トップ海外ニュースレター一覧NO.150〜NO.159

●海外ニュースレター一覧(NO.150〜NO.159)

■ニュースレター海外版
[シンジェンタ ニュースレター]
NO.159 September 2006
炭疽病
幼虫がラフやフェアウェイを飛び回る
ストレス症状が見られる
トールフェスク=葉腐病
NO.158 September 2006
ブラウンパッチの季節
ブラウンパッチが米国全域で発生している
トールフェスクと言えばブラウンパッチ
シロツメクサが「目立っている」
どの位の暑さなのか?
NO.157 September 2006
ダラースポット
BTAの被害が疑われる
パッチ症状の病気が進行中
マメコガネが被害をもたらす
NO.156 September 2006
炭疽病発生の可能性
ダラースポットの発生が依然として続く
マメコガネやmasked chafer(コガネムシの一種)の成虫が飛び回る
うどんこ病は曇ってじめじめした気象条件で発生する
NO.155 August 2006
炭疽病に注意
テキサス州東部でカーブラリア葉枯病が発生か?
レッドスレッドは窒素分の少ない芝が好き
コバネナガカメムシが活発に活動する
NO.154 August 2006
ウルトラドワーフの根は浅い
米国の中央一帯をテイクオールパッチが席巻
レッドスレッドは依然として問題になる
オサゾウムシの食害が懸念される
カラフルなマルチ
NO.153 August 2006
ネクロティックリングスポットの症状は数週間以内に現れる
黄色いリング
オサゾウムシの産卵期
「雪のような」ハコヤナギの種
濡れた芝では芝刈機を調整
NO.152 August 2006
米国南西部でラピッドブライト感染の可能性
畝の立っているバンカー
レッドスレッドがライグラス、ブルーグラス、フェスクに感染
ブルーグラスに感染する葉枯病
メヒシバが発芽を開始
NO.151 August 2006
オーバーシーディングされたバーミューダグラスをピシウム病が襲う
寒冷湿潤の気候のためボールの回転が遅いグリーン
ブルーグラスの穂
軸刈りに注意
湿潤な気候がダラースポットを招く
NO.150 July 2006
テイクオールパッチに注意
ケラの幼虫がまもなく現れる
ゾウムシとコバネナガカメムシの成虫にご用心
マルチングのためのルール

トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.