トップコースとともにNO.23 ターフ訪問 かさまロイヤルゴルフ倶楽部

●コースとともに

ターフ訪問 かさまロイヤルゴルフ倶楽部(茨城県桜川市)

課題の除草剤散布で「費用」対「効果」を追求


かさまロイヤルゴルフ倶楽部
 平成5年にオープンした「かさまロイヤルゴルフ倶楽部」。鬼才ピート・ダイ設計による戦略性の高い27ホールは、自然とマッチした曲線の美しさが特徴です。同ゴルフ倶楽部は、茨城県の中部、栃木県寄りに位置していますが、北関東自動車道の笠間西インターチェンジから3分ほどという好立地のため、常磐自動車道を経由して東京方面からのお客様も多く来場される人気のゴルフ場です。

カタビラ対策で『バリケード』を選ぶ

グリーンキーパー 飛澤 秀樹氏
グリーンキーパー
飛澤 秀樹氏

  同ゴルフ倶楽部のグリーンキーパー・飛澤秀樹さんの課題の一つが除草剤の選択です。特に悩まされている雑草はスズメノカタビラ。油断をすると、至る所に目立つようになるとのことです。スズメノカタビラに対する確かな効果のある除草剤は欠かせないそうです。そこで選んだのが『バリケード』。
 昨秋は、10月中旬に『バリケード』を散布しています。従来使っていた薬剤に比べると、効果の面でかなり違うという印象があるそうです。
 「シャープに効いた感じを受けました。散布から半年たった4月あたりまで、カタビラなどをしっかり抑えてくれています。3月ころまではタネツケやフグリなどの広葉雑草も抑えてくれました。これらの広葉をカバーしてくれれば、助かりますね」

ピート・ダイ設計の戦略的なコースは、グリーン周りをはじめ、手作業でしか除草剤散布ができない場所が数多くあります。
ピート・ダイ設計の戦略的なコースは、グリーン周りをはじめ、手作業でしか除草剤散布ができない場所が数多くあります。
『バリケード』の散布で、「フェアウェイのカタビラがすっかり消えた」と語る飛澤さん。丸囲みの写真はスズメノカタビラ(資料写真)
『バリケード』の散布で、「フェアウェイのカタビラがすっかり消えた」と語る飛澤さん。丸囲みの写真はスズメノカタビラ(資料写真)

『バリケード』の魅力は効果と安価の両立

かさまロイヤルゴルフ倶楽部

 効果以外でも『バリケード』には気に入っている点がある、と飛澤さんが付け加えてくれました。たとえば使いやすさ。「フロアブル剤なので使い勝手がいいですね。タンク車に投入する場合など、ほんとうに楽です」
 コストパフォーマンスの面でも『バリケード』には大いに注目しているそうです。同ゴルフ倶楽部は27ホール60万m2という広さがあり、除草剤の価格がm2単価でわずか50銭違っても全体では大きな金額の違いとなります。「薬剤を選択する際には、効果もさることながら、m2単価も重要な判断基準」と指摘する飛澤さんは、価格も『バリケード』の魅力だと語ります。
 「やはり値段が安くて効く薬剤がほしいですよ。除草剤に関しては大量に使用するので、ケース単価ではなくm2単価の安いものが一番ですね」

トップへ戻る このページのトップへ戻る

Copyright Syngenta. All rights reserved.