You are here

Share page with AddThis

アファーム乳剤

Pages

知ろう!食入する厄介なオオタバコガ編ー農家の常備薬 アファームの特長

製品追加情報

オオタバコガは、広食性で多くの野菜類を食害します。もともと日本にいた虫ですが、以前は害虫として問題になることはほとんどありませんでした。ところが、1994年に西日本を中心に多くの作物で大発生し、それ以降、重要害虫の座に居座り続けています。重要害虫であるオオタバコガの生態と被害について、詳しく説明し、オオタバコガに対する高い防除効果を発揮するアファームの...

果菜における難防除害虫コナジラミ類の特徴と防除ポイント

病害虫・雑草コラム

なぜ、コナジラミは難防除害虫なのか?
✓ 虫が小さく、被害が出るまで気づきにくい。
✓ 農薬に抵抗性を示す系統が存在する。
✓ 広食性で多くの植物に寄生できる。
✓ 生育の速度が速く、増殖が速い。(*)
✓ 単為生殖(雄がいなくても雌だけで増殖)が可能である。(*)
✓ 飛翔できる...

一斉防除により害虫密度を低減し、キャベツの安定出荷を実現

産地訪問

作付面積約1100haにおよぶ全国屈指のキャベツ産地JA豊橋管内では、害虫発生密度が高まる9~11月にかけて、毎年キャベツ圃場に対して一斉防除を実施していらっしゃいます。キャベツの害虫防除対策についてJA豊橋 営農部営農指導課の土屋博之係長、同JA第一事業所の高須雄司さん、金井優策さんにお話を伺いました。

フシダニ科(フシダニ、サビダニ類)の特徴と防除対策

病害虫・雑草コラム

フシダニ類やサビダニ類は体が小さいため、発生に気づくのは被害が出てからが多く防除が遅れ例がよく見られます。フシダニ類やサビダニ類の防除は生態をよく調べ、予防的な防除を実施することがポイントです。詳しく解説します。

秋冬期の温暖な気候を活かし、露地栽培による高品質な豆類を生産

産地訪問

そらまめ、スナップえんどう、グリーンピースなど豆類で、日本屈指の生産量を誇るJAいぶすき。海沿いの産地を車で走っているとあちこちに豆の圃場が見えてきます。年間の平均気温18~19℃と温暖な気候に恵まれた管内の豆類への取り組みについて、同JA農産部営農課の別府昭吾次長と、えんどう部会の西山昭二部会長にお話を伺いました。

コナガの発生生態と防除薬剤

病害虫・雑草コラム

コナガははアブラナ科の植物を加害する世界的な大害虫です。相次いで抵抗性個体が確認され、野菜害虫の中で防除の困難な重要害虫と位置づけられています。コナガの生態と防除に効果的な薬剤をご紹介します。

Pages