ケンタッキーブルー

ほとんど曲がりのない、つるありインゲンのニュータイプ

ケンタッキーブルーケンタッキーワンダーより低節位から収穫可能 濃緑莢 ほとんど曲がりのない つるありニュータイプ

●低節位から着莢・収穫ができ、特に早期収量が多いつるありの早生品種。主枝を中心に長期間収穫できる。
●草勢はケンタッキーワンダーに比べかなりおとなしい。葉は小葉。葉色濃く、節間は短い。草丈は1.8~2m程度。過繁茂になりにくいので摘葉の必要がなく省力栽培に適する。
●莢は濃緑の丸莢すじなし。莢の長さは15~16cm。曲がりはほとんどなく、見栄えが優れている。収穫が遅れても莢が硬くなりにくく、収穫適期幅が広い。
●食味に風味があり、やわらかく、おいしい。


[ 栽培上の留意点 ]
●栽培密度は従来のケンタッキーワンダーより密植とし、平均うね間2.5~2.8mの2条植え。株間30~35cmの2本仕立てとして十分な株数を確保する。(ケンタッキーワンダーの2倍の栽植密度)
●着莢数が多いので早めに追肥を行い、生育後半に至るまで乾燥せぬよう十分なかん水で樹勢を維持する。

[作型]
作型

 

[販売規格]

品種 規格
ケンタッキーブルー 500g

野菜種子事業

野菜種子