樹木用樹幹注入剤(殺虫剤)リバイブ

こころに残る風景を、未来へ。

農林水産省登録 第23743号 ®はシンジェンタ社の登録商標です。

植え込みや、街路樹として日本の景観に欠かせない桜の木
害虫から樹木を安全・確実に守ってくれる
『散布しない樹幹注入タイプの殺虫剤です。』

住宅地などでの薬剤散布について

薬剤は飛散すると、住民、子ども等に健康被害を生ずる恐れがあります。

もっと詳しく見る

~期待に応えられる防除を目指して~

「街路樹・公園緑地等での薬剤散布に関する陳情・苦情などに苦慮されていませんか?」

●環境省作成の「公園・街路樹等病害虫・雑草管理マニュアル~農薬飛散によるリスク軽減に向けて~」では、「学校、保育所、病院、公園等の公共施設内の植物、街路樹及び住宅地に近接する森林等」での病害虫防除における「散布」以外の防除方法としては、「誘殺」、「塗布」、「樹幹注入」等の方法が挙げられております。

●『樹幹注入』は、直接的な環境中への暴露・飛散が無いため、近隣住民からの薬剤散布に対する苦情を軽減できると同時に、害虫駆除を望まれる住民の陳情にも対応できる防除手法といえます。

●樹幹注入剤「リバイブ」は、このような地域住民の様々な苦情・陳情に対応できる解決策であると同時に、人や環境への安全性はもとより、『樹木』そのものに対する影響を最小限に留め、美しい緑を守る新しいタイプの樹幹注入剤です。

閉じる

薬剤散布の現状

スペシャルムービー

薬剤散布の現状・リバイブの特長・作用メカニズムなど製品情報や防除情報を動画でご紹介します。
薬剤の飛散が無いため、樹木類に発生するケムシ類に対して、高い効果が期待できます。

住民

住民

桜の木に発生する害虫についてどう思いますか?

桜の木は好きなんですけど、毛虫がねぇ・・
落ちてくるのが嫌でよすね。

桜の木に殺虫剤を使用することについてどう思いますか?

子供のことを考えると、変な薬が入っているんじゃないかとか、身体に悪いんじゃないかとかっていう心配はありますね。

樹木医

樹木医

リバイブの特長を教えてください。

樹幹注入剤(殺虫剤)という製品はいくつかあるんですけども、その製品の中でも、リバイブは孔の大きさが小さくて済み、孔の数も少なくて済むところが利点です。孔の数が少ないので木への負担も少なくなります。そこはすごく助かると思います。

造園施工会社

造園施工会社

リバイブを使用する利点を教えてください。

薬剤散布ですと近隣住宅飛散したり、歩行者にかかったりするんですけど、樹幹注入だと、木に直接孔をあけて施工するので安心して作業ができます。

開発担当者

開発担当者

リバイブはどのように作用するのでしょうか。

樹幹注入によって薬剤が処理されて、樹幹の中を薬剤が上がっていきます。
葉まで薬剤が届くのですが、その薬剤が到達した葉を、卵からかえった毛虫類の幼虫が少しかじることによって効果が発揮されます。

シンジェンタからのコメント

従来の製品と比べた際の効果の違いや、木に対する安全性が高いということと、処理をする回数や時間など、トータルのコストも削減できる総合的な防除として、社会に貢献できる製品ではないかと考えています。

リバイブについて

お問い合わせはこちら

薬剤散布だとこんな問題があります。

  • 近隣住宅に飛散してしまう
  • 歩行者にかかったりするおそれがある
  • 害虫による樹木・人体への被害

桜の木に発生する害虫による主な被害

  • ケムシ類
  • 食害
  • 虫刺され
  • 糞害

害虫からの被害防ぎ
周辺住民への配慮環境への負担軽減などを考え
「開発された殺虫剤」

リバイブ

リバイブは従来の散布型の殺虫剤とは異なり
施工時に周囲に飛散しない
直接注入するタイプ
殺虫剤です。

リバイブ 商品パッケージ

成分:エマメクチン安息酸塩 1.9%
   水、界面活性剤等 98.1%
人畜毒性・毒物及び劇物取締法:非該当
包装:(20mlボトル×10本入り)×5箱

リバイブについて

お問い合わせはこちら

リバイブの特長

特長1

樹木類に発生するケムシ類に対し、高い効果が期待できます。

特長2

さくらに発生するケムシ類に対しては、長期にわたる高い殺虫効果が期待できます。

特長3

注入孔数が比較的少なく、樹木への負担が軽減されます。

特長4

薬剤の飛散が無いため、周辺の住居、建物、作物に影響を与えることがありません。

リバイブについて

お問い合わせはこちら

使用場面

薬剤の飛散がないため、様々な場面でご使用できます。

リバイブについて

お問い合わせはこちら

試験事例

モンクロシャチホコに対し、長期に渡り高い殺虫効果を示しました。

殺虫効果のグラフ
モンクロシャチホコ

モンクロシャチホコ

モンクロシャチホコの幼虫は、桜の木の葉っぱを食い尽くす害虫です。しかも食欲は旺盛。幼虫たちに狙われた桜の木は、葉っぱを食い尽くされ、丸裸にされてしまいます。

出典 : 日本植物防疫協会
   「平成26・27年度 新農薬実用化試験成績 -虫害防除-」
実施機関:千葉大学 ・樹木:ソメイヨシノ(樹齢約10年)
処理日:2014年6月17日 

【初年度】放虫日:2014年8月19日 調査日:2014年9月2日
【1年後】 放虫日:2015年8月24日 調査日:2015年9月8日
【2年後】 放虫日:2016年8月11日 調査日:2016年8月25日

リバイブは、さくらの開花に影響を与えません。

3年間連続で処理したさくらの樹の様子

  • 処理1年後

    試験場所:茨城県内
    処理日 : 2015年5月18日
    撮影日 : 2016年4月6日

  • 2年継続処理後

    試験場所:茨城県内
    処理日 : 2016年6月2日
    撮影日 : 2017年4月7日

  • 3年継続処理後

    試験場所:茨城県内
    処理日 : 2017年5月22日
    撮影日 : 2018年4月3日

リバイブについて

お問い合わせはこちら

樹幹注入剤とは

樹幹注入メカニズム

害虫に対しどのように作用するのか?

リバイブについて

お問い合わせはこちら
ページの先頭へ