モリンバ

庭に真珠の輝き 「モリンバ」

春の到来を感じさせる花「マーガレット」。もともとは、固有生物種の宝庫として知られる西アフリカのカナリア諸島およびマデイラ諸島原産のキク科の植物です。マーガレットの歴史は古く、17世紀に欧州に渡り、おもにフランスで品種改良されました。日本には明治末期頃に導入され、フランス菊、木春菊などの名前で親しまれてきました。

マーガレットは、ギリシャ語で「真珠」を意味する「マルガリーテス」に由来します。そんな歴史をもつマーガレットは、近年さらに品種改良がすすみ、赤に近い花色のもの、ピンク、黄色、八重咲き、アネモネの様な咲き方など変化に富んだ花色、花型で私達を楽しませてくれます。

ここでご紹介する「モリンバ」は、私達シンジェンタの140年以上にわたる花の育種・選抜の知識と経験を存分に活かして開発された最新の品種群です。性質は強健で大変育てやすく、お手軽に花を楽しんで頂くことが可能です。また、従来品種に比べ枝吹きが大変良く、大株にすると美しい丸い株になってくれます。「モリンバ」は耐暑性にも優れています。暑く湿度の高い日本の夏でも、水さえ切らさなければしっかりとした株のまま乗り越え、少し涼しさを感じるようになるころ(9月後半)から再び花芽をつけ始めてくれます。9月後半からつき始めた蕾は、10月・11月と開花に至り、寒さを感じる頃まで花を楽しませてくれます。

2008年には「モリンバ」ミニホワイトダブルを大株に育てて「クリスマスマーガレット」としてお届けしました。赤が基調のクリスマスに、優雅で上品でさりげなく輝く「真珠」を思わせる純白の八重の花が、丸く美しい大株にたくさん咲き上がり大変好評でした。丈夫で育てやすい「モリンバ」を、一年を通して存分にお楽しみください。

色の紹介

色の紹介

栽培のポイント

植えかえましょう

植えかえましょう【9~12cm鉢の苗物】
購入した際に植わっている鉢より、ふたまわりぐらい大きな鉢に植えかえます。根の状態を見て、根があまりにも回りすぎている場合は、清潔なハサミ等で少し根の先をほぐして下さい。
【15cm鉢以上の鉢物】
特に鉢替えは必要ありません。しばらくは購入した際の鉢のままで、水やりと施肥を続けてやれば生育してくれます。購入してからある程度の期間が過ぎ、株になんとなく元気がなくなってきたら鉢替えの時期です。少し根をほぐして、ふたまわりぐらい大きな鉢に植え替えてやるか、少し根を切り戻して同じぐらいの鉢に植え直してやります。


植えかえ用の土を用意しましょう

植えかえ用の土を用意しましょう 赤玉土(黒土、田土)、腐葉土、ピートモス、パーライト(鹿沼土)などが適度に混ざっている水はけのよい園芸用培土を使用します。花を育てる際に、培土は大変重要な要素です。植物の生長に欠かせない水や養分を宿し、花が根を張り、株全体を支える役割を持っています。そんな大事な培土なので、出来るだけ植物にとって居心地の良いものを使うように心がけましょう。


肥料をあげましょう

肥料をあげましょう【液肥の場合】
バランス良く配合された、出来れば微量要素なども入っているものを、製品メーカー指定の希釈倍率で週一回施します。
【置肥の場合】
バランス良く配合された、出来れば微量要素なども入っている緩効性のものを、製品メーカー指定の量で施します。


水をあげましょう

水をあげてみましょう 鉢土の表面が白く乾いてきたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりやります。水は乾かしすぎず、やりすぎず、培土が適当な湿り気を保っているように心がけましょう。


夏を越させるには

夏を越させるには 強健で丈夫な「モリンバ」にとっても日本の夏の暑さは厳しいものです。日光や高温で株が傷んでしまうことはあまりありませんが、どうしても水切れを起こしやすい時期です。水切れを起こし、そこに強烈な日光が照りつけてしまうと、葉がやかれてしまうことがあります。それを防ぐには、水切れを起こさないようにこまめに水やりをするか、日中は少し陰が出来るような場所に移動して管理します。


冬を越させるには

冬を越させるには 「モリンバ」は関東以西なら12月まで咲き続けますが、真冬の強い霜に繰り返しあたると、株が傷んで枯れてしまいます。冬を越させるには、寒風のあたらない暖かい軒下か、切り戻して室内に取り込むことをお勧めします。

 

野菜種子事業

野菜種子