トップコースとともにNO.24 ターフ訪問 南愛知カントリークラブ 美浜コース

●コースとともに

ターフ訪問 南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県知多郡美浜町)

トーナメントに向けてプリモマックスを活用!!


南愛知カントリークラブ 美浜コース
 愛知県の知多半島、その中ほどに位置する『南愛知カントリークラブ 美浜コース』。伊勢湾を眺望できる30万m2の広大な土地に、豊かな自然を生かした全18ホールがレイアウトされています。女子プロトーナメントの『マンシングウェアレディース東海クラシック』が毎年開催されていることでも知られるチャンピオンコースで、クオリティーの高さには定評があります。

常にチャンピオンコースという意識を!!

サブグリーンキーパー 吉田 憲司氏
サブグリーン
キーパー
吉田 憲司氏

   女子プロトーナメントの『マンシングウェアレディース東海クラシック』が3年連続で開催され、今年も9月に開催が予定されている南愛知カントリークラブ美浜コース。コースの仕上がりについては毎年、選手をはじめ関係者から高い評価を得ています。同クラブのサブグリーンキーパー・吉田憲司さんは「プロはプライドがありますから、不満があってもコースに対して文句はつけないんですよ」と謙遜しますが、当然ながらプロツアーのコース水準は維持しなければなりません。
 「トーナメントの開催は意識しますが、特に入念な準備などはしません。9月に入ってから刈高を調整するくらいですね。通常の管理作業とあまり変わりません」
 トーナメント向けのコースづくりといっても、短期間に集中的に造り上げるのではなく、日頃からのコース管理が肝心というわけです。年間を通して、チャンピオンコースであることを意識したコース管理が要求されるともいえます。

バラエティーに富んだ景観も魅力。18番ホールのティーグランドからは、クラブハウス越しに伊勢湾を見渡すことができます。
バラエティーに富んだ景観も魅力。18番ホールのティーグランドからは、クラブハウス越しに伊勢湾を見渡すことができます。
グリーンの面積は最大で1080平方メートル、最小でも750平方メートルという広さです。いずれのグリーンも芽数が揃って細かく緻密。美しさが際立っています。
グリーンの面積は最大で1080m2、最小でも750m2という広さです。いずれのグリーンも芽数が揃って細かく緻密。美しさが際立っています。

『プリモマックス』で夏越し対策も!!

南愛知カントリークラブ 美浜コース

 トーナメントを念頭に置きつつコース管理に従事する吉田さん。特に留意しているのは、夏を無事に越えることです。扇風機を使って風を送り、芝生が暑気で衰弱しないように気を配るなど、いろいろと工夫されていますが、ここで役立っているのが植物成長調整剤『プリモマックス』です。
 「5月下旬あたりから秋口まで数回散布しています。ラフなどの刈り込み軽減が主な目的ですが、それとは別に、根が増えるという印象があります。根が増えると夏越しがラクになりますからね」
 また、トーナメント開催の前週には、グリーンに必ずプリモマックスを散布するそうです。
 「ラフやフェアウェイには3年ほど前から散布していますが、グリーンにはかなり以前から使用しています。グリーンスピードを終日一定にし、フェアなコンディションをプロに提供することが狙いです」

トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.