トップ海外ニュースレター一覧NO.60〜NO.69

●海外ニュースレター一覧(NO.60〜NO.69)

■ニュースレター海外版
[シンジェンタ ニュースレター]
NO.69 December 2004
湿気のストレスを受けた芝でネクロティックリングスポットが現れる
ダラースポット病の軽減には露を払うことが重要
晩秋に日本芝パッチが現れる
NO.68 November 2004
さび病、さび病
蛾が飛び交う
広葉雑草の防除に最適な時期
カッパースポット
NO.67 November 2004
スズメバチ
フタモンアシナガバチがときどきスズメバチと勘違いされる
ハリケーン−洪水は芝に被害をもたらすか?
NO.66 November 2004
暖地型芝では、秋に越年草を防除する
コアリングが芝のサッチの減少に役だつ
バーミューダグラスのウィンターオーバーシーディング
NO.65 November 2004
毎年、さび病が…
一部の芝でネクロティックリングスポットが問題
秋の手入れシーズン
いもち病の季節?
NO.64 October 2004
セントオーガスチングラスでChinchbugの被害を探せ
散発的だが深刻なFall Armywormの被害
グリーンの周囲やラフでFall Armyworm(ヨトウガの一種)を探せ
労働記念日(9月第1月曜)でブラウンパッチのシーズンが終わるわけではない
NO.63 October 2004
サマーパッチの症状が現れる
米国北部で葉枯病が発生する
葉枯病それともいもち病?
NO.62 October 2004
さび病がより顕著になる
多くのトールフェスクでオーバーシーディングが必要
多湿な気象条件でダラースポット病が多発する
イエロータフトがいたるところで発生する
冷涼な気象条件になっても、まだいたるところで炭疽病が発生している
NO.61 October 2004
さび色の芝
花ガラ摘みによって花を咲かせ続ける
フェアリーリングの慢性化の問題
今年はnorthern masked chafer(コガネムシの一種)の年
アメリカシロヒトリが木に巣を作る
あおくならない芝のパッチ?
NO.60 September 2004
グリーンがでこぼこ?
ダラースポット病の慢性化
花壇のトウダイグサ
この時期、リゾクトニアブライトが慢性化する
フェアウェイとグリーンの両方で炭疽病
炭疽病と混同されやすいBTA

トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.