You are here

Share page with AddThis

非選択性茎葉処理除草剤

Pages

長年悩まされてきたノビエが激減。春先の青草にも明確な違いがありました。

体験レポート

土づくりや土壌改良剤で圃場の地力を上げることに注力しながら、質の高い米づくりを目指しています。そのための一番の課題となるのはノビエなどの「雑草対策」なのだとか。「特にノビエは重要。水稲用除草剤でも対策をしているのですが、どうしても取りこぼしが出てしまいます。ノビエが残ってしまうと、稲の株張りも悪くなりますし、雨が降ったら倒伏しやすく、収量にも影響します...

大豆の生育初期の雑草防除「高品質・高収量な大豆づくりのまめ知識」

病害虫・雑草コラム

日本の転換圃場での大豆栽培で、雑草害は湿害などと並んで収量・品質を低下させる大きな要因の一つです。実際、大豆がどこにあるのか分からないほど雑草が繁茂してしまった圃場も少なくありません。そのー方で、大豆は葉による遮光力が高いので、雑草に対する競争力が強い作物である、とも言われます。現実の圃場と、抑草力が高いとされる大豆の特性の間で、なぜこのようなギャップ...

てんさい圃場の除草効率アップ「パクパク(PakuPaku)」の実力とは

産地訪問

養分競合によりてんさいの収量をダウンさせてしまう畑地の難防除雑草。特に一年生広葉雑草は、選択性除草剤では取りこぼしやすく、途中で手取り除草に頼らざるを得ないことが多いそうです。
その労力を軽減するため、北海道十勝管内では「非選択性除草剤タッチダウンiQ」を除草剤塗布器「パクパク(PakuPaku)」(以下、パクパク)で泡状にし、一年生広葉雑...

朝露が残っていてもスギナがちゃんと枯れる。20Lの大型ボトルも経済的ですね。|タッチダウンiQ

体験レポート

食味・収量センサー付きコンバインで、刈り取りながら食味を計測し、有利販売と品質・収量の安定化をめざすシステムや、ドローンによる農薬散布などスマート農業にも積極的に取り組む猪俣さん。JGAP取得に向けて、畦畔除草管理にも注力していらっしゃいます。
猪俣さんに、栽培のこだわりや畦畔除草への取り組みについて伺いました。

Pages