デジタルコラトップアクタラ箱粒剤

®はシンジェンタ社の登録商標です。

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

デジタルコラトップアクタラ箱粒剤(殺虫殺菌剤)の農薬情報

デジタルコラトップアクタラ箱粒剤(製品写真)
登録番号: 第20850号
種類名: チアメトキサム・ピロキロン粒剤
有効成分: チアメトキサム:2.0%
ピロキロン:12.0%
毒物及び劇物取締法: 非該当
性状: 褐色細粒
有効年限: 4年
包装: 1kg×12袋、3kg×6袋

特徴

    1. 優れた殺虫成分がイネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ニカメイチュウ、ウンカ類、ツマグロヨコバイ、イネクロカメムシに安定した効果を発揮。
    2. ヤゴなどの水生動物に対しても、安全性が確認されており、稲にも環境にもやさしい剤です。
    3. 長い守備範囲により、箱処理一回で葉いもちから穂いもちまでカバーします。
      (ただし、発生状況により穂いもち防除が必要な場合もあります。)

上手な使い方

1回の処理で2段階の有効成分溶出。
効きつづける、独自の「デジタル製剤」。

デジタルコラトップアクタラはシンジェンタ独自の製剤技術「デジタル製剤」により、長期間にわたる確実な残効性を実現しています。
「デジタル製剤」は対象病害虫の発生パターンに合わせて、有効成分を効果的に放出します。
疎水性の加工コートにより、処理した薬剤が稲の葉に付着しにくく、育苗土に落ち着きやすくなっています。

■ デジタルコラトップアクタラのタイムリーなダブル・アクション

図(デジタルコラトップアクタラ箱粒剤の上手な使い方)

ページの先頭へ戻る