You are here

Share page with AddThis

ハスモンヨトウ

Pages

一斉防除により害虫密度を低減し、キャベツの安定出荷を実現

産地訪問

作付面積約1100haにおよぶ全国屈指のキャベツ産地JA豊橋管内では、害虫発生密度が高まる9~11月にかけて、毎年キャベツ圃場に対して一斉防除を実施していらっしゃいます。キャベツの害虫防除対策についてJA豊橋 営農部営農指導課の土屋博之係長、同JA第一事業所の高須雄司さん、金井優策さんにお話を伺いました。

大型チョウ目害虫の防除対策で、注目の有効成分インドキサカルブとは!?

病害虫・雑草コラム

近年、葉菜類やねぎの生産現場では、各種殺虫剤への感受性低下などの要因を背景にハスモンヨトウやシロイチモジヨトウといった大型チョウ目害虫に対して効果的な薬剤が少なくなりつつあります。「インドキサカルブ」を有効成分とする「ファイントリムDF」は、大型チョウ目害虫に安定した効果を発揮する殺虫剤。その特徴、そしてハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウの防除のポイン...

実践しよう野菜の「殺虫剤抵抗性管理」

病害虫・雑草コラム

害虫の防除にあたって同系統の殺虫剤を運用し続けることによって、害虫が殺虫剤に対する抵抗性を持ち、殺虫剤の効果が低下することを「殺虫剤抵抗性」と呼びます。ここでは実際の殺虫剤抵抗性管理に関するポイントについて詳しくご紹介します。

野菜の「殺虫剤抵抗性管理」-殺虫剤抵抗性が発達するメカニズム

病害虫・雑草コラム

同系統殺菌剤の連用による「耐性菌」と同じように、殺虫剤についても同様の現象が発生します。「よく効くから」といって同じ系統の殺虫剤ばかり連用していると、殺虫剤抵抗性が発達した害虫が増殖することにつながります。ここでは野菜の殺虫剤抵抗性管理についてご紹介します。

ほうれんそうの害虫-ハスモンヨトウの生態と防除対策

病害虫・雑草コラム

ほうれんそうには様々な重要害虫が発生しますが、ここでは主にチョウ目のハスモンヨトウの生態と防除方法についてとりあげます。ハスモンヨトウは年内取りの栽培で多く、9月中旬から11月上旬にかけて発生します。フェロモントラップや予察等を利用して成虫の発生量や発生時期を把握することが重要になります。

レタスの重要害虫と上手な防除方法

病害虫・雑草コラム

シンジェンタが行ったアンケートでは、「レタスでお困りの害虫」のトップ5は、1位オオタバコガ、2位ヨトウムシ、3位ナモグリバエ、4位が同率でカブラヤガとハスモンヨトウでした。これらレタスの害虫トップ5にスポットを当て、その生態や防除ポイントをご紹介します。

Pages