トップ海外ニュースレター一覧NO.50〜NO.59

●海外ニュースレター一覧(NO.50〜NO.59)

■ニュースレター海外版
[シンジェンタ ニュースレター]
NO.59 September 2004
ショクヨウガヤツリが姿を現す
マメコガネの次はMasked chafer(コガネムシの一種)?
シーショアパスパラムに生えるバーミューダグラスの防除
オーバーシーディングされたペレニアルライグラスがいたるところで健在
メヒシバが暑さで急速に成長する
米国北部のいたるところでまだレッドスレッドを見かける
NO.58 September 2004
サマーパッチ病
高温多湿な気象条件では、つねにピシウム病害が気がかり
NO.57 September 2004
まもなくマメコガネが食害を開始するだろう
トールフェスクと言えば、ブラウンパッチ
夏、スズメノカタビラでは炭疽病が発生しやすい
ケラの幼虫が現れる
NO.56 September 2004
家庭の芝のダラースポット病は意外ではない
マルチが乾燥すると、カラフルなパターンが現れることが多い
ペレニアルライグラスのフェアウェイで発生する2種類の病害にご用心
雨と湿り気がダラースポット病を引き起こす
NO.55 August 2004
ブルーグラスを食害するオサゾウムシの被害が現れ始める
日照りは雑草の防除に影響する
ウルトラドワーフは、根が浅い?
ドレクスレラによる葉枯病がベントグラスで発生している
NO.54 August 2004
曇りがちでじめじめした天候によって、うどんこ病が発生する可能性がある
落葉
オーバーシードされたペレニアルライグラスでピシウム病が発生する可能性がある
地上部の高い密な芝では、頻繁なトップドレッシングが必要
 NO.53 August 2004
Bronze Birch Borer
いたるところでレッドスレッドをみかける
南部地域のブラウンパッチ
 NO.52 July 2004
ツゲが茶色くなる
軸刈りにご用心
「満開」のときに卵を産む
ダラースポット病が深刻化する
 NO.51 July 2004
湿っているときは、刈ってもいいのだろうか
ブルーグラスの花頭
ダラースポット病がさかん
 NO.50 July 2004
春といえば、マルチング
セミはもうそこまできている
冷涼な気象条件の病害が現れる

トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.