「アザミウマ類」、使用時期「育苗期後半」を追加
  • 「ピーマン」に適用害虫「コナジラミ類」を追加
16.11.17
除草剤 タッチダウンiQ 適用拡大! New
  • 「樹木等」の適用雑草「一年生広葉雑草」に使用方法「雑草茎葉塗布」を追加
  • 「水田作物(水稲を除く)」と「移植水稲」のグリホサートを含む農薬の総使用回数「1回」を「2回以内」に、「直播水稲」のグリホサートを含む農薬の総使用回数「耕起栽培は2回以内(耕起前は1回以内)、乾田不耕起栽培は2回以内」を「2回以内」に、「水田作物(水田畦畔)」と「水田作物、畑作物(休耕田)」のグリホサートを含む農薬の総使用回数「2回以内」を「3回以内」に変更
16.11.02
殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大! New
  • 「みしまさいこ」とその適用病害「炭疽病」を追加
  • 「食用ぎく」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「エンダイブ」に適用病害「すそ枯病」を追加
  • 「モロヘイヤ」に適用病害「黒星病」を追加
  • 「オクラ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「6回以内(全面土壌混和は1回以内、散布は2回以内、株元散布は3回以内)」に変更
  • 「たばこ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「2回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
16.11.02
殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大! New
  • 「オクラ」に適用病害「疫病」を追加
  • 「オクラ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「6回以内(全面土壌混和は1回以内、散布は2回以内、株元散布は3回以内)」に変更
  • 「しょうが」に適用病害「いもち病」を追加
  • 「たばこ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「2回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
16.11.02
殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大! New
  • 「さといも」に適用害虫「コガネムシ類幼虫」を追加
  • 「さといも」の適用害虫「アブラムシ類」の使用時期「植付時」を「植付前」に変更
  • 「なす」の使用方法「植穴処理」に適用害虫「コガネムシ類幼虫」を追加
  • 「ばれいしょ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)」を「4回以内(植付時の処理は1回以内、植付後は3回以内)」に変更
ページの先頭へ戻る