クルーザーMAXX

®はシンジェンタ社の登録商標

クルーザーMAXX(種子処理剤)の農薬情報

クルーザーMAXX(製品写真)
登録番号: 第22917号
種類名: チアメトキサム・フルジオキソニル・メタラキシルM水和剤
有効成分: チアメトキサム:22.6%
フルジオキソニル:1.1%
メタラキシルM:1.7%
毒物及び劇物取締法: 非該当
性状: 青色水和性粘稠懸濁液体
有効年限: 3年
包装: 80ml×20瓶、240ml×10瓶

特徴

    1. 種子処理1回で約1ヵ月間、病害虫の攻撃から豆を守ります。
    2. アブラムシ類、タネバエ、ネキリムシ類、フタスジヒメハムシなどの害虫を防除。
    3. 2種類の殺菌成分が、茎疫病、苗立枯病、リゾクトニア根腐病、紫斑病を予防。
    4. 種子処理だから天候に左右されず、防除適期を逃さない。
    5. フロアブル製剤なので、いやな臭い、粉立ちがなく安心。
    6. 高品質で収量が安定した大豆づくりに貢献し、防除作業も軽減。

この製品に関連するシンジェンタの野菜種子製品

ページの先頭へ戻る