トピックス

シンジェンタは東京ドイツ村にシバザクラを提供しています。

2013.12.09

シバザクラ(芝桜)、文字通り〝桜"を冠するその名前の通り、芝の様に一面に広がる植物です。桜色、白、薄紫の花が一面に咲き広がりとても見事です。寒さも苦にせず、特に丘陵地の植栽に適しています。
学名はPhlox subulata、英語で"モスフロックス"の異名もあり、苔の様に一面に咲き広がる風景はまさに日本的な景色ですが、シバザクラの原産地は北米大陸の山地です。
花言葉は"忍耐"。寒い冬も苦にせず、春に一面に咲き誇るシバザクラにふさわしいことばだと思います。桜の花と前後して咲くシバザクラは、日本人の感性にとてもあった花といえます。




通常シバザクラは挿し芽で殖やす植物です。シンジェンタではこのシバザクラを、独自の技術で限りなく健常に増殖し、その苗をお届けしています。
シンジェンタの苗を植栽したシバザクラは、病気にかかることが少なく長持ちします。東京ドイツ村のシバザクラは、シンジェンタから供給された小さな苗から植栽されています。
4月中旬にシバザクラが咲き誇る東京ドイツ村にぜひお越しください。



 

花色彩®シリーズは全国のコメリで絶賛販売中

※時期や商品によってはお取扱いの無い店舗もございます。あらかじめご了承ください。

>> コメリ店舗一覧へ

 

トピックス

野菜種子事業

野菜種子