トップ雑草ソリューションシート日本芝フェアウェイ:春の広葉雑草

● 雑草ソリューションシート −シンジェンタからのおすすめ防除提案―

日本芝フェアウェイ:春の広葉雑草

春に防除が必要になる広葉雑草には大きく区分して、前年の夏から秋にかけて発生した後に地上部を残したまま越冬してきた草種と、春から夏にかけて新たに発生してくる草種があります。
芝生育期の雑草防除をきっちり行うことが芝目の揃ったきれいなコースを作ることにつながります。

  @地上部を残したまま越冬してきた草種(例)   効果的な対処方法(例)と
防除のコツ
  1.一年生(越年性)の草種
ヒメジョオン
ヒメジョオン
ヒメムカシヨモギ
ヒメムカシヨモギ
オオアレチノギク
オオアレチノギク
ツメクサ
ツメクサ
ハコベ
ハコベ
オランダミミナグサ
オランダミミナグサ
ナズナ
ナズナ
タネツケバナ
タネツケバナ
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ
タチイヌノフグリ
タチイヌノフグリ
ホトケノザ
ホトケノザ
 
茎葉処理剤(アグリーンモニュメントなど)(+必要に応じてホルモン剤など)
越冬してきた個体は、春の除草剤散布のタイミングには大きく強固に成長していることが多いため、発生の多い草種に対して効果の強い薬剤を選択するとともに登録範囲内での高めの薬量を選択することが必要です。また必要に応じてホルモン剤などの組み合わせ散布を実施するのが効果的です。
  2.多年生の草種
ハルジオン
ハルジオン
セイヨウタンポポ
セイヨウタンポポ
オオバコ
オオバコ
シロツメクサ
シロツメクサ
  A春から夏にかけて新たに発生してくる草種(例)   効果的な対処方法(例)と
防除のコツ
  1.一年生(越冬性)の草種
ヤハズソウ
ヤハズソウ
コニシキソウ
コニシキソウ
   
土壌処理剤や茎葉処理剤(モニュメントやホルモン剤など)
これらの雑草は毎年、同じ場所に発生しやすくなるため、発生個所をメモした雑草発生地図(シート)を作成して、発生を見つけたら大きくなる前に早めの対処を行うことを心がけましょう。
  2.多年生の草種
チドメグサ
チドメグサ
オオジシバリ
オオジシバリ
   

越冬してきた草種は春の防除期には既に大きく成長してしまっていることが多く、また生育に適した温度になると、比較的早い時期から素早く成長して花を咲かせることが多いです。開花して種子を形成してしまうと翌シーズンも発生量が多くなるため、効果のある剤で早めに防除することが重要です。
春から夏にかけて発生する草種は、一般的に越冬してきた雑草に比べると、少し遅めの発生タイミングの草種が多いですが、発生が長く続くことから、発生タイミングに合わせた土壌処理や茎葉処理、また局所的に発生する草種に対してはスポット処理などによる対処が必要になります。

芝生用ローテーション資料(日本芝:一年生広葉) グリーン農薬総覧2009より
画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。
芝生用ローテーション資料(日本芝:一年生広葉) グリーン農薬総覧2009より
● 雑草トピック
  • 近年、管理予算の削減などで除草剤の種類や散布回数を削った結果、ヤハズソウやオオジシバリなどのSU系の除草剤が比較的苦手とする雑草が増加する傾向にあります。これらの雑草に対しては効果のある剤を一緒に散布するか、ホルモン剤などの異なる系統の茎葉処理剤をスポットで処理するなどの対処が必要です。
  • 秋の雑草防除をきっちり行うことで越冬する個体を大幅に減少させることができます。

 

トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.