トップコースとともにNO.1 ターフ耳より情報

●コースとともに

耐性菌発達回避のポイント


総使用回数を、グリーン・洋芝コースでは3回以内、フェアウェイ・ティーグラウンド(コウライ、野芝)では2回以内としてください。また、作用性の異なる薬剤(プロピコナゾール等のEBI剤、イミノクタジン、チオファネートメチル、クロロタロニルなど)とのローテーション使用も効果的です。なお、登録で指示された薬量散布の遵守、予防散布や発生初期散布などにより、病害の発生しにくい管理を推進してください。

ヘリテージ顆粒水和剤の適用病害と使用方法はこちら


コガネ、シバオサゾウムシに少ない水量で長い残効!!

ビートルコップの特長

普通物です。

●散布作業の省力化に役立ちます


.散布回数の削減

→長い残効性

2.散布作業の軽減

→潅水不要! 少水量散布が可能

3.作業計画にゆとり

→幅広い散布タイミング

ビートルコップ顆粒水和剤の適用害虫と使用方法はこちら



トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.