JP2

収穫らくらく、そろい抜群

JP2[ 品種特性 ]

●半結球性のバターヘッドタイプ(日本ではサラダ菜と呼ばれる)。
●チップバーンに強く、節間伸長の少ない晩抽性品種なので高温期栽培に最適。
●葉は濃緑色。葉肉は厚く、葉面の縮みは少ない。
●草姿は半立性で、高温期でも縦長球になりにくくコンパクトにまとまる。
●球尻の形状は美しく、収穫~袋詰等の作業が容易。
●株揃いが良く、一斉収穫ができる。
●非常に作りやすいサラダ菜で周年栽培も可能。
 
[ 栽培のポイント ]
●レタス根腐れ病(フザリウム菌)については耐病性品種ではないので、発生の恐れのある圃場/時期についてはパンソマ(シンジェンタジャパンサラダ菜品種)を栽培する。
●一般地/暖地の盛夏どり栽培は極端な高温により、抽苔が早まる可能性があるので成るべく涼しい環境で栽培できるようにする。(寒冷紗/水耕の場合水温を下げる等)。

[作型]
作型

[販売規格]

品種 規格
JP2 5,000粒

野菜種子事業

野菜種子