トップコースとともにNO.4 ターフ訪問 夜須高原カントリークラブ

●コースとともに

ビートルコップは手軽に散布できて効果も抜群!!


天候などに左右されずコガネ幼虫を駆除

 福岡県の筑紫平野北部に位置する夜須町。この夜須町の北部に広がっているのが、筑紫山塊の一つ、三郡山系に連なる夜須高原です。夜須高原カントリークラブは、その名前が示すとおり夜須高原の北端にある風光明媚なゴルフ場です。
  この夜須高原カントリークラブでは、2001年に発売された殺虫剤『ビートルコップ』を発売直後から使用し、コガネなどの駆除に大きな効果を上げています。

「最初は、ほんとうに効果があるのと半信半疑でした」と語るのは、同クラブ管理課係長の幾竹茂隆さんです。
「虫がいるとカラスが芝生を突付き、コースが荒れます。虫がいなくなるまで食べてくれるのなら、まだいいのですが、中途半端にやられると、コースが荒らされる一方で虫は残るということになり、いいことがありません。グリーンをカラスに食い荒らされると、本当に困ります。ひどい場合は、芝を張替えなければなりませんから」
  ビートルコップのメリットは何と言っても「手軽に散布できて良く効く」ということだそうです。良く効いても散布に手間がかかるようでは困るとのことで、現在の経済状況では省力化は重要な課題だと幾竹さんは指摘します。
 「コガネは薬剤灌注機を使わないと駆除できないといわれていたので、薬剤灌注機を使用して従来剤を灌注していましたが、面積が大きくなると時間も費用もかなりかかりました。ビートルコップはタンク車で散布するだけでいいのですから手軽です」

 ビートルコップは、効果のほうでも期待以上の結果をもたらしてくれました。発売初年度に徹底的な駆除を実施し、その影響が持続しているせいか、ここ二年は、それほど厳しく対処しなくても大丈夫だそうです。
「定期的に散布するのはグリーンだけ。あとは、臨機応変にやっています。コガネの幼虫が食っているとか、ここはいそうだという場合に、そのエリアに散布します。それで十分に間に合いますよ。散布してからの効果は速いですね」
  気象条件や芝生の状態などによって、効き目が異なるということもないそうで、幾竹さんはビートルコップに大きな信頼を寄せています。


トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.