You are here

Share page with AddThis

オオタバコガ

知ろう!食入する厄介なオオタバコガ編ー農家の常備薬 アファームの特長

製品追加情報

オオタバコガは、広食性で多くの野菜類を食害します。もともと日本にいた虫ですが、以前は害虫として問題になることはほとんどありませんでした。ところが、1994年に西日本を中心に多くの作物で大発生し、それ以降、重要害虫の座に居座り続けています。重要害虫であるオオタバコガの生態と被害について、詳しく説明し、オオタバコガに対する高い防除効果を発揮するアファームの...

一斉防除により害虫密度を低減し、キャベツの安定出荷を実現

産地訪問

作付面積約1100haにおよぶ全国屈指のキャベツ産地JA豊橋管内では、害虫発生密度が高まる9~11月にかけて、毎年キャベツ圃場に対して一斉防除を実施していらっしゃいます。キャベツの害虫防除対策についてJA豊橋 営農部営農指導課の土屋博之係長、同JA第一事業所の高須雄司さん、金井優策さんにお話を伺いました。

実践しよう野菜の「殺虫剤抵抗性管理」

病害虫・雑草コラム

害虫の防除にあたって同系統の殺虫剤を運用し続けることによって、害虫が殺虫剤に対する抵抗性を持ち、殺虫剤の効果が低下することを「殺虫剤抵抗性」と呼びます。ここでは実際の殺虫剤抵抗性管理に関するポイントについて詳しくご紹介します。

野菜の「殺虫剤抵抗性管理」-殺虫剤抵抗性が発達するメカニズム

病害虫・雑草コラム

同系統殺菌剤の連用による「耐性菌」と同じように、殺虫剤についても同様の現象が発生します。「よく効くから」といって同じ系統の殺虫剤ばかり連用していると、殺虫剤抵抗性が発達した害虫が増殖することにつながります。ここでは野菜の殺虫剤抵抗性管理についてご紹介します。

殺虫剤の効果的な散布方法-キャベツにおける総合的病害虫管理(IPM)-

病害虫・雑草コラム

野菜は水稲、果樹と比較すると、品目・作型とも様々な種類があり、発生する病害虫も地域・年次・栽培時期により大きく異なるため、総合的病害虫管理(IPM)の手法も環境条件、栽培条件、品目に合わせた手法が求められます。高冷地の露地栽培キャベツを例にして、害虫管理を中心とした主なIPM実践技術について解説します。

夏レタスの出荷量は全国トップ。太陽にいちばん近いレタスづくりを展開。

産地訪問

夏場の冷涼な気候を活かし、夏レタスの出荷量国内一を誇る、JA長野八ヶ岳。管内産地の標高の高さから「太陽にいちばん近い野菜たち」と呼ばれています。今回は、レタスへの取り組みについて、JA長野八ヶ岳の農業部企画振興課中島常勝課長、同JA川上支所販売指導課の山田輝明さん、管内レタス農家の赤堀博之さんにお話を伺いました。

レタスの重要害虫と上手な防除方法

病害虫・雑草コラム

シンジェンタが行ったアンケートでは、「レタスでお困りの害虫」のトップ5は、1位オオタバコガ、2位ヨトウムシ、3位ナモグリバエ、4位が同率でカブラヤガとハスモンヨトウでした。これらレタスの害虫トップ5にスポットを当て、その生態や防除ポイントをご紹介します。

オオタバコガの生態と防除法

病害虫・雑草コラム

広食性の害虫として多くの植物を餌にできるオオタバコガ。1994年の大発生以来、多くの作物に加害する重要害虫として、各種の防除方法が検討されてきました。オオタバコガの詳しい生態と効果的な防除方法について見ていきます。