ユニフォーム粒剤

®はシンジェンタ社の登録商標

ユニフォーム粒剤(殺菌剤)の適用表

適用表を印刷する(PDF:141.5KB)

農薬登録に使用する作物名について

作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 アゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数 メタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数
みょうが(茎葉) 根茎腐敗病 18kg/10a みょうが(花穂)の収穫30日前まで、但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで 2回以内 土壌表面散布 4回以内(粒剤は2回以内、水和剤は2回以内) 2回以内
みょうが(花穂) 収穫30日前まで
しょうが 3回以内 定植前作条土壌混和又は生育期土壌表面散布 3回以内 3回以内
いもち病 土壌表面散布
葉しょうが 根茎腐敗病 収穫21日前まで
こんにゃく 根腐病 9kg/10a 植付時 1回 植溝土壌混和 1回 1回
培土時 株元散布
白絹病
ホップ べと病 10~20g/株 株ごしらえ時~選芽期
ピーマン 疫病 3g/株 収穫前日まで 3回以内 4回以内(粒剤は3回以内) 4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
とうがらし類(ししとうを除く) 1回 1回 1回
ししとう 3回以内 3回以内 4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
パセリ 12kg/10a 収穫21日前まで 4回以内(粒剤は3回以内、水和剤は1回以内)
オクラ 9kg/10a 収穫前日まで 6回以内(全面土壌混和は1回以内、散布は2回以内、株元散布は3回以内) 5回以内(種子への処理は1回以内、は種前の土壌混和は1回以内、は種後は3回以内)
苗立枯病 9~18kg/10a は種前 1回 全面土壌混和
にんじん しみ腐病 3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内) 2回以内(種子への処理は1回以内、土壌混和は1回以内)
みずな 白さび病 9kg/10a は種時又は定植時
こまつな
かぶ
は種時
チンゲンサイ
タアサイ
定植時
だいこん 6~9kg/10a は種時 4回以内(粒剤は1回以内、水和剤は3回以内)
ほうれんそう べと病 9kg/10a 1回 2回以内(種子への処理は1回以内、は種時は1回以内)
べにばないんげん 茎根腐病 1g/株 定植時 株元散布 1回
たばこ 疫病 6~9kg/10a 大土寄期 2回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)
6kg/10a 移植前 作条土壌混和
しちとうい べっこう病 3kg/10a 生育期 2回以内 湛水散布 2回以内 2回以内
くわい 茎腐病 収穫21日前まで
せり 葉腐病 1回 5回以内(粒剤は1回以内、水和剤は4回以内) 2回以内(種子への処理は1回以内、は種後は1回以内)
ねぎ 白絹病 9kg/10a 土寄せ時 但し、収穫90日前まで 株元土壌混和 5回以内(種子への処理は1回以内、土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
ごぼう 黒あざ病 18kg/10a は種前 作条土壌混和 1回 1回
トルコギキョウ(水耕栽培) 根腐病 0.25g/株 定植時 株元散布 5回以内 4回以内(但し生育期は3回以内)
花き類・観葉植物 立枯病(リゾクトニア菌) 18kg/10a 定植時又は生育期 3回以内 土壌表面散布
たらのき 立枯疫病 20kg/10a 収穫終了後(苗の場合は植付後)~落葉前但し、収穫60日前まで 2回以内 2回以内 2回以内
 

使用上の注意

効果・薬害等の注意

  • 使用量に合わせ秤量し、使いきってください。
  • ピーマンおよびとうがらし類に使用する場合、使用量・使用方法を誤ると葉が黄化する等薬害を生じるので、使用量・使用方法を厳守してくだい。また、定植時〜定植後3週間までの使用はさけてください。
  • だいこんに使用する場合、施設内で使用すると葉が黄化する薬害を生じるおそれがあるので、使用しないでください。
  • ホップに使用する場合、本剤が直接根株に触れたり、また、本剤を株の真上に散布すると、薬害を生じるおそれがあるので、株のまわりに均一に散布してください。
  • せり、くわい、しちとういに使用する場合には、湛水状態を保ち、散布後少なくとも7日間は落水、かけ流しはしないでください。
  • たらのきの立枯疫病に使用する場合、発病後の散布は効果が劣るので予防的に散布してください。また、幼苗や植付け直後に使用すると葉が黄化することがあるので注意してください。なお、若葉利用栽培の作型には使用しないでください。
  • トルコギキョウ(水耕栽培)に使用する場合、NFT式循環型水耕栽培施設で行ってください。使用にあたっては普及指導センターの指導に従い、廃液は環境中に流出しないように適切に処理してください。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、普及指導センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 本剤の連続使用によって、薬剤耐性菌が出現するおそれがあるので、連用をさけ、作用性の異なる他の薬剤と組み合わせて輪番で使用してください。
  • 本剤の使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意

  • 本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 使用の際は農薬用マスクなどを着用してください。作業後はうがいをしてください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。

環境保護上の注意

  • 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないでください。
  • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  • 散布後は水管理に注意してください。

貯蔵上の注意

  • 直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管してください。

ページの先頭へ戻る