センティヴィア

育てやすくて長く楽しめるラベンダー 「センティヴィア」

「センティヴィア」は、ご家庭でも 大変育てやすいうえに、花がたくさん咲いて長く楽しめる、ガーデナーには嬉しいイングリッシュラベンダーです。また、品種の名前に織り込まれている「セント(Scent) 」は、ラテン語由来の「香り、香水」を意味する言葉です。「センティヴィア」は、この品種が持つ数ある特徴の中でも、常に皆様に深い印象を持っていただける「香り」を強く意識した名前です。

色の紹介

栽培のポイント

「センティヴィア」を入手しましょう

アロマティコを入手してみましょう 「センティヴィア」がお店をにならぶのは、春と秋です。 センティヴィアには右図のような「Syngenta」マークのあるラベルが付いています。


 

「センティヴィア」を植える場所

「アロマティコ」を植える場所購入した鉢のまま観賞していただいても大丈夫ですが、そのままにしておくと根が回り過ぎて株にストレスを与えることになります。春か秋のガーデニングシーズンに、日当たりがよく、水捌けのよい場所(培土)に植えるか、少し大きめの鉢に植え替えてあげてください。


 

「センティヴィア」を植えこみましょう

「アロマティコ」を植えこみましょう 株を鉢から抜いてみてください。根が鉢の形のまま出てきます。かわいそうと思われるかもしれませんが、下の根を少しほぐしてから植えてください。こうすることで新しい根がまた出てきて、その後の生育も順調に進みます。


 

「センティヴィア」に肥料をあげましょう

「アロマティコ」に肥料をあげましょう 鉢のまま楽しむ場合は、購入後およそ2~3か月後に固形の緩効性肥料をあげてください。外に植えかえて楽しむ場合は植えてすぐに固形の緩効性肥料をあげてください。


 

「センティヴィア」に水をあげましょう

アロマティコ」に水をあげてみましょう 外に植える場合、根付くまでは基本的に水やりは必要ありません。ただし、晴天が続き、乾燥しているようでしたらたっぷりと水を与えてください。鉢やコンテナ植えの場合は土の表面が乾いたら底から水が流れるくらいたっぷりと水をあげてください。


 

「センティヴィア」の楽しみ方

「アロマティコ」の楽しみ方 株が大きくなると枝が生い茂り、株元がムレて病気にかかりやすくなります。観賞場所はできるだけ風通しのよい場所を選ぶとよいでしょう。また、枝が伸びてだらしなくなってきたら切り戻しすると新芽がふいてボリュームのある株を若返らせることができます。


野菜種子事業

野菜種子