トップ海外ニュースレター一覧NO.40〜NO.49

●海外ニュースレター一覧(NO.40〜NO.49)

■ニュースレター海外版
[シンジェンタ ニュースレター]
 NO.49 July 2004
米国北部のいたるところでレッドスレッドがさかん
ホトケノザが姿を現す
南東部で中程度の日照り
フザリウムパッチが筋状にあらわれる
 NO.48 June 2004
もう17年経っただろうか。
ケンタッキーブルーグラス上の葉枯病
グリーン上のBTAの成虫
夏に備えて根を育てる
 NO.47 June 2004
シロアリ: 羽のはえた戦士
黄色い花と冠毛
イエローパッチ: 新旧の活動
 NO.46 June 2004
成長の変動
最適な高さに刈り込む
バーミューダグラスは、ゾイシアグラスに比べ色づきが遅い
SDS(スプリングデッドスポット)
 NO.45 June 2004
まもなく活動を始めるオサゾウムシの成虫
4月は、飛翔とトンネルづくりの季節
スプリングデッドスポットの症状
 NO.44 June 2004
White Pine Weevil (キボシゾウムシの一種)
花をつける球根
いったいカタビラの種はいくつあるのか?
 NO.43 May 2004
Emerald Ash Borer (アオナガタマムシ)
土壌の温度の上昇 = メヒシバの発芽の増加
ペンシルバニア州西部の凍結の害
春のトランジション
 NO.42 May 2004
春の病害: 葉枯病
春の病害: レッドスレッド
中西部のエリアで凍結の害が顕著
 NO.41 May 2004
メヒシバ
夏の気温でセンチュウが問題となる可能性がある
 NO.40 May 2004
オハイオ州中部でEmerald Ash Borerを見かける
Southern chinch bugの幼虫
バミューダグラス上でカーブラリア病が懸念される
バーミューダグラス上でダラースポット病の可能性

トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.