アファーム乳剤

®はシンジェンタ社の登録商標

アファーム乳剤(殺虫剤)の適用表

適用表を印刷する(PDF:161.9KB)

農薬登録に使用する作物名について

2018年05月30日現在
作物名 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 エマメクチン安息香酸塩を含む農薬の総使用回数
みかん アザミウマ類
ミカンハモグリガ
1000~2000倍 200~700L/10a 収穫3日前まで 2回以内 散布 2回以内
ヤングコーン オオタバコガ
ヨトウムシ
100~300L/10a 収穫前日まで
未成熟とうもろこし 収穫3日前まで
とうもろこし(子実) 収穫30日前まで
えだまめ ハスモンヨトウ 収穫3日前まで
さやえんどう 2000倍
さやいんげん ハモグリバエ類 収穫前日まで
豆類(未成熟、ただし、さやいんげんを除く) 収穫3日前まで
ズッキーニ
にがうり
オオタバコガ
とうがらし類 収穫7日前まで
トレビス 1000倍 収穫前日まで 3回以内 3回以内
すいか アザミウマ類 1000~2000倍
きゅうり 2000倍 2回以内 2回以内
ウリノメイガ
ハスモンヨトウ
ハモグリバエ類
うり類(漬物用) アザミウマ類
オオタバコガ
ハスモンヨトウ
ハダニ類
ハモグリバエ類
メロン アザミウマ類 1000~2000倍
ウリノメイガ
コナジラミ類
ハモグリバエ類
2000倍
トマト
ミニトマト
オオタバコガ
コナジラミ類
トマトサビダニ
ハモグリバエ類
5回以内 5回以内
なす アザミウマ類
オオタバコガ
コナジラミ類
チャノホコリダニ
ハスモンヨトウ
ハダニ類
ハモグリバエ類
2回以内 2回以内
ピーマン オオタバコガ
コナジラミ類
キャベツ アオムシ
コナガ
タマナギンウワバ
ハスモンヨトウ
ハイマダラノメイガ
ヨトウムシ
1000~2000倍 3回以内 3回以内
非結球メキャベツ ハスモンヨトウ 1000倍 収穫7日前まで
メキャベツ 収穫3日前まで
レタス
非結球レタス
オオタバコガ
ナモグリバエ
ハスモンヨトウ
1000~2000倍
はくさい アオムシ
コナガ
ヨトウムシ
収穫7日前まで
カリフラワー アオムシ
アザミウマ類
オオタバコガ
コナガ
収穫3日前まで
ブロッコリー アオムシ
オオタバコガ
コナガ
ヨトウムシ
なばな類 アオムシ
コナガ
ハスモンヨトウ
ハイマダラノメイガ
ヨトウムシ
収穫7日前まで 2回以内 2回以内
だいこん アオムシ
コナガ
3回以内 3回以内
のざわな
チンゲンサイ
アオムシ 収穫3日前まで
コナガ
こまつな
かぶ
2000倍 2回以内 2回以内
パセリ ハスモンヨトウ 収穫7日前まで 1回 1回
非結球あぶらな科葉菜類(のざわな、チンゲンサイ、こまつなを除く) アオムシ
アザミウマ類
コナガ
ハイマダラノメイガ
ハスモンヨトウ
ハモグリバエ類
ヨトウムシ
1000~2000倍 3回以内 3回以内
セルリー オオタバコガ
タバコガ
ハモグリバエ類
ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
2000倍
ねぎ ハモグリバエ類 1000倍
シロイチモジヨトウ 1000~2000倍
わけぎ
あさつき
かんしょ
ハスモンヨトウ
エンサイ
葉しょうが
2000倍 2回以内 2回以内
しゅんぎく アザミウマ類
シロイチモジヨトウ
ハモグリバエ類
エンダイブ オオタバコガ
ハスモンヨトウ
すいぜんじな アザミウマ類
オオタバコガ
タマナギンウワバ
ハスモンヨトウ
ハモグリバエ類
ヨトウムシ
収穫前日まで
みつば キアゲハ
ハスモンヨトウ
ハダニ類
ヨトウムシ
収穫7日前まで 但し、伏せ込み栽培は伏せ込み前まで
しそ シソサビダニ
ハスモンヨトウ
ハダニ類
ヨトウムシ
収穫7日前まで
いちご オオタバコガ
ハスモンヨトウ
ハダニ類
ヨトウムシ
収穫前日まで
オクラ オオタバコガ
アスパラガス
ハスモンヨトウ
ヨトウムシ
ほうれんそう ハスモンヨトウ
ホウレンソウケナガコナダニ
収穫3日前まで
みょうが(茎葉) ハダニ類 みょうが(花穂)の収穫前日まで 但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで
みょうが(花穂) 収穫前日まで 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する
かぼちゃ アザミウマ類 散布
モロヘイヤ ハスモンヨトウ 3回以内 3回以内
にんじん ハモグリバエ類
チャノキイロアザミウマ
チャノコカクモンハマキ
チャノホソガ
チャハマキ
1000~2000倍 200~400L/10a 摘採7日前まで 1回 1回
チャノホコリダニ
ハスモンヨトウ
2000倍
ヨモギエダシャク 1000~2000倍
食用ぎく アザミウマ類 2000倍 100~300L/10a 収穫14日前まで
きく 1000~2000倍 発生初期 5回以内 5回以内
ストック コナガ
マーガレット ハスモンヨトウ 2000倍
花き類・観葉植物 アザミウマ類
オオタバコガ
ハモグリバエ類
ヨトウムシ類
1000倍
 

使用上の注意

効果・薬害等の注意

  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • ミツバチ及びマルハナバチ等に対して影響があるので、以下のことに注意してください。
    1. ミツバチ及びマルハナバチ等の巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
    2. 受粉促進を目的としてミツバチ及びマルハナバチ等を放飼中の施設や果樹園などでは、散布直後から1日後まではハチを移動させるか巣門を閉じてください。
    3. 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。
    なお、普及指導センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意

  • 誤飲に注意してください。
    誤って飲み込んだ場合には吐かせないで、直ちに医師の手当てを受けさせてください。
  • 原液は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。
    眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 本剤は皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。
    付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布の際は保護眼鏡、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。

環境保護上の注意

  • 本剤は自動車、壁などの塗装面、大理石、御影石に散布液がかかると変色する恐れがあるので、散布液がかからないよう注意してください。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

貯蔵上の注意

  • 危険物第四類第二石油類に属するので火気には十分注意してください。
  • 火気をさけ、直射日光が当らない低温な場所に密栓して保管してください。

ページの先頭へ戻る