トップ海外ニュースレターNo.331

この記事はグリーンキャスト(Green Cast)のホームページより抜粋し、翻訳しています。
原文はこちらをご覧下さい。 www.greencastonline.com   執筆者の紹介


●ニュースレター海外版 NO.331 March 2010

フロリダ州全域に続く低温障害

合衆国全体の寒さはどれほどだったのでしょうか? 先週の金曜日(2月12日)は50州中49州が雪でした(ハワイは例外)。米国南東部の気温は1月から2月まで低く、フロリダ半島で行われる有名なカーレース、日曜日(2月14日)のデイトナ500でも寒さのため遅れが出ました。寒さのため、暖地型芝草に低温障害が続いています。

先月はフロリダ州南部まで暖地型芝草に低温障害が発生しました。低温障害は低温による症状ですが凍結は見られません。低温障害はバミューダグラスのような暖地型芝草によく発生します。低温障害による被害は晴天で日中暖かくその後日没で急に気温が下がって12℃を切ったときにしばしば発生します。被害の症状は壊死斑点、すなわち葉緑素が失われて「白化した」葉身となって現れます。また、低温障害は光合成率の低下、さらに成長の停止につながります。バミューダグラスは気温が下がり低温障害になるほどの気温でなくても変色することがよくあります。超迷彩パターンから一般的な色あせまでの症状が現れます。

2010年2月15日


トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.