You are here

Share page with AddThis

ノビエ

Pages

長年悩まされてきたノビエが激減。春先の青草にも明確な違いがありました。

体験レポート

土づくりや土壌改良剤で圃場の地力を上げることに注力しながら、質の高い米づくりを目指しています。そのための一番の課題となるのはノビエなどの「雑草対策」なのだとか。「特にノビエは重要。水稲用除草剤でも対策をしているのですが、どうしても取りこぼしが出てしまいます。ノビエが残ってしまうと、稲の株張りも悪くなりますし、雨が降ったら倒伏しやすく、収量にも影響します...

ドローンの自動航行による農薬散布で、作業省力化を実現

産地訪問

2019年6月25日、茨城県竜ヶ崎市の(有)横田農場において、「農業ドローンと農薬の安心・安全」の実現を目指した「DJI JAPAN/シンジェンタジャパン2019共同フィールドツアー」が開催されました。このフィールドツアーでは、民生用ドローン世界トップシェアを誇るDJI JAPAN(株)の最新鋭ドローンを使用した複数機編隊自動航行による農薬散布の実証試...

ヒエはもちろん、オモダカもしっかり除草。散布適期が幅広く、お客様にすすめやすいですね。|アクシズMX1キロ粒剤

体験レポート

肥料・農薬の卸売、ビニールハウスの施工や無人ヘリコプター・ドローンの販売や請負散布などを手がける吉田農事株式会社で、長年水稲の農薬販売に携わる伊藤一夫さん。ご自身も以前から水稲を作付し、地元JAに全量出荷していらっしゃいます。そんなベテラン稲作農家 伊藤さんにアクシズMX1キロ粒剤(以下、アクシズMX)を試験していただきました。

水稲における雑草管理と非選択性除草剤の上手な使い方

病害虫・雑草コラム

水稲における雑草管理では、選択性除草剤による本田除草のみならず、非選択性除草剤による耕起前除草や稲刈取後除草も含めたトータルな除草が重要になります。なかでもパラコート除草剤による稲刈取後除草は、埋土種子を低減させ、翌年の発生密度を減らすためのキーとなる除草作業。今回も、稲刈取後除草について弊社開発登録部 開発部の杉山 稔が詳しくご紹介します。

翌年以降の雑草発生量を軽減する除草技術『稲刈取後除草』

病害虫・雑草コラム

生産者の高齢化や水田の大規模集積化に伴い、水田雑草の管理には省力化が求められる時代。稲刈取後の圃場に再生した水田雑草を非選択制除草剤プリグロックスLで除草することで、翌年の水田雑草発生量を軽減させるという技術『稲刈取後除草』についてお話しします。

大規模経営に貢献する水田雑草管理の省力化技術

病害虫・雑草コラム

近年は農業就業者の高齢化、大規模経営化に伴う、圃場の集積や作業受託などが進み、作業の効率化・省力化ニーズが高まっています。ここでは「水田除草作業の省力化」について解説します。

鉄コーティング種子による湛水直播水稲の除草技術:「表面播種」における除草の2大ポイント

病害虫・雑草コラム

直播栽培の7割近くを占める湛水直播栽培。その中でも主流である鉄コーティング種子を使用した『表面播種』における除草の2大ポイントについてご紹介します。公益財団法人 日本植物調節剤研究協会 研究所 千葉支所の濱村支所長にお話をお聞きしました。

ノビエの種類と雑草害

病害虫・雑草コラム

ヒエは日本の稲作の歴史の中で最も大きな影響をもたらしてきました。ヒエの種類と生態、雑草害について詳しく見ていき、ヒエを安定して防除できる除草剤の開発の必要性についてご説明します。

水田雑草について-一年生雑草の種類と生態

病害虫・雑草コラム

水田雑草を大きく分けると、一年生雑草と多年生雑草に分けることができ、さらにその中のイネ科、広葉などに分類することができます。最も代表的な水田雑草であるノビエの生態について詳しく見ていきます。加えて、他の様々な一年生雑草についても取り上げます。

Pages