製品情報 - 農薬ラベルの更新情報

農薬ラベルの更新情報

2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001

更新日 更新内容
2016
16.12.14 New 殺虫剤 ミネクトデュオ粒剤 適用拡大!
  • 「キャベツ」に適用害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「はくさい」の適用害虫「アオムシ」、「コナガ」の使用時期を「育苗期後半」から「は種覆土後~育苗期後半」に変更
  • 「はくさい」の使用時期「は種覆土後~育苗期後半」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」、「カブラハバチ」を追加
  • 「はくさい」の使用時期「定植時」に適用害虫「アオムシ」、「アブラムシ類」を追加
  • 「ブロッコリー」の使用時期「は種覆土後~育苗期後半」に適用病害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「ブロッコリー」の適用害虫「アオムシ」、「ハイマダラノメイガ」の使用時期を「育苗期後半」から「は種覆土後~育苗期後半」に変更
  • 「レタス」の適用害虫「アブラムシ類」、「ネキリムシ類」の使用時期を「育苗期後半」から「は種覆土後~育苗期後半」に変更
  • 「きゅうり」に適用害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「きゅうり」の適用害虫「トマトハモグリバエ」を「ハモグリバエ類」に変更
  • 「なす」の適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
  • 「トマト」に適用害虫「アザミウマ類」、使用時期「育苗期後半」を追加
  • 「ピーマン」に適用害虫「コナジラミ類」を追加
16.11.17 New 除草剤 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「樹木等」の適用雑草「一年生広葉雑草」に使用方法「雑草茎葉塗布」を追加
  • 「水田作物(水稲を除く)」と「移植水稲」のグリホサートを含む農薬の総使用回数「1回」を「2回以内」に、「直播水稲」のグリホサートを含む農薬の総使用回数「耕起栽培は2回以内(耕起前は1回以内)、乾田不耕起栽培は2回以内」を「2回以内」に、「水田作物(水田畦畔)」と「水田作物、畑作物(休耕田)」のグリホサートを含む農薬の総使用回数「2回以内」を「3回以内」に変更
16.11.02 New 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」に使用方法「植溝内土壌散布」を追加
  • 「ばれいしょ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)」を「4回以内(植付時の処理は1回以内、植付後は3回以内)」に変更
16.11.02 New 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「オクラ」に適用病害「疫病」を追加
  • 「オクラ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「6回以内(全面土壌混和は1回以内、散布は2回以内、株元散布は3回以内)」に変更
  • 「しょうが」に適用病害「いもち病」を追加
  • 「たばこ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「2回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
16.11.02 New 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「みしまさいこ」とその適用病害「炭疽病」を追加
  • 「食用ぎく」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「エンダイブ」に適用病害「すそ枯病」を追加
  • 「モロヘイヤ」に適用病害「黒星病」を追加
  • 「オクラ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「6回以内(全面土壌混和は1回以内、散布は2回以内、株元散布は3回以内)」に変更
  • 「たばこ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」を「2回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
16.11.02 New 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「さといも」に適用害虫「コガネムシ類幼虫」を追加
  • 「さといも」の適用害虫「アブラムシ類」の使用時期「植付時」を「植付前」に変更
  • 「なす」の使用方法「植穴処理」に適用害虫「コガネムシ類幼虫」を追加
  • 「ばれいしょ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)」を「4回以内(植付時の処理は1回以内、植付後は3回以内)」に変更
16.10.19 New 除草剤 ボクサー 適用拡大!
  • 「大麦」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「小麦(春播)」を「小麦」に変更し、使用時期「は種後出芽前~出芽揃期(雑草発生前~発生始期)」を「春播栽培のは種後出芽前~出芽揃期(雑草発生前~発生始期)」に変更し、さらに使用方法「散布」を「雑草茎葉散布又は全面土壌散布」に変更
  • 「小麦(秋播)」を「小麦」に変更し、使用時期「は種後~麦4葉期(雑草発生前~発生始期)」から「秋播栽培のは種後~麦2葉期(雑草発生前~発生始期)」および「秋播栽培の麦2~4葉期(雑草発生前~発生始期)」に変更し、さらに使用時期「秋播栽培のは種後~麦2葉期(雑草発生前~発生始期)」の希釈水量「70~100L/10a」を「50~100L/10a」に変更
  • 「麦類(秋播、ただし、小麦を除く)」を「麦類(大麦、小麦を除く)」に変更し、使用時期「は種後~麦2葉期(雑草発生前~発生始期)」を「秋播栽培のは種後~麦2葉期(雑草発生前~発生始期)」に変更
  • 「適用地帯」を削除
16.10.19 New 殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「茎ブロッコリー」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「にんじん」、「にんじん(葉)」の使用方法「全面土壌混和」の使用時期「は種時」を「は種前」に変更
16.10.05 種子処理剤 クルーザーMAXX 適用変更
  • 「だいず、えだまめ」の適用害獣名「ハト、キジバト」を使用目的「ハト、キジバトによる種子食害忌避」に変更
  • 「てんさい」が削除されました。
16.09.21 殺菌剤 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「小麦」に適用病害「なまぐさ黒穂病」を追加
16.09.21 殺菌剤 フォリオゴールド 適用変更
  • 「アスパラガス」のTPNを含む農薬の総使用回数「3回以内」を「4回以内」にし、使用時期「収穫7日前まで」を「収穫開始7日前まで」に変更
16.09.21 水稲用除草剤 アピログロウMXジャンボ 適用拡大!
  • 「移植水稲」に適用雑草「アオミドロ・藻類による表層はく離」を追加
  • 「適用土壌」、「適用地帯」が削除されました。
16.08.03 殺虫殺菌剤 アミスターアクタラSC 適用拡大!
  • 「稲」の使用方法「無人ヘリコプターによる散布」にその適用害虫「ウンカ類」を追加
16.07.20 殺菌剤 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「小麦」に適用病害「葉枯症」を追加
16.07.20 殺虫剤 トリガード液剤 適用拡大!
  • 「マッシュルーム」とその適用害虫「クロバネキノコバエ類」を追加
16.07.20 除草剤 エリジャンジャンボ 適用変更
  • 「適用土壌」、「適用地帯」が削除されました。
16.07.06 殺虫殺菌剤 シンジェンタ ビルダーフェルテラチェス粒剤 適用変更
  • プロベナゾールを含む農薬の総使用回数「2回以内(育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内)」を「2回以内(移植時までの処理は1回以内)」に変更
16.06.22 殺菌剤 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「びわ」とその適用病害「灰斑病」を追加
16.06.22 殺虫剤 アグリメック 適用拡大!
  • 「茶」に適用害虫「チャトゲコナジラミ」、「チャノミドリヒメヨコバイ」を追加
  • 「ホップ」とその適用害虫「ハダニ類」を追加
16.06.22 殺虫剤 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「しそ」とその適用害虫「シソサビダニ」を追加
16.06.22 殺虫剤 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「しそ」に適用害虫「シソサビダニ」を追加
16.06.08 殺菌剤 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「バジル」とその適用病害「べと病」を追加
16.05.25 除草剤 デュアールゴールド 適用拡大!
  • 「たであい」とその適用雑草「一年生イネ科雑草」を追加
16.04.20 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「たらのき」とその適用病害「立枯疫病」を追加
16.04.20 除草剤 アクシズMX 1キロ粒剤 適用拡大!
  • 「直播水稲」に使用方法「無人ヘリコプターによる散布」を追加
  • 「直播水稲」の使用時期を「稲2葉期~ノビエ4葉期ただし、収穫45日前まで」から「稲1葉期~ノビエ4葉期ただし、収穫45日前まで」に変更
  • 「適用土壌」、「適用地帯」が削除されました。
16.02.17 殺虫剤 ジュリボフロアブル 適用拡大!
  • 「キャベツ」の使用時期「は種時~育苗期後半」に適用病害虫「ヨトウムシ」を追加
  • 「キャベツ」の使用方法に「散布」を追加
  • 「はくさい」の使用方法「散布」に適用病害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「ねぎ」とその適用害虫「ネギアザミウマ」「ネギハモグリバエ」を追加
  • 「なばな」とその適用害虫「アブラムシ類」「ハスモンヨトウ」「コナガ」「アオムシ」を追加
  • 「キャベツ」、「はくさい」、「ブロッコリー」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、定植後の散布は2回以内)」に変更
16.02.17 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「トルコギキョウ(水耕栽培)」とその適用病害「根腐病」を追加
16.02.17 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 適用変更
  • 「きゅうり」、「トマト」、「なす」、「ピーマン」、「ねぎ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「キャベツ」、「はくさい」、「ブロッコリー」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、定植後の散布は2回以内)」に変更
16.02.17 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用変更
  • 「きゅうり」、「トマト」、「なす」、「ピーマン」、「ねぎ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「キャベツ」、「はくさい」、「ブロッコリー」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、定植後の散布は2回以内)」に変更
16.02.05 殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「小倉はくさい菜」とその適用害虫「ネキリムシ類、キスジノミハムシ」を追加
  • 「やまのいも」に使用量「6kg」を追加し、適用病害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「みしまさいこ」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「茶」の使用時期に「ふ化幼虫期」を追加し、「成虫飛来初期 但し、摘採7日前まで」を「成虫飛来初期からふ化幼虫期 但し、摘採7日前まで」に変更
TOPへ戻る
2015
15.11.25 除草剤 タッチダウンiQ 適用変更
  • 「オリーブ(葉)」、「とうがらし類」、「ピーマン」、「びわ(葉)」、「薬用にんじん」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「野菜類(えだまめ、たらのき、はくさい、キャベツ、レタス、ねぎ、たまねぎ、ほうれんそう、にんじん、だいこん、はつかだいこん、アスパラガス、トマト、きゅうり、なすを除く)」を「野菜類(えだまめ、たらのき、はくさい、キャベツ、レタス、ねぎ、たまねぎ、ほうれんそう、にんじん、だいこん、はつかだいこん、アスパラガス、トマト、きゅうり、なす、オリーブ(葉)、しゃくやく(薬用)、とうがらし類、ピーマン、びわ(葉)、薬用にんじんを除く)」に変更
  • 「だいず」の適用雑草「一年生広葉雑草」の使用時期「着莢期以降(雑草生育期)但し、収穫7日前まで」を「生育期(雑草生育期)但し、収穫7日前まで」に変更
15.10.14 殺虫殺菌剤 シンジェンタ ビルダーフェルテラチェス粒剤 適用変更
  • 「稲(箱育苗)」のピメトロジンを含む農薬の総使用回数「3回以内(育苗箱散布は1回以内、本田では2回以内)」を「3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)」に変更
15.10.14 殺菌剤 リドミル粒剤2 適用変更
  • 「稲」のタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数 「4回以内(種もみ粉衣は1回以内、移植前の土壌混和は1回以内、育苗箱への灌注は1回以内、本田では2回以内)」を「4回以内(種もみへの処理は1回以内、移植前の土壌混和は1回以内、育苗箱への灌注は1回以内、本田では2回以内)」に変更
15.10.14 殺虫剤 サイハロン乳剤 適用変更
  • 「トマト」、「ミニトマト」の登録が削除されました。
15.10.14 殺虫剤 サイハロン水和剤 適用変更
  • 「かき」、「ぶどう」、「非結球レタス」の登録が削除されました。
  • 使用液量を追加し、「りんご」「なし」「もも」「みかん」は「200~700L/10a」、「キャベツ」「はくさい」「だいこん」「レタス」「きゅうり」「なす」「ばれいしょ」「てんさい」は「100~300L/10a」、「茶」は「200~400L/10a」、「たばこ」は「25~180L/10a」、作物名「芝」は「300mL/m2」とする。
  • 「芝」の使用方法を「散布」に変更
15.10.14 殺虫剤 シンジェンタ フェルテラチェス箱粒剤 適用変更
  • 「稲(箱育苗)」のピメトロジンを含む農薬の総使用回数「3回以内(育苗箱散布は1回以内、本田では2回以内)」を「3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)」に変更
15.10.14 除草剤 エリジャン乳剤 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「植代後~移植7日前まで」の使用量「300~500mL/10a」を「300mL/10a」に変更
  • 「移植水稲」の「適用土壌」「適用地帯」が削除されました。
15.10.14 殺虫殺菌剤 デジタルバウアー箱粒剤 適用変更
  • 「稲(箱育苗)」のピメトロジンを含む農薬の総使用回数「3回以内(育苗箱散布は1回以内、本田では2回以内)」を「3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)」に変更
15.08.05 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用変更
  • 「らっきょう」の希釈倍数「1000倍」を「1000~1500倍」に変更
15.06.24 殺虫剤 アグリメック 適用拡大!
  • 「ガーベラ」に適用害虫「トマトハモグリバエ」を追加
15.05.27 殺虫剤 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「ヤングコーン」とその適用害虫「オオタバコガ」、「ヨトウムシ」を追加
15.05.19 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「かぶ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「実えんどう」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「アスパラガス」の使用時期を「収穫7日前まで」から「収穫前日まで」に変更
  • 「しゅんぎく」とその適用害虫「アブラムシ類」、「ナモグリバエ」を追加
15.05.19 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「にんじん」とその適用害虫「コガネムシ類幼虫」を追加
  • 「かぶ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「しゅんぎく」とその適用害虫「アブラムシ類」、「ハモグリバエ類」を追加
  • 「かんしょ」と「つつじ類」の適用害虫「コガネムシ類」を「コガネムシ類幼虫」に変更
15.03.18 殺虫剤 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「ししとう」を「とうがらし類」に変更
15.03.18 殺虫剤 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「非結球レタス」とその適用害虫「オオタバコガ」、「ナモグリバエ」を追加
15.03.04 殺虫剤 シンジェンタ フェルテラチェス箱粒剤 適用拡大!
  • 「稲(箱育苗)」の適用害虫「ウンカ類、ツマグロヨコバイ、ニカメイチュウ、コブノメイガ、イネドロオイムシ、イネミズゾウムシ」の使用時期に「は種時(覆土前)」を追加し、「移植3日前~移植当日」を「は種時(覆土前)~移植当日」に変更
15.02.20 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「ごぼう」とその適用病害「黒あざ病」を追加
15.02.04 種子処理用殺虫殺菌剤 クルーザーMAXX 適用拡大!
  • 「いんげんまめ」に適用害虫「タネバエ」を追加
15.02.04 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「にんにく」とその適用病害「白斑葉枯病」を追加
  • 「なす」にその適用病害「フザリウム立枯病」を追加
TOPへ戻る
2014
14.12.17 殺虫剤 チェス顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「みょうが(花穂)」とその適用病虫「アブラムシ類」を追加
14.11.17 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「メロン」とその適用病害「菌核病」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用病害「灰色かび病」を追加
14.11.17 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「葉しょうが」とその適用病害「根茎腐敗病」を追加
14.10.08 殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「しょうが」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「いちご(仮植床)」を「いちご」に、使用時期「植付時」を「植付時(仮植床)」に変更
  • 「いちご」にその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「かんしょ」、「らっかせい」、「いちご」、「つつじ類」の適用害虫「コガネムシ類」を「コガネムシ類幼虫」に変更
14.10.08 殺虫剤 ジュリボフロアブル 適用拡大!
  • 「キャベツ」の使用時期「は種時」に適用害虫「ヨトウムシ」を追加
  • 「キャベツ」の適用害虫「コナガ」の使用時期を「は種時」から「は種時~育苗期後半」に変更
  • 「キャベツ」の使用時期「は種時~育苗期後半」に適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「はくさい」にその適用害虫「カブラハバチ」を追加
  • 「はくさい」の使用方法「散布」を追加
14.10.08 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「オクラ」とその適用病害「苗立枯病」を追加
  • 「たばこ」に使用時期「移植前」および使用方法「作条土壌混和」を追加
  • 「花き類・観葉植物」の本剤の使用回数を「2回以内」から「3回以内」に変更
14.10.08 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「オクラ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
  • 「しそ」にその適用病害「さび病」を追加
  • 「しそ」の適用病害「斑点病」の使用方法を「散布」に変更
14.10.08 殺菌剤 リドミル粒剤2 適用拡大!
  • 「オクラ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、は種前の土壌混和は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
14.09.24 除草剤 アクシズMX 1キロ粒剤 適用拡大!
  • 作物名「直播水稲」とその適用雑草「水田一年生雑草及び、マツバイ、ホタルイ 、ミズガヤツリ、ヒルムシロ、セリ」を追加
14.09.24 除草剤 ボクサー 適用拡大!
  • 「麦類(秋播)」を「麦類(秋播、ただし、小麦を除く)」および「小麦(秋播)」に変更
  • 「小麦(春播)」の使用時期「は種後出芽前~出芽揃期(雑草発生前~雑草発生始期まで)」を「は種後出芽前~出芽揃期(雑草発生前~発生始期)」に変更
  • 「小麦(秋播)」の使用時期「は種後~麦2葉期まで(雑草発生前~雑草発生始期)」から「は種後~麦4葉期(雑草発生前~発生始期)」に変更
  • 「麦類(秋播、ただし、小麦を除く)」の使用時期「は種後~麦2葉期まで(雑草発生前~雑草発生始期)」から「は種後~麦2葉期(雑草発生前~発生始期)」に変更
  • 「小麦(春播)」、「小麦(秋播)」および「麦類(秋播、ただし、小麦を除く)」の本剤の使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
14.09.24 除草剤 アピロキリオMX 1キロ粒剤75 適用拡大!
  • 「直播水稲」にその適用雑草「マツバイ」を追加
  • 「直播水稲」の使用時期「湛水直播の稲1葉期~ノビエ3葉期ただし、収穫90日前まで」を「稲1葉期~ノビエ3葉期 ただし、収穫90日前まで」に変更
  • 「直播水稲」の適用地帯「北海道、東北」を「全域」に変更
14.09.24 除草剤 アピロトップMX 1キロ粒剤75 適用拡大!
  • 「直播水稲」にその適用雑草「マツバイ」を追加
  • 「直播水稲」の使用時期「湛水直播の稲1葉期~ノビエ3葉期ただし、収穫90日前まで」を「稲1葉期~ノビエ3葉期 ただし、収穫90日前まで」に変更
  • 「直播水稲」の適用地帯「北海道、東北」を「全域」に変更
14.09.10 殺菌剤 フォリオゴールド 適用拡大!
  • 「わけぎ」とその適用病害「べと病」を追加
14.08.27 殺菌剤 リドミルゴールドMZ 適用変更
  • 「ねぎ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」を「5回以内(種子への処理は1回以内、土壌混和は1回以内、散布は3回以内)」に変更
14.08.27 殺菌剤 アミスターオプティフロアブル 適用変更
  • 「ねぎ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「4回以内」を「5回以内(粒剤は1回以内、水和剤は4回以内)」に変更
14.08.27 殺菌剤 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「とうもろこし」とその適用病害「すす紋病」を追加
14.08.27 殺菌剤 フォリオゴールド 適用変更
  • 「ねぎ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」を「5回以内(種子への処理は1回以内、土壌混和は1回以内、散布は3回以内)」に変更
14.08.27 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「ねぎ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「4回以内」を「5回以内(粒剤は1回以内、水和剤は4回以内)」に変更
14.08.27 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「ねぎ」とその適用病害「白絹病」を追加
14.08.08 殺虫剤 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「のざわな」とその適用害虫「コナガ」、「ハモグリバエ類」を追加
  • 「チンゲンサイ」とその適用害虫「コナガ」、「ハモグリバエ類」を追加
  • 「すいか」とその適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」を追加
  • 「メロン」とその適用害虫「アザミウマ類」、「ウリノメイガ」を追加
14.08.08 殺虫剤 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「非結球あぶらな科葉菜類」とその適用害虫「アオムシ」、「コナガ」を追加
  • 「ばれいしょ」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「ししとう」とその適用害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「非結球レタス」とその適用害虫「オオタバコガ」を追加
14.08.08 殺菌剤 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「かんきつ」とその適用病害「褐色腐敗病」を追加
  • 「いちご」とその適用病害「疫病」を追加
  • 「ブロッコリー」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫7日前まで」に変更
14.07.09 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「食用金魚草」とその適用病害「灰色かび病」を追加
14.06.25 除草剤 ソルネット1キロ粒剤 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「植代後~移植前7日又は移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」を「植代後~移植前7日」及び「移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」に分割
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(近畿・中国・四国、九州を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土 但し、北海道、東北、北陸では砂壌土を含む」を「砂壌土~埴土」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「近畿・中国・四国及び九州の普通期及び早期栽培地帯」を「近畿・中国・四国、九州の普通期及び早期栽培地帯」とし、適用土壌「壌土~埴土 但し、北海道、東北、北陸では砂壌土を含む」を「壌土~埴土」の記載に整理
  • 適用雑草名を整理
14.06.11 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」(アブラムシ類)に使用量「2kg」を追加
14.05.28 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「あずき」にその適用病害「さび病」を追加
14.05.28 殺菌剤 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「かき」にその適用病害「すす点病」を追加
  • 「ピタヤ」の適用病害「炭腐症」を「炭腐病」に変更
14.05.14 殺虫剤 チェス顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「オクラ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
14.05.14 殺虫剤 ガンバ水和剤 適用拡大!
  • 「茶」の希釈倍数「1500倍」に適用害虫「チャトゲコナジラミ」を追加
14.05.14 殺虫剤 アグリメック 適用拡大!
  • 「茶」にその適用害虫「チャノコカクモンハマキ」を追加
14.05.08 殺菌剤 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「ピーマン」とその適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「なす」とその適用病害「うどんこ病」、「すすかび病」を追加
  • 「セルリー」とその適用病害「斑点病」を追加
  • 「うめ」の適用病害「黒星病」に希釈倍数「2000倍」を追加し、「2000~3000倍」に変更
  • 「うめ」の使用時期を「収穫7日前まで」から「収穫前日まで」に変更
  • 「うめ」の適用病害「すす斑症」を「すす斑病」に変更
  • 「茶」の収穫時期「摘採14日前まで」を「摘採7日前まで」に変更
  • 「パセリ」とその適用病害「うどんこ病」を追加
14.04.09 除草剤 アクシズMX 1キロ粒剤 適用拡大!
  • 「移植水稲」に使用方法「無人ヘリコプターによる散布」を追加
14.03.26 殺虫殺菌剤 シンジェンタ ビルダーフェルテラチェス粒剤 適用拡大!
  • 「稲(箱育苗)」に適用病害「内穎褐変病」を追加
14.03.26 殺菌剤 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「ホップ」とその適用病害「べと病」を追加
14.01.15 除草剤 プリグロックスL 適用変更
  • 「うど」の使用時期を「畦間処理:雑草生育期(根株養成期)」から「畦間処理:雑草生育期(根株養成期)但し、収穫75日前まで」に変更
14.01.15 除草剤 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「なす」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「野菜類(えだまめ、たらのき、はくさい、キャベツ、レタス、ねぎ、たまねぎ、ほうれんそう、にんじん、だいこん、はつかだいこん、アスパラガス、トマト、きゅうりを除く)」を「野菜類(えだまめ、たらのき、はくさい、キャベツ、レタス、ねぎ、たまねぎ、ほうれんそう、にんじん、だいこん、はつかだいこん、アスパラガス、トマト、きゅうり、なすを除く)」に変更
14.01.15 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」にその適用病害「疫病」を追加
  • 「ばれいしょ」の適用病害「黒あざ病」の使用方法「瞬時種いも浸漬」を「種いも瞬間浸漬」に変更
  • 「みょうが(花穂)」および「みょうが(茎葉)」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤は1回以内)」から「4回以内(粒剤は2回以内、水和剤は2回以内)」に変更
14.01.15 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用変更
  • 「みょうが(茎葉)」および「みょうが(花穂)」の本剤の使用回数を「1回」から「2回以内」に変更し、アゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤は1回以内)」から「4回以内(粒剤は2回以内、水和剤は2回以内)」に変更
  • 「だいこん」の使用量を「9kg/10a」から「6~9kg/10a」に変更
TOPへ戻る
2013
13.11.20 殺虫剤 トリガード液剤 適用拡大!
  • 「花き類・観葉植物」にその適用害虫「クロバネキノコバエ類」、使用方法「土壌灌注」を追加
  • 「花き類・観葉植物」のシロマジンを含む農薬の総使用回数を「4回以内」から「5回以内(土壌灌注は1回以内、散布は4回以内)」に変更
13.11.20 殺菌剤 プランダム乳剤25 適用拡大!
  • 「だいず」とその適用病害「紫斑病」を追加
13.11.06 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「やまのいも」に適用害虫「ナガイモコガ」を追加
  • 「やまのいも」の適用害虫「ナガイモコガ」に使用方法「植溝土壌混和」を追加
13.10.23 除草剤 アクシズMX 1キロ粒剤 適用拡大!
  • 「移植水稲」にその適用雑草「クログワイ」、「オモダカ」、「シズイ(東北)」、「コウキヤガラ(関東・東山・東海、九州)」を追加
  • 「移植水稲」の使用時期を「移植後7日~ノビエ4葉期ただし、移植後30日まで」から「移植後7日~ノビエ4葉期ただし、収穫45日前まで」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯に「近畿・中国・四国の早期栽培地帯」を追加
13.10.23 殺菌剤 スコアMZ水和剤 適用変更
  • 「りんご」の使用時期を「収穫60日前まで」から「収穫30日前まで」に変更
13.10.09 除草剤 デュアールゴールド 適用拡大!
  • 「やまのいも」、「べにばないんげん」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「とうもろこし」、「飼料用とうもろこし」、「えだまめ(直播栽培)」、「だいず」、「らっかせい」、「いんげんまめ」及び「さやいんげん」の使用時期「は種後発芽前(雑草発生前)」を「は種後出芽前(雑草発生前)」に変更
13.10.09 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「なす」の希釈倍数「2000倍」にその適用害虫「テントウムシダマシ類」を追加
  • 「なし」の希釈倍数「3000倍」にその適用害虫「チュウゴクナシキジラミ」を追加
  • 「ネクタリン」とその適用害虫「アブラムシ類、モモハモグリガ、シンクイムシ類、ミカンキイロアザミウマ、カメムシ類」を追加
13.10.09 殺菌剤 フォリオゴールド 適用拡大!
  • 「リーフレタス」とその適用病害「ベと病」を追加
  • 「たまねぎ」にその適用病害「白色疫病」を追加
13.10.09 殺虫剤 ジュリボフロアブル 適用拡大!
  • 「キャベツ」の適用害虫「アブラムシ類」、「アオムシ」の使用時期を「は種時」から「は種時~育苗期後半」に変更
  • 「キャベツ」の使用時期「は種時~育苗期後半」にその適用害虫「ハイマダラノメイガ」、「ネギアザミウマ」、「ハスモンヨトウ」を追加
13.09.25 殺虫剤 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「キャベツ」にその適用害虫「ネギアザミウマ」を追加
  • 「なす」とその適用害虫「オオタバコガ」を追加
13.09.25 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「かんしょ」の適用害虫「コガネムシ類」に使用方法「全面土壌混和」を追加
13.09.11 除草剤 アピロトップMX Lジャンボ 適用拡大!
  • 「移植水稲」に適用地帯「近畿・中国・四国の早期栽培地帯」を追加
13.09.11 除草剤 アピロトップMX ジャンボ 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道」に適用土壌「砂壌土」を追加
13.08.28 殺菌剤 リドミルゴールドMZ 適用変更
  • 「小粒種ぶどう(露地栽培)」から「ぶどう」に、使用時期を「収穫60日前まで」から「収穫45日前まで」に変更
  • 「大粒種ぶどう(露地栽培)」から「ぶどう」に、使用時期を「収穫60日前まで」から「収穫45日前まで」に、本剤の使用回数を「2回以内(但し、開花後1回)」から「2回以内」に、マンゼブを含む農薬の総使用回数を「2回以内(開花後は1回以内)」から「2回以内」に変更
  • 「ぶどう(施設栽培)」から「ぶどう」に、使用時期を「開花前まで」から「収穫45日前まで」に変更
13.08.28 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「ねぎ」とその適用病害「小菌核腐敗病」を追加
13.08.07 殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「ごぼう」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「ザーサイ」とその適用害虫「ネキリムシ類」、「キスジノミハムシ」を追加
13.08.07 殺虫剤 アグリメック 適用拡大!
  • 「なす」、「メロン」、「ピーマン」にその適用害虫「ハダニ類」、「タバココナジラミ類(シルバーリーフコナジラミを含む)」を追加
  • 「すいか」にその適用害虫「ハダニ類」を追加
  • 「ピーマン」の適用害虫「アザミウマ類」の希釈倍数を「500倍」から「500~1000倍」に変更
  • 「ねぎ」の適用害虫「ネギアザミウマ」の希釈倍数を「500倍」から「500~1000倍」に変更
  • 「ねぎ」に適用害虫「ネギハモグリバエ」を追加
  • 「茶」に適用害虫「カンザワハダニ」、「チャノホコリダニ」を追加
  • 「花き類・観葉植物」に適用害虫「ハダニ類」を追加
13.08.07 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「みずな」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「にんじん」とその適用病害「しみ腐病」を追加
  • 「ホップ」の使用量を「20g/株」から「10~20g/株」に変更
  • 「たばこ」の使用量を「6kg/10a」から「6~9kg/10a」に変更
13.08.07 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「みずな」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「たばこ」にその適用病害「菌核病」を追加
  • 「非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、チンゲンサイ、タアサイを除く)」を「非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、チンゲンサイ、タアサイ、みずなを除く)」に変更
13.08.07 殺菌剤 アミスターオプティフロアブル 適用変更
  • 「にんじん」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
13.08.07 殺菌剤 チルト乳剤25 適用変更
  • 「小麦」の適用病害「黒変病」の希釈倍数を「1000倍」から「1000~2000倍」に変更
13.06.26 殺虫殺菌剤 アミスターアクタラSC 適用拡大!
  • 「稲」の希釈倍数「1000倍」に適用病害虫「ウンカ類」、「ツマグロヨコバイ」を追加
13.06.12 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「ピーマン」の本剤の使用回数を「1回」から「3回以内」に変更し、アゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は2回以内)」から「4回以内(粒剤は3回以内)」に変更
  • 「とうがらし類」を「とうがらし類(ししとうを除く)」に変更し、メタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」から「1回」に変更
  • 「ししとう」、「パセリ」とその適用病害「疫病」を追加
  • 「かぶ」、「チンゲンサイ」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「こまつな」の使用時期を「は種前但し、収穫21日前まで」から「は種時」に変更し、アゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内(粒剤は1回以内)」から「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
  • 「タアサイ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内(粒剤は1回以内)」から「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
  • 「だいこん」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は1回以内)」から「4回以内(粒剤は1回以内、水和剤は3回以内)」に変更
  • 「ほうれんそう」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「せり」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「5回以内(粒剤の散布は1回以内、水和剤の散布は4回以内)」から「5回以内(粒剤は1回以内、水和剤は4回以内)」に変更し、メタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「2回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は1回以内)」から「2回以内(種子への処理は1回以内、は種後は1回以内)」に変更
  • 「花き類・観葉植物」とその適用病害「立枯病(リゾクトニア菌)」を追加
13.06.12 殺菌剤 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「だいこん」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は1回以内)」から「4回以内(粒剤は1回以内、水和剤は3回以内)」に変更
  • 「ピーマン」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は2回以内)」から「4回以内(粒剤は3回以内)」に変更
13.06.12 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「非結球あぶらな科葉菜類」から「非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、チンゲンサイ、タアサイを除く)」に変更し、アゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内(粒剤は1回以内)」から「2回以内」に変更
  • 「こまつな」、「チンゲンサイ」、「タアサイ」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「パセリ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「1回」から「4回以内(粒剤は3回以内、水和剤は1回以内)」に変更
  • 「せり」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「5回以内(粒剤の散布は1回以内、水和剤の散布は4回以内)」から「5回以内(粒剤は1回以内、水和剤は4回以内)」に変更
  • 「だいこん」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は1回以内)」から「4回以内(粒剤は1回以内、水和剤は3回以内)」に変更
  • 「ピーマン」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は2回以内)」から「4回以内(粒剤は3回以内)」に変更
  • 「かぶ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
13.05.29 種子処理用殺虫殺菌剤 クルーザーMAXX 適用拡大!
  • 「いんげんまめ」に適用病害「リゾクトニア根腐病」を追加
  • 「だいず」、「えだまめ」に適用害獣「ハト」、「キジバト」を追加
13.05.29 種子処理用殺虫剤 クルーザーFS30 適用拡大!
  • 「とうもろこし(子実)」、「未成熟とうもろこし」に適用害虫「タネバエ」を追加
13.04.10 殺虫殺菌剤 シンジェンタ ビルダーフェルテラチェス粒剤 適用拡大!
  • 適用害虫「イネツトムシ」を使用時期「移植3日前~移植当日」に追加
13.03.27 殺菌剤 フォリオゴールド 適用変更
  • 「キャベツ」のTPNを含む農薬の総使用回数「2回以内(は種又は定植前の土壌混和は1回以内)」を「3回以内(は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布及びエアゾル剤の噴射は合計2回以内)」に変更
13.03.13 殺虫殺菌剤 アミスターアクタラSC 適用拡大!
  • 「稲」の「カメムシ類」、「いもち病」の使用方法「散布」に希釈倍数「250倍」、使用液量「25 L/10 a」を追加
13.03.13 殺菌剤 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「いちじく」とその適用病害「疫病」を追加
13.03.12 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「やまのいも」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
13.03.12 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「やまのいも」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
13.03.12 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「こんにゃく」とその適用病害「根腐病」と「白絹病」を追加
13.02.13 殺菌剤 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「たばこ」とその適用病害「疫病」を追加
13.02.13 除草剤 ボクサー 適用拡大!
  • 「小麦(春播)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
13.01.30 除草剤 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「トマト」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「きゅうり」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「アスパラガス」に使用時期「萌芽前または収穫打切り後(雑草生育期:草丈30cm以下)」を追加
  • 「牧草」に使用時期「最終刈取後(雑草生育期:草丈50cm以下)」を追加し、グリホサートを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内」に変更
  • 「きゅうり」のグリホサートを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内」に変更
  • 「だいず」のグリホサートを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「4回以内」に変更
  • 「野菜類(えだまめ、たらのき、はくさい、キャベツ、レタス、ねぎ、たまねぎ、ほうれんそう、にんじん、だいこん、はつかだいこん、アスパラガスを除く)」を「野菜類(えだまめ、たらのき、はくさい、キャベツ、レタス、ねぎ、たまねぎ、ほうれんそう、にんじん、だいこん、はつかだいこん、アスパラガス、トマト、きゅうりを除く)」に変更
13.01.30 除草剤 デュアールゴールド 適用拡大!
  • 「えだまめ(移植栽培)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「えだまめ」を「えだまめ(直播栽培)」に変更
13.01.30 除草剤 ゲザノンゴールド 適用拡大!
  • 「うど」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
13.01.16 殺虫剤 エンセダン乳剤 適用変更
  • 「てんさい」の本剤の使用時期を「収穫7日前」から「収穫14日前」に変更
13.01.16 殺菌剤 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「飼料用とうもろこし」の使用方法に「無人ヘリコプターによる散布」を追加
  • 「飼料用とうもろこし」の本剤の使用回数およびプロピコナゾールを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「2回以内」に変更
TOPへ戻る
2012
12.12.28 殺虫剤 プレバソンフロアブル5 適用拡大!
  • 「だいこん」とその適用害虫「アオムシ、コナガ、ヨトウムシ、ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「とうがらし類」とその適用害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「パセリ」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「かぶ」とその適用害虫「コナガ」を追加
  • 「キャベツ」の使用方法「灌注」の使用液量「苗地床1m2当り2L」に、適用害虫「ハスモンヨトウ」、「ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「レタス」の散布の使用時期を「収穫3日前まで」から「収穫前日まで」に変更し、クロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「トマト」と「ミニトマト」の使用方法「灌注」に、適用害虫「コナジラミ類」を追加
  • 「きゅうり」の使用方法「灌注」に、希釈倍数「200倍」及び使用液量「1株当り50mL」を追加
  • 「なす」の使用方法「灌注」に、希釈倍数「200倍」及び使用液量「1株当り50mL」を追加
  • 「なす」の適用害虫「トマトハモグリバエ」を「ハモグリバエ類」に変更
  • 「ねぎ」の適用害虫に「ネギコガ」、「ネギハモグリバエ」を追加
  • 「こまつな」、「みずな」、「チンゲンサイ」を「非結球あぶらな科葉菜類」に変更
  • 「きく」の使用方法「散布」の適用害虫に「ハモグリバエ類」を追加
  • 「きく」の適用害虫「ハスモンヨトウ」、「ハモグリバエ類」に使用方法「灌注」を追加
  • 「だいず」「えだまめ」の使用方法「散布」の適用害虫に「マメシンクイガ」、「ウコンノメイガ」を追加
  • 「アスパラガス」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「ほうれんそう」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「ピーマン」とその適用害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「はなっこりー」とその適用害虫「アオムシ」を追加
  • 「ズッキーニ」とその適用害虫「トマトハモグリバエ」を追加
12.12.19 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「しそ」とその適用病害「菌核病」を追加
12.12.03 除草剤 アピロトップMX Lジャンボの製品紹介ページを掲載しました。
12.12.03 除草剤 アピロトップMX ジャンボの製品紹介ページを掲載しました。
12.11.21 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用変更
  • 「いんげんまめ」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「4回以内(種子への処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
12.11.21 種子処理剤 クルーザーMAXX 適用拡大!
  • 「いんげんまめ」(苗立枯病(ピシウム菌)、(アブラムシ類)を追加
  • 「あずき」とその適用病害「茎疫病」、適用害虫「タネバエ」を追加
  • 「だいず」とその適用病害「黒根腐病」を追加
  • 「えだまめ」とその適用病害「苗立枯病(ピシウム菌)」、「紫斑病」および「黒根腐病」を追加
  • 「てんさい」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「2回以内(但し、は種前の塗沫処理は1回以内、は種後から定植前は1回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、苗床灌注は1回以内、散布は3回以内)」に変更
12.11.21 殺虫剤 ジュリボフロアブル 適用拡大!
  • 「キャベツ」に使用液量「苗地床1m2当り2L」を追加
  • 「はくさい」とその適用害虫「キスジノミハムシ」を追加
  • 「レタス」及び「ブロッコリー」のクロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更
12.11.21 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「キャベツ」(アブラムシ類)に使用量「苗地床1m2当り6 g」を追加
  • 「きゅうり」、「メロン」、「ピーマン」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(種子への処理及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「なす」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(種子への処理、育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「ほうれんそう」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(は種時の作条混和は1回以内、散布は2回以内)」から「3回以内(種子への処理及びは種時の作条混和は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤の処理及び水和剤の灌注は合計1回以内、散布は2回以内)」から「3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更
12.11.21 殺虫剤 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「てんさい」(アブラムシ類)に使用方法「散布」を追加
  • 「しそ」(アブラムシ類)を追加
  • 「キャベツ」の使用方法「散布」に希釈倍数2000倍を追加し、「2000~3000倍」に変更
  • 「きゅうり」、「メロン」、「ピーマン」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(種子への処理及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「なす」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(種子への処理、育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「ほうれんそう」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(は種時の作条混和は1回以内、散布は2回以内)」から「3回以内(種子への処理及びは種時の作条混和は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤の処理及び水和剤の灌注は合計1回以内、散布は2回以内)」から「3回以内(種子への処理、水和剤の灌注及び粒剤の処理は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更
  • 「てんさい」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「1回」から「5回以内(種子への処理は1回以内、苗床灌注は1回以内、散布は3回以内)」に変更
12.11.09 殺虫剤 アファーム乳剤 適用情報の変更
  • 「しそ(花穂)」、「バジル」、「きく(葉)」の登録が削除されました。
12.11.07 除草剤 デュアールゴールド 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」の適用地帯を「東北」から「全域(北海道を除く)」に変更
12.11.07 殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「レタス」の適用害虫「ネキリムシ」を「ネキリムシ類」に変更
12.10.10 除草剤 アピロトップMX 1キロ粒剤51 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植直後~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植時」に適用土壌「砂壌土」を追加し、「砂壌土~埴土」に変更
12.10.10 除草剤 アピロキリオMX1キロ粒剤51 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植直後~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植時」に適用土壌「砂壌土」を追加し、「砂壌土~埴土」に変更
12.10.10 除草剤 アピロトップMX 1キロ粒剤75 適用拡大!
  • 「直播水稲」とその適用雑草「水田一年生雑草及びホタルイ、ミズガヤツリ、セリ」を追加
12.10.10 除草剤 アピロキリオMX1キロ粒剤75 適用拡大!
  • 「直播水稲」とその適用雑草「水田一年生雑草及びホタルイ、ミズガヤツリ、セリ」を追加
12.09.26 除草剤 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「すいせん」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「花き類・観葉植物(チューリップを除く)」を「花き類・観葉植物(チューリップ、すいせんを除く)」に変更
12.08.20 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「ピーマン」とその適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「すいか」、「にんじん」とその適用病害「菌核病」を追加
12.08.08 除草剤 ソルネット1キロ粒剤 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「植代後~移植前4日又は移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」を「植代後~移植前7日又は移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
12.08.08 除草剤 エリジャンEW乳剤 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「植代時~移植前4日又は移植直後~ノビエ1葉期ただし、移植後30日まで」を「植代後~移植前7日又は移植直後~ノビエ1葉期ただし、移植後30日まで」に変更
12.08.08 除草剤 エリジャンジャンボ 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「植代時~移植前4日又は移植直後~ノビエ1葉期ただし、移植後30日まで」を「植代後~移植前7日又は移植直後~ノビエ1葉期ただし、移植後30日まで」に変更
12.08.08 除草剤 エリジャン乳剤 適用変更
  • 「移植水稲」の使用時期「植代時~移植4日前まで」を「植代後~移植7日前まで」に変更
12.08.08 殺虫剤 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「ブロッコリー」とその適用害虫「ハイマダラノメイガ」を追加
12.07.25 殺虫剤 チェス顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「うり類(漬物用)」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
12.07.25 殺虫剤 トリガード液剤 適用拡大!
  • 「きく(葉)」に希釈倍数2000倍を追加し、「1000~2000倍」に変更
  • 「バジル」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
12.07.25 除草剤 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「しゃくやく(薬用)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
12.07.12 殺虫殺菌剤 シンジェンタ ビルダーフェルテラチェス粒剤 適用拡大!
  • 使用時期「移植3日前~移植当日」に適用害虫「ニカメイチュウ」を追加
12.06.27 殺菌剤 リドミル粒剤2 適用変更
  • 「しちとうい」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
12.06.27 殺菌剤 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「にんじん」とその適用病害「しみ腐病」および「うどんこ病」を追加
  • 「ピーマン」とその適用病害「疫病」を追加
12.06.14 殺菌剤 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「ぶどう」及び「はくさい」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫7日前まで」に変更
  • 「ピーマン」とその適用病害「疫病」を追加
  • 「なす」とその適用病害「褐色腐敗病」を追加
  • 「ほうれんそう」の使用時期を「収穫7日前まで」から「収穫3日前まで」に変更
12.05.16 殺菌剤 リドミルゴールドMZ 適用情報の変更
  • 「キャベツ」、「わさびだいこん」、「はくさい」、「かぼちゃ」、「きゅうり」、「すいか」、「メロン」、「たまねぎ」、および「ねぎ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • 「トマト」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)」に変更
  • 「いちご」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子粉衣は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」に変更
12.05.16 殺菌剤 フォリオブラボ顆粒水和剤 適用情報の変更
  • 「はくさい」、「かぼちゃ」、「きゅうり」、「すいか」、「メロン」、「たまねぎ」および「ねぎ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • 「トマト」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)」に変更
  • 「らっきょう」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「3回以内」に変更
  • 「なす」の本剤の使用回数を「3回以内」に変更し、メタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内」に変更
12.05.16 殺菌剤 リドミルMZ水和剤 適用情報の変更
  • 「キャベツ」、「わさびだいこん」、「はくさい」、「ブロッコリー」、「きゅうり」、「すいか」、「メロン」、「たまねぎ」および「ねぎ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • 「トマト」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)」に変更
  • 「いちご」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子粉衣は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」に変更
  • 「らっきょう」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「3回以内」に変更
12.05.16 殺菌剤 リドミル粒剤2 適用情報の変更
  • 「かぶ」、「だいこん」、「こまつな」、「チンゲンサイ」、「みずな」および「タアサイ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「2回以内(種子粉衣は1回以内、土壌混和は1回以内)」から「2回以内(種子への処理は1回以内、土壌混和は1回以内)」に変更
  • 「ピーマン」、「ししとう」、「オクラ」および「パセリ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • 「いちご」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子粉衣は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」に変更
  • 「ほうれんそう」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「2回以内(種子粉衣は1回以内、は種時は1回以内)」から「2回以内(種子への処理は1回以内、は種時は1回以内)」に変更
  • 「せり」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「2回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は1回以内)」から「2回以内(種子への処理は1回以内、は種後は1回以内)」に変更
12.05.16 殺菌剤 フォリオゴールド 適用拡大!
  • 「かぼちゃ」とその適用病害「疫病」と「べと病」を追加
  • 「なす」とその適用病害「褐色腐敗病」、「うどんこ病」、「すすかび病」を追加
  • 「キャベツ」、「はくさい」、「ブロッコリー」、「きゅうり」、「すいか」、「メロン」、「ミニトマト」、「たまねぎ」、「ねぎ」、「レタス」および「アスパラガス」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • 「トマト」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)」から「5回以内(種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)」に変更
  • 「らっきょう」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「3回以内」に変更
12.05.16 殺虫剤 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「てんさい」に適用害虫「シロオビノメイガ」を追加
12.05.16 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「しちとうい」とその適用病害「べっこう病」を追加
  • 「だいこん」、「こまつな」、「タアサイ」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「2回以内(種子への処理は1回以内、土壌混和は1回以内)」に変更
  • 「ピーマン」、「とうがらし類」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
12.04.25 除草剤 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「小麦(秋播)」に使用時期「は種後出芽前(雑草生育期:草丈30cm以下)」を追加
  • 「さとうきび」に使用時期「耕起前又は植付前 雑草生育期(草丈30cm以下)」および「収穫60日前まで(雑草生育期:畦間処理)(但し、仮茎長1.5m以上)」を追加
  • 「だいず」に使用方法「雑草茎葉塗布」を追加
  • 「だいこん」、「かんしょ」のグリホサートを含む農薬の総使用回数を「2回以内」に変更加
  • 「かんきつ」のグリホサートを含む農薬の総使用回数を「5回以内」に変更
  • 「さとうきび」のグリホサートを含む農薬の総使用回数を「6回以内」に変更
12.04.11 殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「非結球レタス」とその適用雑草「ネキリムシ類」を追加
12.04.06 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用情報の変更
  • 「せり」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内」から「5回以内(粒剤の散布は1回以内、水和剤の散布は4回以内)」に変更
  • 「ばれいしょ」の適用病害虫名「黒あざ病」の希釈倍数を「100倍」から「100~200倍」に変更
12.04.06 殺菌剤 ユニフォーム粒剤 適用拡大!
  • 「せり」とその適用病害「葉腐病」を追加
  • 「くわい」とその適用病害「茎腐病」を追加
12.03.21 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用情報の変更
  • 「トマト」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(種子への処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「キャベツ」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「3回以内(種子粉衣は1回以内)」から「4回以内(種子への処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
12.03.21 殺菌剤 フォリオブラボ顆粒水和剤 適用情報の変更
  • 「トマト」のTPNを含む農薬の総使用回数「4回以内(土壌灌注は2回以内)」を「6回以内(土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内)」に変更
12.03.21 殺菌剤 フォリオゴールド 適用情報の変更
  • 「トマト」のTPNを含む農薬の総使用回数「4回以内(土壌灌注は2回以内)」を「6回以内(土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内)」に変更
12.03.21 殺菌剤 アミスターオプティフロアブル 適用情報の変更
  • 「トマト」のTPNを含む農薬の総使用回数「4回以内(土壌灌注は2回以内)」を「6回以内(土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内)」に変更
12.02.22 除草剤 デュアールゴールド 適用拡大!
  • 「とうもろこし」および「飼料用とうもろこし」に適用雑草「一年生イネ科雑草」、使用時期「本葉1~2葉期(イネ科雑草2葉期まで)」、適用地帯「北海道」を追加。
12.02.08 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」のジクワットを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「2回以内(茎葉枯凋は1回以内)」に変更
  • 「いちご」とその適用雑草「一年生雑草」を追加し、 「野菜類(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、 ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、 アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)、しょうが、 にんにく、たけのこを除く)」を「野菜類(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、 だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、 かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)、 しょうが、にんにく、たけのこ、いちごを除く)」に変更
  • 「アスパラガス」に使用時期「萌芽前:雑草生育期(草丈20cm以下)」を追加
  • 「きく」を「花き類・観葉植物(チューリップを除く)」に変更し、 「チューリップ」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期(草丈20cm以下)」を追加
12.01.25 除草剤 アピロキリオMX1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 「直播水稲」とその適用雑草「水田一年生雑草、ホタルイ、ミズガヤツリ、セリ」を追加
12.01.25 除草剤 アピロトップMX 1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 「直播水稲」とその適用雑草「水田一年生雑草、ホタルイ、ミズガヤツリ、セリ」を追加
12.01.11 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「らっきょう」とその適用病害「灰色かび病」を追加
12.01.11 殺虫剤 スプラサイド水和剤 適用情報の変更
  • 「もも」の本剤の使用回数を「2回以内」に変更し、DMTPを含む農薬の総使用回数を「4回以内(200倍希釈散布は2回以内、1500~2000倍希釈散布は2回以内)」に変更
TOPへ戻る
2011
11.12.21 種子処理用殺虫殺菌剤 クルーザーMAXXの製品紹介ページを掲載しました。
11.12.14 殺虫剤 シンジェンタフェルテラチェス箱粒剤 適用拡大
  • 「稲(箱育苗)」に適用害虫「イネツトムシ」を追加
11.12.14 殺虫剤 プレバソンフロアブル5 適用拡大!
  • 「レタス」の使用方法「灌注」に適用病害虫「ヒメフタテンヨコバイ」を追加する。
  • 「非結球レタス」に使用方法「灌注」を追加
  • 「非結球レタス」における散布の使用回数を「2回以内」から「3回以内」に変更し、クロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(灌注は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「ブロッコリー」の使用方法「散布」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「ブロッコリー」の散布の使用時期を「収穫3日前まで」から「収穫前日まで」に変更
  • 「キャベツ」及び「はくさい」のクロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「だいず」の使用方法に「無人ヘリコプターによる散布」を追加し、だいずの本剤の使用回数及びクロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数をそれぞれ「2回以内」に変更
11.12.14 殺虫剤 ジュリボフロアブル 適用拡大!
  • 「レタス」に適用害虫「ヒメフタテンヨコバイ」を追加
11.12.05 高品質な収穫をサポート! 殺菌剤「ユニフォーム粒剤」の製品紹介ページを掲載しました。
11.12.05 箱処理1発でロングな効き目。 水稲育苗箱用 殺虫殺菌剤「デジタルバウアー箱粒剤」の製品紹介ページを掲載しました。
11.12.05 天然由来の除草テクノロジー 水稲用除草剤 「マキシーMX1キロ粒剤」情報を掲載しました!
11.10.26 殺菌剤 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「きゅうり」に適用病害「黒星病」を追加
  • 「りんご」の適用病害「黒星病」および「赤星病」の希釈倍数を「3000倍」から「3000~4000倍」に変更
11.10.26 殺菌剤 フォリオゴールド 適用拡大!
  • 「はくさい」に適用病害「白さび病」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用病害「疫病」を追加
  • 「ブロッコリー」の使用時期「花蕾形成前まで 但し、収穫21日前まで」を「出蕾前 但し、収穫21日前まで」に変更
11.10.12 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」の適用病害「黒あざ病」に使用方法「植溝内土壌散布」を追加
  • 「レタス」に適用病害「すそ枯病」を追加
  • 「たまねぎ」に適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「はくさい」の適用病害「白斑病」の希釈倍数を「2000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「さやいんげん」に適用病害「菌核病」を追加
11.10.12 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「たまねぎ」に適用病害「小菌核病」を追加
11.10.12 除草剤 レグロックス 適用情報の変更
  • 「ばれいしょ」の使用時期「黄変期~枯凋期(但し収穫7日前まで)」および「開花後30日~黄変期(茎葉繁茂期)(但し収穫7日前まで)」を「黄変期~枯凋期(但し収穫14日前まで)」および「開花後30日~黄変期(茎葉繁茂期)(但し収穫14日前まで)」に変更
  • 「ばれいしょ」の使用目的「茎葉枯凋」にかかる本剤の使用回数を「2回以内」から「1回」に変更
  • 「ばれいしょ」の適用雑草「一年生雑草」にかかる使用方法を「散布」から「雑草茎葉散布」に変更
  • 「ばれいしょ」のジクワットを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「2回以内(茎葉枯凋は1回以内)」に変更
11.10.03 さらに使いやすく進化したロングセラー除草剤「ゲザノンゴールド」の製品紹介ページを掲載しました。
11.10.03 高品質な作物づくりに、ゴールドの除草力「デュアールゴールド」の製品紹介ページを掲載しました。
11.09.07 殺虫剤 クルーザーFS30 適用拡大!
  • 「飼料用とうもろこし」に適用害虫「タネバエ」を追加
11.09.07 殺菌剤 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「いちじく」に適用病害「黒葉枯病」を追加
11.09.07 除草剤 デュアール乳剤 適用情報の変更
  • 「てんさい(移植栽培)」および「てんさい(直播栽培)」の本剤の使用回数およびメトラクロール及びS-メトラクロールを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更し、適用地帯を「全域」に変更
  • 「とうもろこし」、「飼料用とうもろこし」および「てんさい(直播栽培)」の適用雑草名「畑地一年生イネ科雑草」を「一年生イネ科雑草」に変更
  • 「とうもろこし」、「飼料用とうもろこし」、「かんしょ」、「えだまめ(直播栽培)」、「えだまめ(移植栽培)」、「だいず」、「らっかせい」、「いんげんまめ」、「さやいんげん」、「てんさい(移植栽培)」、「キャベツ」、「だいこん」、「にんじん」、「ばれいしょ」、「こんにゃく」、「さといも」および「かぶ」の適用雑草名「畑地一年生雑草」を「一年生雑草」に変更
11.08.24 殺虫剤 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「せり」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
11.08.24 殺菌剤 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「かぶ」に適用病害「白斑病」を追加
  • 「非結球あぶらな科葉菜類」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「2回以内(粒剤は1回以内)」に変更
  • 「ピーマン」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内」から「4回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は2回以内)」に変更
  • 「だいこん」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「3回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は1回以内)」に変更
  • 「みょうが(花穂)」、「みょうが(茎葉)」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤は2回以内)」から「3回以内(粒剤は1回以内)」に変更
  • 「たばこ」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内(粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
  • 一部作物における「散布」の使用液量を「100~300L/10a」に変更(詳細は適用表をご覧ください)
11.08.24 殺菌剤 アミスターオプティフロアブル 適用情報の変更
  • 「だいこん」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「3回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は1回以内)」に変更
  • 「ピーマン」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内」から「4回以内(粒剤は1回以内、但し粒剤を処理する場合には水和剤は2回以内)」に変更
11.08.03 殺菌剤 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「非結球レタス」とその適用病害「べと病」を追加
11.07.26 生育初期の防除に効果的! 殺菌剤フォリオゴールドの製品紹介ページを掲載しました。
11.07.20 殺虫剤 ジュリボフロアブル 適用拡大!
  • 「キャベツ」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「ブロッコリー」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」を追加
11.07.06 殺虫剤 リーズン顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「りんご」に適用害虫「ヨモギエダシャク」を追加
11.07.06 殺虫剤 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「ねぎ」に適用害虫「ネギハモグリバエ」を追加
11.07.06 殺虫剤 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「にんじん(葉)」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「ほうれんそう」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
11.07.06 殺菌剤 リドミルMZ水和剤 適用情報の変更
  • 「だいず」のメタラキシル及びメタラキシルMを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」から「4回以内(種子粉衣及びは種前の塗沫処理は合計1回以内、は種後は3回以内)」に変更
11.06.22 殺菌剤 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「もも」に適用病害「ホモプシス腐敗病」を追加
  • 「うめ」に適用病害「すす斑病」を追加
11.06.08 殺菌剤 セイビアーフロアブル20 適用情報の変更
  • 「えだまめ」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「4回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
11.04.20 殺虫剤 プレバソンフロアブル5 適用拡大!
  • 「キャベツ」の使用方法「散布」に適用害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「キャベツ」の使用方法「灌注」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「キャベツ」の使用方法「灌注」に使用液量「苗地床1m2当り2L」で「コナガ、アオムシ」を追加
  • 「はくさい」の使用方法「散布」に適用害虫「ハスモンヨトウ、ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「ブロッコリー」の使用方法「散布」及び「灌注」に適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「なす」の使用方法「散布」に適用害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「なす」の使用方法「灌注」に適用害虫「カブラヤガ、ハスモンヨトウ」を追加
  • 「きく」とその適用害虫「オオタバコガ」、「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「カリフラワー」とその適用害虫「コナガ」、「アオムシ」、「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「こまつな」とその適用害虫「コナガ」を追加
  • 「みずな」とその適用害虫「コナガ」を追加
  • 「チンゲンサイ」とその適用害虫「コナガ」を追加
11.04.08 2つの殺虫成分で、チョウ目害虫とウンカ類をまとめて防除する! 殺虫剤 「シンジェンタフェルテラチェス箱粒剤」情報を掲載しました!
11.04.06 アファームエクセラ顆粒水和剤適用拡大!
  • 「ブロッコリー」の適用害虫「コナガ、アオムシ」の希釈倍数を「1000~1500倍」に変更
  • 「ブロッコリー」に適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「レタス」の適用害虫「オオタバコガ」の希釈倍数を「1000~1500倍」に変更
11.03.16 チルト乳剤25適用拡大!
  • 「飼料用とうもろこし」とその適用病害「すす紋病」を追加
11.03.02 レーバスフロアブル適用拡大!
  • 「たまねぎ」に適用病害「白色疫病」を追加
11.03.02 レグロックス 適用情報の変更
  • 「麦(多株穴播栽培)」のジクワットを含む農薬の総使用回数を「1回」から「4回以内」に変更
  • 作物名「麦 (多株穴播栽培)」を「麦類」に変更
  • 適用雑草名「畑地一年生雑草」を「一年生雑草」に変更
11.02.16 スプラサイド水和剤 適用内容の変更
  • 「かんきつ(みかんを除く)」、「みかん」、「りんご」、「なし(有袋栽培)」、「なし(無袋栽培)」、「かき」、「おうとう」、「キウイフルーツ」及び「うめ」の使用液量を「200~700 L/10a」に変更
  • 「すいか」、「メロン」、「なす」、「ピーマン」及び「花き類・観葉植物」の使用液量を「100~300 L/10aに変更
  • 「ぶどう」の使用方法「散布」の使用液量を「200~700 L/10a」とし、使用方法「1m2当り10L土壌灌注」を「土壌灌注」にし、使用液量を「10 L/m2」に変更
  • 「もも」の使用液量を「200~700 L/10a」とし、DMTPを含む農薬の総使用回数を「4回以内(200倍希釈散布は2回以内)」に変更
11.02.02 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「ブロッコリー」とその適用病害「べと病」を追加
11.02.02 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「きゅうり」とその適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」、「ウリノメイガ」を追加
11.02.02 クルーザーFS30 適用拡大!
  • 「とうもろこし(子実)」とその適用害虫「ハリガネムシ類)」、「未成熟とうもろこし」とその適用害虫「ハリガネムシ類)」、「飼料用とうもろこし」とその適用害虫「ハリガネムシ類)」を追加
11.02.02 アクタラ顆粒水溶剤剤 適用内容の変更
  • 「未成熟とうもろこし」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)」に変更
11.02.02 アファーム乳剤 適用内容の変更
  • 「キャベツ」の使用時期を「収穫前日まで」に変更
  • 「ブロッコリー」の使用時期を「収穫3日前まで」に変更
11.02.02 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「ねぎ」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「にんじん」の適用害虫「ネキリムシ類」の使用方法「全面土壌混和」の使用量を「4~12kg/10a」に変更
TOPへ戻る
2010
10.12.22 アピロキリオMX1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」に適用土壌「砂壌土」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期「移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」に適用雑草「クログワイ」、「オモダカ」を追加
  • 「移植水稲」の適用雑草「セリ(北陸を除く)」を「セリ」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土」に使用時期「移植時」を追加
  • メソトリオンを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
10.12.22 アピロキリオMX1キロ粒剤75 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」に適用土壌「砂壌土」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期「移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日までに変更
  • 「移植水稲」に適用雑草「クログワイ(北海道を除く)」、「オモダカ」、「シズイ(北海道を除く)」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」に使用時期「移植時」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期「移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日までに変更
  • メソトリオンを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
10.12.22 アピロトップMX1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」に適用土壌「砂壌土」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期「移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」に適用雑草「クログワイ」、「オモダカ」を追加
  • 「移植水稲」の適用雑草「セリ(北陸を除く)」を「セリ」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土」に使用時期「移植時」を追加
  • メソトリオンを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
10.12.22 アピロトップMX1キロ粒剤75 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」に適用土壌「砂壌土」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期「移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日までに変更
  • 「移植水稲」に適用雑草「クログワイ(北海道を除く)」、「オモダカ」、「シズイ(北海道を除く)」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」に使用時期「移植時」を追加
  • メソトリオンを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
10.12.13 アミスター10フロアブル 適用拡大!
10.12.13 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「えだまめ」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「しろな」、「非結球あぶらな科葉菜類(ただし、しろな、チンゲンサイを除く)」を「非結球あぶらな科葉菜類」に変更し、使用時期を「収穫7日前まで」に変更
  • 「みょうが(花穂)」および「みょうが(茎葉)」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤は2回以内)」に変更
10.12.08 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「陸稲」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「水田作物(水田刈跡)」に適用雑草「オモダカ、クログワイ、キシュウスズメノヒエ」を追加
  • 「大麦」に使用時期「は種後出芽前(雑草生育期:草丈30cm以下)」を追加し、既登録の作物名「麦類(小麦(秋播)を除く)」を「麦類(大麦、小麦(秋播)を除く)」に変更
  • 「豆類(種実、ただし、だいず、らっかせいを除く)」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫3日前まで」を追加
  • 「だいず」に適用雑草「コウキヤガラ」を追加
  • 「だいず」の使用時期「耕起又はは種7日以前(雑草生育期:草丈30cm以下)」に希釈水量100Lを追加し「25~100L」に変更
  • 「ばれいしょ」の使用時期「植付後萌芽前(雑草生育期:草丈30cm以下)」に希釈水量100Lを追加し「25~100L」に変更
  • 「樹木等」に適用雑草「雑かん木」と使用時期「雑草生育期(150cm以下)」を追加
  • 「樹木等」に適用雑草「雑かん木」と使用時期「伐採直後」を追加
10.12.08 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「はくさい」の適用害虫「オオタバコガ」の希釈倍数を「1000~1500倍」に変更
  • 「ピーマン」に適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
10.12.08 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「ばら」「カーネーション」を「花き類・観葉植物(きくを除く)」に変更
  • 「きく」に適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
10.12.01 天然由来の除草テクノロジー 除草剤 「アピロトップMX1キロ粒剤51」情報を掲載しました!
10.12.01 天然由来の除草テクノロジー 除草剤 「アピロトップMX1キロ粒剤75」情報を掲載しました!
10.12.01 天然由来の除草テクノロジー 除草剤 「アピロキリオMX1キロ粒剤51」情報を掲載しました!
10.12.01 天然由来の除草テクノロジー 除草剤 「アピロキリオMX1キロ粒剤75」情報を掲載しました!
10.11.24 アクタラ粒剤5 適用内容の変更
  • 「ブロッコリー」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤の処理及び水和剤の灌注は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
10.11.24 ジュリボフロアブル 適用拡大!
  • 「ブロッコリー」とその適用害虫「アブラムシ類」、「ネギアザミウマ」、「コナガ」、「アオムシ」、「ハスモンヨトウ」を追加
10.11.24 アクタラ顆粒水溶剤 適用内容の変更
  • 「ミニトマト」の適用害虫「オンシツコナジラミ」を「コナジラミ類」に変更
  • 「カリフラワー」の適用害虫「アブラムシ類」の希釈倍数を「3000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「キャベツ」、「はくさい」、「レタス」、「ブロッコリー」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を変更
10.11.24 プリグロックスL適用拡大!
  • 「麦類(大麦を除く)」と作物名「大麦」を統合し、「麦類」に変更
  • 「麦類(大麦を除く)」に適用場所「圃場内の周縁部」を追加 「麦類(大麦を除く)」本剤の使用回数、ジクワットを含む農薬の総使用回数およびパラコートを含む農薬の総使用回数を「1回」から「4回以内」に変更
  • 「えだまめ」と適用雑草「一年生雑草」使用時期「畦間処理:雑草生育期(草丈30cm以下)、ただし収穫14日前まで」を追加
  • 「きく」と適用雑草「一年生雑草」使用時期「畦間処理:雑草生育期(草丈20cm以下)」を追加
10.11.10 リーズン顆粒水和剤 適用内容の変更
  • 「みかん」の適用害虫「ゴマダラカミキリ成虫」の希釈倍数を「2000~3000倍」に変更
  • 「かんきつ(みかんを除く)」の適用害虫「チャノキイロアザミウ」マ、「アゲハ類」、「ミカンハモグリガ」、「ゴマダラカミキリ成虫」、「ミカンサビダニ」の希釈倍数を「2000~3000倍」に変更
10.11.09 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「レタス」とその適用害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「きゅうり」とその適用害虫「ウリノメイガおよびコナジラミ類」を追加
  • 「えだまめ」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「ブロッコリー」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「だいず」の使用時期を「収穫7日前まで」に変更
10.11.09 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「ブロッコリー」とその適用害虫「アオムシ」「コナガ」を追加
  • 「レタス」とその適用害虫「オオタバコガ」「ナモグリバエ」を追加
10.10.27 チェス顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」の適用害虫「アブラムシ類」の希釈倍数に「1000倍」を追加
  • 「ズッキーニ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
10.10.13 デュアール乳剤 適用内容の変更
  • 「日本芝(生産圃場)」の「メトラクロール及びS-メトラクロールを含む農薬の総使用回数」を「2回以内」から「3回以内」に変更
  • 「てんさい(移植栽培)」、「てんさい(直播栽培)」の適用地帯を「全域」から「-」に変更
10.09.22 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「ねぎ」に適用病害「小菌核腐敗病」を追加
  • 「ピーマン」、「なす」に適用病害「灰色かび病」を追加
10.09.22 フォリオブラボ顆粒水和剤 適用内容の変更
  • 「ねぎ」の本剤の使用回数を「2回以内」から「3回以内」に変更
  • 「ねぎ」のTPNを含む農薬の総使用回数を「3回以内(土壌灌注は1回以内、散布は2回以内」から「4回以内(土壌灌注は1回以内、散布は3回以内」に変更
10.09.15 アピロトップLフロアブル 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期に「移植時」を追加
10.08.26 イネ科から広葉まで、幅広い雑草を1成分でノックアウト 新規畑作用土壌処理除草剤 「ボクサー®」情報を掲載しました!
10.08.25 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「チューリップ」に適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 既登録のチューリップのジクワットを含む農薬の総使用回数及びパラコートを含む農薬の総使用回数をそれぞれ「3回以内(ウイルス罹病株の枯殺は1回以内)」に変更
10.08.25 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「チューリップ」に使用目的「ウイルス罹病株の枯殺」を追加
10.07.20 水田の重要病害を防除する 新規空中散布用殺虫殺菌剤「アミスター®アクタラ®SC」情報を 掲載しました!
10.07.07 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「モロヘイヤ」とその適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「小麦」に適用病害「株腐病」を追加
  • 「てんさい」の適用病害「根腐病」の希釈倍数を「1500~2000倍」から「1500~4000倍」に変更
  • 「にら(花茎)」とその適用病害「白斑葉枯病」を追加
  • 「しゅんぎく」とその適用病害「炭疽病」を追加
10.07.07 サイハロン乳剤 適用拡大!
  • 「花き類・観葉植物(ただし、きくを除く)」とその適用病害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「きく」に適用病害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「きく」の本剤の使用回数及びシハロトリンを含む農薬の総使用回数を「3回以内」に変更
  • 「ばれいしょ」の希釈倍数「1000倍」及び「てんさい」の希釈倍数「750倍」の使用液量を「25L/10a」とし、使用方法を「散布」とする。
  • 「小麦」の使用液量を「60~150L/10a」とする。
  • 「ばれいしょ」「てんさい」「小麦」以外の使用液量を「100~300L/10a」とする。
10.06.23 デジタルメガフレア箱粒剤 適用拡大!
  • 「稲(箱育苗)」に適用病害虫「ニカメイチュウ」を追加
10.06.09 ゲザプリムフロアブル 適用拡大!
  • 「ヤングコーン」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「とうもろこし」、「飼料用とうもろこし」及び「はとむぎ」の適用雑草「畑地一年生雑草」を「一年生雑草」に変更し、「ソルガム」の適用雑草「畑地一年生広葉雑草」を「一年生広葉雑草」に変更
10.05.26 プレバソンフロアブル5 適用拡大!
  • 「キャベツ」に適用病害虫「ウワバ類」を追加し、散布処理の使用時期を「収穫前日まで」に変更
  • 「はくさい」に適用病害虫「ハイマダラノメイガ」を追加し、散布処理の使用時期を「収穫前日まで」に変更
  • 「トマト」に適用病害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「トマト」に使用方法「灌注」を追加し、クロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(灌注は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「ブロッコリー」に使用方法「灌注」を追加し、クロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(灌注は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「レタス」に適用病害虫「ヨトウムシ」を追加
  • 「きゅうり」に適用病害虫「ウリノメイガ」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用病害虫「トマトハモグリバエ、オオタバコガ」を追加
  • 「非結球レタス」とその適用病害虫「ナモグリバエ、ハスモンヨトウ、オオタバコガ、ヨトウムシ」を追加
  • 「たばこ」とその適用病害虫「ヨトウムシ」を追加
10.05.26 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「かぼちゃ」に適用病害「疫病」を追加
  • 「すいか」に適用病害「菌核病」を追加
  • 「トマト」に適用病害「斑点病」を追加
  • 「ミニトマト」に適用病害「斑点病」を追加
10.05.26 シンジェンタビルダープリンスチェス粒剤 適用拡大!
  • 「稲(箱育苗)」に適用害虫「イネドロオイムシ」を追加し、使用時期を「移植3日前~移植当日」とする。
  • 「稲(箱育苗)」の適用害虫「イネミズゾウムシ」の使用時期を「移植3日前~移植当日」から「緑化期~移植当日」に変更
10.05.26 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「もも」に適用病害「黒星病」を追加
  • 「ネクタリン」に適用病害「黒星病」を追加
10.05.26 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「ほうれんそう」に適用害虫「ホウレンソウケナガコナダニ」を追加
10.04.07 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「花き類・観葉植物」とその適用病害「灰色かび病」を追加
10.03.03 アミスター20フロアブル 適用内容の変更
  • 「みょうが(花穂)」および「みょうが(茎葉)」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤は2回以内)」に変更
10.02.17 レーバスフロアブル 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」(疫病)に希釈倍数「375~500倍」、使用液量「25L/10a」を追加
  • 「あずき」(茎疫病)の希釈倍数を「2000倍」から「1500~2000倍」に変更
  • 「だいず」に適用病害「茎疫病」を追加
  • 「だいず」(べと病)の希釈倍数を「2000~3000倍」から「1500~3000倍」に変更
  • 「ぶどう」の希釈倍数を「3000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「だいず、あずき、ぶどう、はくさい、トマト」の本剤の使用回数およびマンジプロパミドを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「3回以内」に変更
  • 「ブロッコリー」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「レタス」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「キャベツ」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「ねぎ」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「ほうれんそう」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「たまねぎ」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「すいか」とその適用病害「褐色腐敗病」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用病害「疫病」を追加
10.02.17 クルーザーFS30 適用内容の変更
  • 「あずき」を「豆類(種実、ただし、らっかせい、だいず、いんげんまめを除く)」に変更
10.02.03 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「のざわな」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「キャベツ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤の処理、水溶剤及び水和剤の灌注は合計1回以内、水溶剤及び液剤の散布は合計3回以内)」に変更
  • 「はくさい」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(粒剤の処理、水溶剤及び水和剤の灌注は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(粒剤の処理及び水和剤の灌注は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更
10.02.03 ゲザノンフロアブル 適用拡大!
  • 「ヤングコーン」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
10.01.20 「苗シャワー処理(灌注処理)」で、定植後約1か月の防虫効果! 殺虫剤「ジュリボフロアブル」情報を掲載しました!
10.01.20 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「小麦(秋播)」の適用場所に「圃場内の周縁部」を追加し、グリホサートを含む農薬の総使用回数を「3回以内」とする
  • 「麦類(大麦、小麦(秋播)を除く)」と「大麦」を「麦類(小麦(秋播)を除く)」に変更
  • 「麦類(小麦(秋播)を除く)」の使用時期「耕起又はは種前(雑草生育期)」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「麦類(小麦(秋播)を除く)」の適用場所に「圃場内の周縁部」を追加
  • 「麦類(小麦(秋播)を除く)」の本剤の使用回数及びグリホサートを含む農薬の総使用回数を「3回以内」とする
  • 「ねぎ」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期(草丈30cm以下)但し収穫7日前まで」を追加し、本剤の使用回数を「3回以内」とする
10.01.20 プランダム乳剤25 適用内容の変更
  • 「てんさい」の使用時期を「収穫21日前まで」から「収穫7日前まで」に変更
TOPへ戻る
2009
09.12.16 ミックスパワー 適用内容の変更
  • 「もも、なし、りんご、キャベツ、はくさい、きゅうり等」の使用量を「3.3mL/10L(3000倍)」に変更
09.12.04 新製品! 殺虫剤 「プレバソンフロアブル5」
09.12.02 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「水田作物(水田刈跡)」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「小麦/一年生雑草」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「雑穀類(そばを除く)/一年生雑草」を追加
  • 「そば/一年生及び多年生雑草(スギナを除く)」を追加
  • 「たまねぎ」の本剤の使用回数を「3回以内」に変更
  • 「たまねぎ」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期(草丈30cm以下)但し収穫7日前まで」を追加
  • 「だいず/は種後出芽前(雑草生育期:草丈30cm以下)」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「ソルガム」を追加
  • 「飼料用とうもろこし」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「牧草」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「樹木等」の適用雑草に「竹類」を追加
  • 「林木、畑作物」の適用雑草に「クズ、フジ等つる類」を追加
  • 「レタス」「にんじん」「ほうれんそう」の本剤の使用回数を「2回以内」に変更
09.12.02 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「キャベツ」(アブラムシ類)の使用液量を「セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4 L)当り0.5 L」に変更
  • 「はくさい」(アブラムシ類)の使用液量を「セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4 L)当り0.5 L」に変更
  • 「ばれいしょ」の適用害虫「ナストビハムシ」を追加
  • 「えだまめ」の適用害虫「カメムシ類」を追加
  • 「だいず」の適用害虫「カメムシ類」を追加
  • 「かんきつ(苗木)」(ゴマダラカミキリ)の希釈倍数に「25倍」を追加
09.11.18 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「すいか」に適用病害「炭疽病」を追加
  • 「トマト」に適用病害「すすかび病」を追加
09.11.18 トリガード液剤 適用内容の変更
  • 「きく」「ガーベラ」(マメハモグリバエ)を「花き類・観葉植物」(マメハモグリバエ)に変更
09.11.04 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「小麦」に適用病害「黒変病」を追加
09.11.04 スプラサイド水和剤 適用拡大!
  • 「りんご」に適用害虫「リンゴワタムシ」を追加
09.10.21 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「キャベツ」(コナガ、アオムシ、ハスモンヨトウ、ヨトウムシ、ハイマダラノメイガ、タマナギンウワバ)の希釈倍数を「1000~1500倍」に変更
  • 「はくさい」(コナガ、アオムシ、ハスモンヨトウ)の希釈倍数を「1000~1500倍」に変更
  • 「だいこん」」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「ねぎ」(シロイチモジヨトウ)の希釈倍数を「1000~1500倍」に変更
  • 「トマト」に適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
  • 「ミニトマト」に適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
09.10.07 アクタラ粒剤5 適用内容の変更
  • 「稲」の登録が削除されました。
09.10.07 デジタルコラトップアクタラ箱粒剤 適用内容の変更
  • 「稲(箱育苗)」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(育苗箱への処理は1回以内、本田では2回以内)」に変更
09.10.07 デジタルメガフレア箱粒剤 適用拡大!
  • 「稲(箱育苗)」に適用害虫「ツマグロヨコバイ」を追加
  • 「稲(箱育苗)」(カメムシ類)の使用時期を「移植前3日~移植当日」に変更
09.10.07 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「みかん」に適用害虫「ヨモギエダシャク」を追加
  • 「かんきつ(みかんを除く)」に適用害虫「ヨモギエダシャク」を追加
09.09.15 アピロプロフロアブル 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期に「移植時」を追加
09.09.15 アピロトップA1キロ粒剤36 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道」および「東北」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期に「移植時」を追加
09.09.15 アピロトップ1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北陸及び関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期に「移植時」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「近畿・中国・四国、九州の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期に「移植時」を追加
09.09.15 アピロスター1 キロ粒剤 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(関東・東山・東海を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌「壌土~埴土」の使用時期に「移植時」を追加
  • 「移植水稲」の適用地帯「関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期に「移植時」を追加
09.09.15 エリジャンEW乳剤 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道」および「全域(北海道を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期に「移植時」を追加
09.09.15 ソルネット1キロ粒剤 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(近畿・中国・四国、九州を除く)の普通期及び早期栽培地帯」および「近畿・中国・四国及び九州の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期に「移植時」を追加
09.09.07 「ロック&フロー効果」で、疫病やべと病からしっかり守る。 新規殺菌剤「レーバスフロアブル」10月1日より発売開始!
09.09.02 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「おうとう」に適用病害「炭疽病」を追加
  • 「ぶどう」の使用時期「収穫45日前まで」を「収穫30日前まで」に変更
  • 作物名「オリーブ」「オリーブ(葉)」とその適用病害「炭疽病」を追加
09.09.02 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「にんじん」および「メロン」に適用病害「菌核病」を追加
  • 「すいか」に適用病害「褐色腐敗病」を追加
  • 「トマト」および「ミニトマト」に適用病害「すすかび病」を追加
  • 「ピーマン」に適用病害「炭疽病」を追加
09.08.19 アピロファインDジャンボ 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「近畿・中国・四国の普通期及び早期栽培地帯」における砂壌土の使用時期「移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」を「移植後1日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の適用雑草「クログワイ(北海道、北陸を除く)」に適用地帯「北陸」を追加し、「クログワイ(北海道を除く)」に変更
09.08.19 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「たけのこ」とその適用雑草「一年生及び多年生雑草」を追加
  • 「野菜類(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)、しょうがを除く)」を「野菜類(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)、しょうが、にんにく、たけのこを除く)」に変更
  • 「にんにく」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫3日前まで」を追加
09.07.22 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「はくさい」に適用病害「白斑病」を追加
  • 「にんにく」に適用病害「葉枯病」を追加
  • 「実えんどう」に適用病害「菌核病」、「褐紋病」を追加
  • 「だいこん」に適用病害「ワッカ症」を追加
  • 「せんぶり」とその適用病害「さび病」を追加
09.07.17 殺虫殺菌剤「デジタルメガフレア箱粒剤」発売開始!
09.07.08 サイハロン乳剤 適用拡大!
  • 「豆類(種実、ただし、らっかせいを除く)」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
09.07.02 リーズン顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「かんきつ(みかんを除く)」とその適用害虫「チャノキイロアザミウマ」、「アゲハ類」、「ミカンハモグリガ」、「ゴマダラカミキリ成虫」、「ミカンサビダニ」を追加
09.07.02 デジタルコラトップアクタラ箱粒剤 適用拡大!
  • チアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「1回」から「4回以内(育苗箱への処理は1回以内、本田での粒剤は1回以内、水和剤は2回以内)」に変更
09.07.02 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「稲」とその適用害虫「ウンカ類」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用害虫「ハモグリバエ類」、「コナジラミ類」を追加
  • 「だいこん」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「こんにゃく」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「ほうれんそう」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 作物名「リーフレタス」を「非結球レタス」に変更
  • 作物名「ししとう」および「とうがらし類(ししとうを除く)」を「とうがらし類」に変更
  • 「わけぎ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「1回」から「「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)」に変更
09.07.02 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「だいこん」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用害虫「オンシツコナジラミ」を追加
  • 「ほうれんそう」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「とうがらし類(ししとうを除く)」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「ししとう」の使用時期を「収穫7日前まで」から「収穫前日まで」に変更
  • 「非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、ケール、チンゲンサイを除く)」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫3日前まで」に変更
  • 「こまつな」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫3日前まで」に変更
  • 「チンゲンサイ」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫3日前まで」に変更
  • 「わけぎ」とその適用害虫「ネギアザミウマ」、「ネギハモグリバエ」を追加
09.05.08 トリガード液剤 適用拡大!
  • 「メロン」とその適用害虫「トマトハモグリバエ」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
  • 「チンゲンサイ」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
09.03.04 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「樹木等」の適用雑草に「クズ」、「マツヨイグサ類」を追加
  • 「林木」、「畑作物」とその適用雑草「竹類」を追加
  • 「果樹類(かんきつを除く)/一年生雑草、多年生雑草」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「水田作物(水稲を除く)」、「移植水稲」、「直播水稲」の使用時期「春期耕起5日以前(雑草生育期:草丈30cm以下)」を「耕起前(雑草生育期:草丈30cm以下)」に変更し、希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「水田作物(水田畦畔)」の使用時期を「収穫14日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下)」に統一し、さらに希釈水量を「50~100L/10a」に変更
  • 「水田作物、畑作物(休耕田)」の希釈水量を「50~100L/10a」に変更
  • 「野菜類(えだまめ、たらのき、はくさい、キャベツ、レタス、ねぎ、たまねぎ、ほうれんそう、にんじん、だいこん、はつかだいこん、アスパラガスを除く)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「アスパラガス」の適用雑草に「一年生雑草」を追加
  • 「豆類(種実、ただし、だいず、らっかせいを除く)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「だいず(不耕起栽培)」、「だいず」を作物名「だいず」に統一
  • 「ばれいしょ」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「かんしょ」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「いも類(ばれいしょ、かんしょを除く)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「レタス」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「ねぎ」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「にんじん」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「ほうれんそう」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「小麦(秋播)/多年生イネ科雑草」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • 「かんきつ/一年生雑草、多年生雑草」の希釈水量を「10~100L/10a」に変更
  • 「樹木等/一年生雑草、多年生雑草」の希釈水量を「10~100L/10a」に変更
  • 「樹木等/スギナ」の希釈水量を「25~100L/10a」に変更
  • だいこん、はつかだいこんの使用時期を「耕起又はは種7日以前(雑草生育期:草丈30cm以下)」とする
  • キャベツ、はくさいの使用時期を「耕起又は定植7日以前(雑草生育期:草丈30cm以下)」とする
  • 「えだまめ」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「たらのき」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「たまねぎ」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「麦類(大麦、小麦(秋播)を除く)」、「小麦(秋播)/一年生雑草」及び「大麦」の希釈水量の記載を「25~50L/10a」とする
09.02.18 プリグロックスL  適用拡大!
  • 「しょうが」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「野菜類(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)を除く)」を「野菜類(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)、しょうがを除く)」に変更
  • 「ばれいしょ」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫前日まで」を追加し、本剤の使用回数およびパラコートを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
  • 「豆類(種実、ただし、だいず、らっかせいを除く)」の使用時期に、「畦間処理:雑草生育期(草丈30cm以下)但し、収穫3日前まで」を追加
  • 「麦類(大麦を除く)」の使用時期に、「は種後出芽前」を追加し、「は種前又はは種後出芽前」とする
09.02.04 アクタラ粒剤5 適用内容の変更
  • 「キャベツ」の適用害虫「アブラムシ類」の使用量を「セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm・使用土壌約3~4L)当り30g」に変更
  • 「いちご」の適用害虫「アブラムシ類」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時の植穴処理は2回以内、散布は2回以内)」に変更
09.01.21 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「すいか」に適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「あんず」の適用病害「灰星病」の本剤の使用回数およびジフェノコナゾールを含む農薬の総使用回数を「3回以内」に変更
09.01.21 マッチ乳剤 適用内容の変更
  • 「だいず」の使用液量を「150~300L/10a」から「80~300L/10a」に変更
TOPへ戻る
2008
08.12.26 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「カリフラワー」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「アスパラガス」とその適用害虫「ネギアザミウマ」を追加
  • 「ばれいしょ」に適用害虫「テントウムシダマシ類」を追加
  • 「うめ」に適用害虫「カメムシ類」を追加
  • 「かんきつ(苗木)」に適用害虫「アブラムシ類」および「ゴマダラカミキリ」を追加
  • 「花き類・観葉植物」を「花き類・観葉植物(宿根アスター、トルコギキョウ、きくを除く)」に変更
08.12.17 エンセダン乳剤 適用内容の変更
  • 「茶」の使用時期を「最終摘採後」から「最終摘採後~萌芽前まで 但し、摘採60日前まで」に変更
08.12.03 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「やまのいも」とその適用病害「葉渋病」、「炭疽病」を追加
08.11.19 サイハロン乳剤 適用拡大!
  • 「小麦」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「てんさい」の適用害虫「ヨトウムシ」の希釈倍数に「750倍」を追加
08.11.19 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「だいこん」とその適用害虫「コナガ」、「アオムシ」を追加
  • 「はくさい」に適用害虫「オオタバコガ」、「ハスモンヨウ」を追加
  • 「はくさい」に適用害虫「オオタバコガ」、「ハスモンヨウ」を追加
08.11.19 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「にがうり」とその適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「ピーマン」に適用病害「黒枯病」を追加
  • 「ミニトマト」とその適用病害「疫病」、「葉かび病」、「炭疽病」、「灰色かび病」を追加
  • 「ねぎ」に適用病害「黄斑病」、「葉枯病」を追加
  • 「すいか」に適用病害「うどんこ病」を追加
08.10.08 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「麦類(大麦、小麦(秋播)を除く)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「大麦」の使用時期を「耕起7日以前(雑草生育期)」から「耕起又はは種前(雑草生育期)」に変更し、希釈水量に「少量散布」を追加
  • 「大麦」の本剤の使用回数及びグリホサートを含む農薬の総使用回数をそれぞれ「3回以内」に変更
  • 「小麦(秋播)」に適用雑草「一年生雑草」を追加
08.09.24 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「にんじん」の適用害虫「ネキリムシ類」の使用方法に「作条土壌混和」を追加
08.07.27 チェス顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「なし」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「きゅうり」に適用害虫「コナジラミ類」を追加
08.07.27 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「食用ぎく」とその適用害虫「ミカンキイロアザミウマ」を追加
  • 「モロヘイヤ」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
08.07.09 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「りんご」に適用害虫「リンゴワタムシ」を追加
  • 「りんご」の適用害虫「コナカイガラムシ類」の希釈倍数を「2000倍」から「2000倍~3000倍」に変更
  • 「かんきつ(苗木)」の適用害虫「アブラムシ類」の希釈倍数に「25倍」を追加し、使用液量の記載を整理
08.07.09 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「みかん」に適用害虫「アゲハ類」を追加
  • 「かんきつ(みかんを除く)」に適用害虫「アゲハ類」を追加
08.06.25 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • ・ 「ばれいしょ」とその適用病害「夏疫病」、「黒あざ病」を追加 ・ 「畑わさび(花及び花茎を除く)」を「畑わさび」に変更 ・ 「キャベツ」に適用病害「株腐病」を追加 ・ 「ねぎ」に適用病害「葉枯病」を追加
08.06.25 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「かんきつ(苗木)」の適用害虫「ミカンハモグリガ」の使用量を「樹当り20g」から「樹当り20~40g」に変更
08.06.25 スプラサイド水和剤 適用拡大!
  • 「かんきつ(みかんを除く)」に適用害虫「カメムシ類」を追加
  • 「みかん」に適用害虫「カメムシ類」を追加
  • 「かき」に適用害虫「カメムシ類」を追加
08.06.11 アピロトップ1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用雑草「クログワイ(関東・東山・東海、近畿・中国・四国)」に適用地帯「九州」を追加し、「クログワイ(関東・東山・東海、近畿・中国・四国、九州)」に変更
08.06.11 アピロトップLフロアブル 適用拡大!
  • 「移植水稲」に適用雑草「オモダカ」、「クログワイ」を追加
  • 「移植水稲」に使用方法「水口施用」を追加し、「原液湛水散布」から「原液湛水散布又は水口施用」に変更
08.06.11 アピロプロフロアブル 適用拡大!
  • 「移植水稲」に適用雑草「オモダカ」、「クログワイ(東北)」、「シズイ(東北)」を追加
  • 「移植水稲」に使用方法「水口施用」を追加し、「原液湛水散布」から「原液湛水散布又は水口施用」に変更
08.06.11 アピロファインDジャンボ 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用雑草「オモダカ(北海道、東北、関東・東山・東海)」に適用地帯「北陸、九州」を追加し、「オモダカ(近畿・中国・四国を除く)」に変更
  • 「移植水稲」の適用雑草「クログワイ(東北、関東・東山・東海、近畿・中国・四国)」に適用地帯「九州」を追加し、「クログワイ(北海道、北陸を除く)」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」における使用時期を「移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」から「移植後1日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「近畿・中国・四国の普通期及び早期栽培地帯」における使用時期を「移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」から「移植後1日~ノビエ3葉期(砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期) ただし、移植後30日まで」に変更
08.06.11 アピロスター1キロ粒剤 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用雑草「オモダカ(北海道、東北、関東・東山・東海)」に適用地帯「九州」を追加し、「オモダカ(北陸、近畿・中国・四国を除く)」に変更
  • 「移植水稲」の適用雑草「クログワイ(東北、関東・東山・東海、近畿・中国・四国)」に適用地帯「九州」を追加し、「クログワイ(北海道、北陸を除く)」に変更
08.06.11 リーズン顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「りんご」とその適用害虫「リンゴサビダニ」を追加
08.04.23 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「わさび」とその適用病害「白さび病」を追加
08.04.23 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「だいず」及び「だいず(不耕起栽培)」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期但し、収穫前日まで」を追加
  • 「さとうきび/圃場内の周縁部」とその適用雑草「一年生雑草」、「多年生雑草」を追加
  • 「かんきつ」の希釈水量に「50~100L/10a」及び「極少量散布10L/10a」を追加し、作物名「果樹類」を「果樹類(かんきつを除く)」と「かんきつ」に分離
  • 「アスパラガス」とその適用雑草「スギナ」を追加
  • 「はつかだいこん」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「飼料用とうもろこし」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「林木/造林地(地ごしらえ)」とその適用雑草「ススキ」、「ササ類」、「クズ等の多年生雑草」、「落葉雑かん木」を追加
  • 「樹木等」の希釈水量に「極少量散布 10L/10a」を追加
08.04.19 コダール水和剤 登録内容変更
  • 「たまねぎ」の使用時期「定植活着15日後まで(雑草発生前)又は中耕除草後(雑草発生前、収穫75日前まで)」を「定植活着15日後まで(雑草発生前)又は中耕除草後但し、収穫90日前まで(雑草発生前)」に変更
  • 全作物の適用雑草名「畑地一年生雑草」を「一年生雑草」に変更
08.03.19 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「樹木類」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
TOPへ戻る
2007
07.12.26 水稲用除草剤「アピロトップLフロアブル」発売開始!
07.12.26 アピロプロフロアブル 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」を削除
  • 「移植水稲」適用地帯「北海道、東北」の使用時期の表記を「移植直後~ノビエ3葉期(但し、砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期) ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の適用雑草「ミズガヤツリ(北海道を除く)」を「ミズガヤツリ(東北)」に変更
  • 「移植水稲」の適用雑草「ヘラオモダカ(北海道、東北)」を「ヘラオモダカ」に変更
07.12.26 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「果樹類(但し、かんきつ、うめを除く)」の使用時期を、「雑草生育期 但し、収穫30日前まで」から「雑草生育期 但し、収穫前日まで」に変更し、作物名「うめ」を果樹類に含め、作物名を「果樹類(かんきつを除く)」に変更
  • 「かんきつ」の使用時期を、「雑草生育期 但し、収穫30日前まで」から「雑草生育期 但し、収穫前日まで」に変更
  • 「豆類(種実ただし、だいず、らっかせいを除く)」を追加し、作物名「だいず」の使用時期に「は種前又は植付前」を追加
  • 「麦類(但し、大麦を除く)」「いも類(但し、ばれいしょ、かんしょ、やまのいも、さといも、こんにゃく、みずいもを除く)」を「麦類(大麦を除く)」「いも類(ばれいしょ、かんしょ、やまのいも、さといも、こんにゃく、みずいもを除く)」に変更
07.12.26 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「非結球レタス」とその適用病害「菌核病」、「灰色かび病」、「べと病」を追加
  • 「セルリー」とその適用病害「斑点病」を追加
  • 「さやいんげん」とその適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「未成熟そらまめ」とその適用病害「さび病」を追加
  • 「葉たまねぎ」とその適用病害「灰色腐敗病」、「べと病」を追加
  • 「てんさい」の適用病害「根腐病」の使用方法に「苗床灌注」を追加
  • 「てんさい」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内」を「4回以内(灌注は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「たばこ」とその適用病害「赤星病」を追加
  • 「レタス」に適用病害「べと病」を追加
  • 「さやえんどう」に適用病害「菌核病」および「褐紋病」を追加
07.12.26 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「トマト」に適用病害「灰色かび病」を追加
07.12.26 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「カリフラワー」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
07.12.17 殺虫剤「チェス顆粒水和剤」の製品情報を掲載しました。
07.11.14 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「茶」とその適用雑草「一年生及び多年生雑草」を追加
07.11.01 アミスター20フロアブル 登録内容変更
  • 「みつば」の使用時期「収穫14日前まで」を「収穫14日前まで 但し、伏せ込み栽培は伏せ込み前まで」に変更
  • 「小麦」の適用病害「うどんこ病」「赤かび病」「赤さび病」を「うどんこ病」「赤さび病」に変更
  • 「だいず」の適用病害「紫斑病」使用方法「散布」の本剤の使用回数「3回以内」を「2回以内」に変更
  • 「だいず」の適用病害「紫斑病」使用方法「無人ヘリコプターによる散布」の使用時期「収穫21日前まで」を「収穫7日前まで」に変更
  • 「だいず」の適用病害「腐敗粒」「べと病」の本剤の使用回数「3回以内」を「2回以内」に変更
  • 「だいず」のアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数「3回以内(無人ヘリ散布は2回以内)」を「2回以内」に変更
07.11.01 アファーム乳剤 登録内容変更
  • 「みつば」の使用時期「収穫7日前まで」を「収穫7日前まで 但し、伏せ込み栽培は伏せ込み前まで」に変更
07.10.17 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「メロン」に適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「すもも」とその適用病害「灰星病」を追加
  • 「あんず」とその適用病害「灰星病」を追加
  • 「かぼちゃ」とその適用病害「うどんこ病」を追加
07.10.17 サイハロン乳剤 適用拡大!
  • ・ 「たまねぎ」とその適用害虫「ネギアザミウマ」を追加 ・ 「ばれいしょ」の適用害虫「アブラムシ類」の希釈倍数に「1000倍」を追加
  • 「ばれいしょ」の適用害虫「アブラムシ類」の希釈倍数に「1000倍」を追加
07.10.13 クルーザーFS30 適用拡大!
  • 「あずき」とその適用害虫「アブラムシ類」、「タネバエ」を追加
  • 「だいず」に適用害虫「フタスジヒメハムシ」を追加
  • 「えだまめ」に適用害虫「フタスジヒメハムシ」を追加
  • 「いんげんまめ」に適用害虫「タネバエ」を追加
07.09.21 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「はくさい」に適用病害「白さび病」を追加
  • 「にんじん」に適用病害「斑点病」を追加
  • 「ピーマン」とその適用病害「斑点病」、「うどんこ病」を追加
07.09.21 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「ピーマン」とその適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「オクラ」とその適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「畑わさび(花及び花茎を除く)」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「かぶ」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「さやえんどう」とその適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「実えんどう」とその適用病害「灰色かび病」を追加
07.09.21 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「なし」の適用病害「黒星病、黒斑病、輪紋病」の希釈倍数に「1500倍」を追加し、「1000~1500倍」に変更
  • 「ネクタリン」とその適用病害「灰星病」、「黒星病」を追加
07.09.19 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「小麦」の適用病害「雪腐小粒菌核病」の使用方法に「無人ヘリコプターによる散布」および希釈倍数「8倍(800mL/10a)」を追加
  • 「小麦」の適用病害「雪腐小粒菌核病」の希釈倍数に「150倍(25L/10a)」を追加
07.09.05 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「にら」とその適用害虫「ネギアザミウマ」を追加
  • 「非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、ケールを除く)」から「チンゲンサイ」を分離
07.08.15 リーズン顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「りんご」の適用害虫「ギンモンハモグリガ」の希釈倍数を「2000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「茶」に適用害虫「ヨモギエダシャク」、「チャハマキ」および「チャノコカクモンハマキ」を追加
07.08.15 エンセダン乳剤 適用拡大!
  • 「てんさい」に適用害虫「ナミハダニ」を追加
07.08.01 アピロプロフロアブル 適用拡大!
  • 適用地帯「北海道」の使用時期を「移植直後~移植後25日(但し、砂壌土は移植後5~25日)(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで)」に変更
  • 適用地帯「東北」の適用土壌を「壌土~埴土」から「砂壌土~埴土」に変更し、使用時期を「移植直後~移植後20日(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 適用地帯「北陸、関東・東山・東海、近畿・中国・四国の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「移植直後~移植後15日(但し、砂壌土は移植後3~15日)(ノビエ2.5葉期まで)」から「移植直後~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 適用地帯「九州の普通期及び早期栽培地帯」の適用土壌を「壌土~埴土」から「砂壌土~埴土「に変更し、使用時期を「移植直後~移植後15日 (ノビエ2.5葉期まで)」から「移植直後~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「セリ」に適用地帯「北陸」を追加
  • アオミドロ・藻類による表層はく離」に適用地帯「関東・東山・東海」を追加
  • 使用時期「移植直後~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後3日~ノビエ2.5葉期ただし、移植後30日まで)」から「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」に変更
07.08.01 アピロトップ1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北陸、関東以西の普通期及び早期栽培地帯」を「北陸及び関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」および「近畿・中国・四国、九州の普通期及び早期栽培地帯」に分割
  • 「移植水稲」の適用地帯「近畿・中国・四国、九州の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)(ノビエ3葉期まで)」および「移植後20~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで(砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで)」に変更
  • 「直播水稲」の使用時期の表記を「稲1.5葉期~ノビエ3葉期まで但し、収穫90日前まで」から「稲1.5葉期~ノビエ3葉期 ただし、収穫90日前まで」に変更
07.08.01 アピロスター1キロ粒剤 適用拡大!
  • 「移植水稲」の適用地帯「北海道」の使用時期を「移植直後~移植後25日(但し、砂壌土は移植後5~25日)(ノビエ3葉期まで)」および「移植後25~30日 (移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで)」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「東北」および「近畿・中国・四国の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)又は移植後20日~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで)」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「東北」および「近畿・中国・四国の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「移植直後~移植後20「移植水稲」の適用地帯「北陸」の適用土壌を「壌土~埴土」から「砂壌土~埴土」に変更し、使用時期を「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)又は移植後20日~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで)」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)又は移植後20日~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「九州の普通期栽培地帯」の使用時期を「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)又は移植後20日~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで)」に変更
  • 「移植水稲」の適用地帯「九州の早期栽培地帯」の使用時期を「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」および「移植後20~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで)」に変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植直後~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで(砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで)」から「全域(関東・東山・東海を除く)の普通期及び早期栽培地帯」に変更
  • 「移植水稲」の使用時期「移植直後~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」から「関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」に変更
07.08.01 エリジャンジャンボ 適用拡大!
  • 適用地帯「北海道」および「全域(北海道を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期「移植直後~移植後5日(ノビエ1葉期まで)」を「移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
07.08.01 エリジャンEW乳剤 適用拡大!
  • 適用地帯「北海道」および「全域(北海道を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期「移植直後~移植後5日(ノビエの1葉期まで)」を「移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
07.08.01 ソルネット1キロ粒剤 適用拡大!
  • 適用土壌の減水深に関する記載を削除
  • 適用地帯「北海道、東北、北陸、関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」および「近畿以西の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期「植代後~移植前4日又は移植直後~移植後5日(ノビエ1葉期まで)[移植後に使用する除草剤との体系で使用]」を「植代後~移植前4日又は移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
  • 適用地帯「北海道、東北、北陸、関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯」を「全域(近畿・中国・四国、九州を除く)の普通期及び早期栽培地帯」に変更。又、適用地帯「近畿以西の普通期及び早期栽培地帯」を「近畿・中国・四国及び九州の普通期及び早期栽培地帯」に変更
07.08.01 エリジャン乳剤 適用拡大!
  • 適用土壌の減水深に関する記載を削除
  • 適用地帯「北海道」、「東北、北陸、関東以西の普通期栽培地帯及び九州の早期栽培地帯」および「関東・東山・東海の早期栽培地帯」の使用時期「移植直後~移植後5日(ノビエの1葉期まで)」を「移植直後~ノビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
  • 適用地帯「北海道」、「東北、北陸、関東以西の普通期栽培地帯及び九州の早期栽培地帯」を「全域の普通期栽培地帯及び九州の早期栽培地帯」に変更
07.08.01 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「すいか、メロン」の使用時期に「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫3日前まで」を追加
  • 「アスパラガス」の使用時期「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫3日前まで」を「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫前日まで」に変更し、適用雑草「スギナ(薬量1000~2000mL/10a)」を追加
  • 「野菜類(但し、レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)を除く)」を「野菜類(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)を除く)」に変更
07.08.01 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「おうとう」に適用病害「褐色せん孔病」を追加
  • 「いちじく」に適用病害「さび病」を追加
07.08.01 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「もも」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫前日まで」に変更
07.07.18 リドミルMZ水和剤 適用拡大!
  • 「だいず」に適用病害「茎疫病」を追加
07.07.18 アファームエクセラ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「キャベツ」に適用害虫「ハイマダラノメイガ」および「タマナギンウワバ」を追加
07.07.18 マッチ乳剤  適用拡大!
  • 「トマト」に適用害虫「コナジラミ類」および「ハモグリバエ類」を追加
  • 「ミニトマト」に適用害虫「コナジラミ類」を追加
  • 「てんさい」に適用害虫「アシグロハモグリバエ」を追加
07.06.20 シンジェンタ・ホクト粒剤  適用拡大!
  • 適用地帯「北海道」の使用時期「移植後5~25日(ノビエ3葉期まで)」を「移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
  • 適用地帯「全域(北海道を除く)の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」を「移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
  • 適用地帯の表記を「全域の普通期及び早期栽培地帯」に変更
07.06.20 シンジェンタ・ホクト1キロ粒剤  適用拡大!
  • 使用時期「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」を「移植後5日~ノビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」に変更
  • 適用土壌の表記を「砂壌土~埴土」に変更
  • 適用地帯を「全域の普通期及び早期栽培地帯」に変更
07.05.31 アクタラ顆粒水溶剤  適用拡大!
  • 「小粒核果類(うめを除く)」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
07.05.23 アピロファインDジャンボ  適用拡大!
  • 使用時期「移植後5~25日(ノビエ3葉期まで)」、「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」および「移植後5~17日(ノビエ3葉期まで)」を「移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更
  • 「北海道」、「全域(北海道、九州を除く)の普通期及び早期栽培地帯」、「九州の普通期及び早期栽培地帯」を「全域の普通期及び早期栽培地帯」に変更
07.05.23 アピロトップA1キロ粒剤36剤  適用拡大!
  • 使用時期「移植直後~移植後25日 (但し、砂壌土は移植後5~25日)(ノビエ3葉期まで)」、「移植後25~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」、「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)(ノビエ3葉期まで)」および「移植後20~30日 (移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」を「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで (但し、砂壌土は移植後5日~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで)」に変更
07.05.09 スコア顆粒水和剤  適用拡大!
  • 「マルメロ」とその適用病害「ごま色斑点病」を追加
07.05.09 アミスターオプティフロアブル  適用拡大!
  • 「トマト」とその適用病害「炭疽病」を追加
07.05.09 プリグロックスL  適用拡大!
  • 「未成熟とうもろこし」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「とうもろこし(子実)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
07.05.09 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「かんしょ」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「桑」とその適用雑草「一年生及び多年生雑草」を追加
  • 「小麦(秋播)」の適用雑草名を、「畑地多年生イネ科雑草」から「多年生イネ科雑草」に変更
  • 「だいこん、キャベツ、はくさい」の適用雑草名を、「畑地一年生雑草」から「一年生雑草」に変更
07.05.09 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「オクラ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「食用へちま」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「バナナ」とその適用害虫「バナナツヤオサゾウムシ」を追加
  • 「マンゴー」とその適用害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「アセロラ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「セージ」とその適用害虫「コナジラミ類」を追加
  • 「グアバ(果実)」とその適用害虫「バンジロウツノエグリヒメハマキ」を追加
07.04.16 新製品! 殺虫剤 「アファームエクセラ顆粒水和剤」
07.04.11 スイッチ顆粒水和剤 登録内容変更
  • 「たまねぎ」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植前は1回以内、定植後は3回以内)」に変更
07.02.21 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「いも類(但し、ばれいしょ、かんしょ、やまのいも、さといも、こんにゃく、みずいもを除く)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「かんしょ、やまのいも」の使用時期「は種前又は植付前」を「植付前」に変更
  • 「かんしょ、やまのいも」の使用時期「は種前又は植付前」を「植付前」に変更
  • 「さといも、こんにゃく」の使用時期に「植付前」を追加
  • 「樹木類」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「だいず」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
07.02.07 リドミルMZ水和剤 適用拡大!
  • 「だいず」とその適用病害「べと病」を追加
07.01.31 ガンバ水和剤 登録内容が変更になりました。
  • 作物名「みかん」の登録が削除されました。
07.01.24 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「パセリ」に適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「やまのいも(むかご)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
07.01.24 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「レタス」に適用病害「ビッグベイン病」および使用方法に「土壌灌注」を追加
07.01.24 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「チンゲンサイ」とその適用害虫「アブラムシ類」、「ハモグリバエ類」を追加
  • 「ピーマン」に適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」を追加
  • 「ブロッコリー」に適用害虫「アオムシ」、「ハイマダラノメイガ」を追加
  • 「キャベツ」の適用害虫「アブラムシ類」の使用量に「セル成型育苗トレイ(30×60cm・使用土壌約3~4L)1箱当り30g」を追加し、チアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(は種前の床土混和及び育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(粒剤の処理及び水溶剤の灌注は合計1回以内、水溶剤及び液剤の散布は合計3回以内)」に変更
  • 「レタス」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「1回」から「3回以内(粒剤の処理は1回以内、散布は2回以内)」に変更
  • 「はくさい」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(は種前の床土混和及び育苗期の株元散布は合計1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(粒剤の処理及び水溶剤の灌注は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
07.01.24 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「レタス」に適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「きゅうり」、「トルコギキョウ」の適用害虫「タバココナジラミ類(シルバーリーフコナジラミを含む)」を「コナジラミ類」に変更
  • 「なす」、「トマト」、「宿根アスター」の適用害虫「オンシツコナジラミ」を「コナジラミ類」に変更
  • 「かんきつ」の適用害虫「チャノキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
  • 「かき」の適用害虫「チャノキイロアザミウマ」、「カキクダアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
  • 「りんご」の適用害虫「クワコナカイガラムシ」を「コナカイガラムシ類」に変更
  • 「ピーマン」に適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」を追加
  • 「てんさい」に適用害虫「カメノコハムシ」と「アブラムシ類」を追加
  • 「茶」に適用害虫「ツマグロアオカスミカメ」を追加
  • 「ばれいしょ」の適用害虫「アブラムシ類」の希釈倍数に「750倍」を追加
  • 「ぶどう」の適用害虫「フタテンヒメヨコバイ」の希釈倍数を「2000~3000倍」に変更
  • 「キャベツ」の適用害虫「アブラムシ類」の使用時期に「育苗期後半」を追加し、チアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(は種前の床土混和及び育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(粒剤の処理及び水溶剤の灌注は合計1回以内、水溶剤及び液剤の散布は合計3回以内)」に変更
  • 「はくさい」の適用害虫「アブラムシ類」の使用時期に「育苗期後半」を追加し、チアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(は種前の床土混和及び育苗期の株元散布は合計1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(粒剤の処理及び水溶剤の灌注は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
TOPへ戻る
2006
06.12.27 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「やまのいも」とその適用害虫「タネバエ」を追加
  • 「やまのいも(むかご)」とその適用害虫「タネバエ」を追加
06.11.29 アピロプロフロアブル 適用拡大!
  • 適用地帯「北海道」における使用時期「移植後5~25日(ノビエ3葉期まで)」を「移植直後~移植後25日(但し、砂壌土は移植後5~25日)(ノビエ3葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「北海道」における適用土壌「壌土~埴土」を「砂壌土~埴土」に変更
  • 適用地帯「東北」における使用時期「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」を「移植直後~移植後20日(ノビエ3葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「北陸、関東・東山・東海、近畿・中国・四国、九州の普通期及び早期栽培地帯」を追加
  • ピリフタリドを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
06.11.29 アピロファインDジャンボ 適用拡大!
  • 適用雑草名に「オモダカ(北海道、東北、関東・東山・東海)」および「クログワイ(東北、関東・東山・東海、近畿・中国・四国)」を追加
  • 適用雑草名「アオミドロ・藻類による表層はく離(北陸を除く)」を「アオミドロ・藻類による表層はく離」に変更
  • 適用土壌を全域で「砂壌土~埴土」に変更
  • ピリフタリドを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
  • 適用地帯「東北」「北陸、関東・東山・東海、近畿・中国・四国の普通期及び早期栽培地帯」をまとめて「全域(北海道、九州を除く)の普通期及び早期栽培地帯」に変更
06.11.29 アピロトップA1キロ粒剤36 適用拡大!
  • ピリフタリドを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
06.11.29 アピロトップ1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 「直播水稲」とその適用雑草「水田一年生雑草、マツバイ、ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ、ヒルムシロ、セリ」を追加
  • ピリフタリドを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
06.11.29 アピロスター1キロ粒剤 適用拡大!
  • 「直播水稲」とその適用雑草「水田一年生雑草、マツバイ、ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ」を追加
  • ピリフタリドを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内」に変更
06.11.29 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「はくさい、ブロッコリー、レタス、たまねぎ、ねぎ、にんじん」の使用時期「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫30日前まで」を「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫3日前まで」に変更
  • 「なす」の使用時期「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫14日前まで」を「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫3日前まで」に変更
06.11.29 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「大麦」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「水田作物(水田畦畔)」の適用雑草に「スギナ(薬量1500~2000mL/10a)」を追加
  • 「直播水稲」の使用時期に「は種14日前~出芽前(雑草生育期)(乾田不耕起栽培)」を追加
  • 「だいず」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「樹木等」の適用雑草に「ササ類」を追加
06.11.15 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「葉ごぼう」とその適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「こおにたびらこ」とその適用病害「菌核病」を追加
  • 「ははこぐさ」とその適用病害「菌核病」を追加
06.11.15 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「たまねぎ」の適用病害「灰色腐敗病」に使用方法「5分間セル苗浸漬」を追加、フルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「4回以内(苗根部浸漬は1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(定植前は1回以内、定植後は3回以内)」に変更
  • 「さやえんどう」に適用病害「菌核病」を追加
  • 「豆類(未成熟、ただし、えだまめ、さやいんげんを除く)」を「豆類(未成熟、ただし、えだまめ、さやいんげん、さやえんどうを除く)」に変更
06.11.01 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「だいこん」とその適用病害「白さび病」を追加
06.11.01 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「れんこん」とその適用害虫「クワイクビレアブラムシ」を追加
06.11.01 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「チューリップ/ウイルス罹病株の枯殺」を追加
06.11.01 ゲザノンフロアブル 適用拡大!
  • 「うど」とその適用雑草「畑地一年生雑草」を追加
06.11.01 トリガード液剤 適用拡大!
  • 「食用ぎく」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
  • 「きく葉」を「きく(葉)」に変更し、適用害虫名「マメハモグリバエ」を「ハモグリバエ類」に変更
06.11.01 アミスター20フロアブル 登録内容が変更になりました。
  • 作物名「非結球レタス」の登録が削除されました。
06.10.25 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「だいこん」とその適用病害「白さび病」を追加
06.10.25 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「れんこん」とその適用害虫「クワイクビレアブラムシ」を追加
06.10.25 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「チューリップ/ウイルス罹病株の枯殺」を追加
06.10.25 ゲザノンフロアブル 適用拡大!
  • 「うど」とその適用雑草「畑地一年生雑草」を追加
06.10.25 トリガード液剤 適用拡大!
  • 「食用ぎく」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
  • 「きく葉」を「きく(葉)」に変更し、適用害虫名「マメハモグリバエ」を「ハモグリバエ類」に変更
06.10.18 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「にんにく」とその適用病害「さび病」を追加
  • 「ねぎ」に適用病害「黒斑病」を追加
  • 「きゅうり」に適用病害「灰色かび病」、「菌核病」および「黒星病」を追加
  • 「なす」に適用病害「褐色腐敗病」および「黒枯病」を追加
  • 「きゅうり」、「かぼちゃ」、「メロン」、「すいか」、「トマト」、「なす」、「はくさい」、「にんじん」、「たまねぎ」、「ねぎ」および「にんにく」の使用液量を「200~400L/10a」から「100L/10a」に変更
06.10.18 スプラサイド水和剤 適用拡大!
  • 「うめ」とその適用害虫「ウメシロカイガラムシ」を追加
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」を「花き類・観葉植物」に変更
  • 「みかん」のDMTPを含む農薬の総使用回数を「4回以内(50~100倍希釈散布は2回以内)」に変更
  • 「もも」のDMTPを含む農薬の総使用回数を「4回以内(100~200倍希釈散布は2回以内)」に変更
  • 「ぶどう」のDMTPを含む農薬の総使用回数を「2回以内(休眠期は1回以内)」に変更
06.10.18 エリジャンジャンボ 適用拡大!
  • 適用地帯「九州の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期「植代後~移植前4日又は移植直後~移植後5日但し、砂壌土は植代後~移植前4日又は移植後1~5日(ノビエ1葉期まで)」を「植代後~移植前4日又は移植直後~移植後5日(ノビエ1葉期まで)」に変更
06.10.18 クルーザーFS30 適用拡大!
  • 「だいず」、「えだまめ」に適用害虫「タネバエ」、「ネキリムシ類」を追加
  • 「いんげんまめ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「えだまめ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(は種後は2回以内)」から「3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)」に変更
  • 「だいず」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「1回」から「3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)」に変更
06.10.11 アクタラ顆粒水溶剤 登録内容が変更になりました。
  • 「いんげんまめ」の使用時期を「収穫3日前まで」から「収穫7日前まで」に変更
  • 「いんげんまめ」の本剤の使用回数を「3回以内」から「2回以内」に変更
  • 「いんげんまめ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)」に変更
06.10.04 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「だいず」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
06.10.04 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「だいず」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
06.10.04 フォリオブラボ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「らっきょう」とその適用病害「白色疫病」を追加
  • 「ねぎ」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「なす」とその適用病害「褐色腐敗病」を追加
  • 「すいか」に適用病害「褐色腐敗病」を追加
  • 「はくさい」に適用病害「べと病」を追加
06.10.04 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「だいこん」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「レタス」に適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「たまねぎ」に適用病害「べと病」を追加
  • 「あずき」とその適用病害「炭疽病」を追加
  • 「いんげんまめ」とその適用病害「炭疽病」を追加
  • 「アスパラガス」に適用病害「褐斑病」を追加
  • 「だいず」に適用病害「腐敗粒」および「べと病」を追加
  • 「はくさい」に適用病害「白さび病」を追加
  • 「わけぎ」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫7日前まで」に変更
  • 「あさつき」の使用時期を「収穫14日前まで」から「収穫3日前まで」に変更
06.09.20 リーズン顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「みかん」の適用害虫「チャノキイロアザミウマ、アゲハ類、ミカンハモグリガ、ミカンサビダニ」の希釈倍数を「2000~3000倍」に変更
  • 「りんご」の適用害虫「キンモンホソガ、アブラムシ類」の希釈倍数を「2000~3000倍」に変更
06.09.20 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「いちご」とその適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「きゅうり」とその適用病害「うどんこ病」を追加
06.09.20 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「いちご」とその適用病害「炭疽病」を追加
06.09.20 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「ばら」「カーネーション」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
06.09.06 リドミルMZ水和剤 適用拡大!
  • 「あずき」とその適用病害「茎疫病」を追加
06.08.30 リドミル粒剤2 適用拡大!
  • 「かぶ」の使用時期を「は種時」に変更
  • 「かぶ」のメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「2回以内(種子粉衣は1回以内、土壌混和は1回以内)」に変更
  • 「花き類・観葉植物」および「セントポーリア」のメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「4回以内(但し生育期は3回以内)」に変更
06.08.16 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「いちご、すいか、メロン/定植前、は種前又は植付前」を「野菜類(但し、レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うどを除く)/は種前又は植付前」に変更
  • 適用場所「休耕田」の本剤、ジクワットおよびパラコートの総使用回数を各々「2回以内」から「4回以内」に変更
  • 適用場所「水田畦畔」の本剤、ジクワットおよびパラコートの総使用回数を各々「3回以内」から「5回以内」に変更
06.08.16 リドミル粒剤2 適用拡大!
  • 「だいこん」とその適用病害「白さび病」を追加
06.07.31 リドミル粒剤2 適用拡大!
  • 「みずな」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「ほうれんそう」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「くわい」とその適用病害「茎腐病」を追加
06.07.31 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「クレソン」とその適用病害「斑点病」を追加
06.07.31 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「マンゴー」とその適用病害「炭疽病」を追加
06.07.31 リドミルMZ水和剤 適用拡大!
  • 「パッションフルーツ」とその適用病害「疫病」を追加
  • ばれいしょのマンゼブを含む農薬の総使用回数を「7回以内」から「10回以内(無人ヘリ散布は3回以内)」に変更
  • 大粒種ぶどうのマンゼブを含む農薬の総使用回数を「2回以内(但し開花後1回)」から「2回以内(開花後は1回以内)」に変更
  • たまねぎ、はくさい、キャベツ、ねぎ、きゅうり、メロン、らっきょう、わさびだいこん、すいかのメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「4回以内但し生育期は3回以内」から「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • トマトのメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「5回以内但し生育期は4回以内」から「5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)」に変更
  • いちごのメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「5回以内但し生育期は4回以内」から「5回以内(種子粉衣は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」に変更
06.07.31 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「葉しょうが」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
06.07.31 コダール水和剤 適用拡大!
  • 「べにばないんげん」とその適用雑草「畑地一年生雑草」を追加
06.07.31 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「モロヘイヤ」とその適用害虫「ネギアザミウマ」を追加
  • 「トマト」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「ねぎ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、散布は3回以内)」から「4回以内(は種時及び植付時の作条混和は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
06.07.19 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「ふき」とその適用病害「灰色かび病」を追加
06.07.19 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「しそ」とその適用病害「斑点病」を追加
  • 「せり」とその適用病害「葉枯病」を追加
06.07.19 リドミル粒剤2 適用拡大!
  • 「チンゲンサイ」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「かぶ」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「タアサイ」とその適用病害「白さび病」を追加
06.07.19 リドミルMZ水和剤 適用拡大!
  • 「ブロッコリー」とその適用病害「べと病」を追加
06.07.19 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「びわ」とその適用病害「炭疽病」を追加
  • 「なし」に適用病害「炭疽病」を追加
  • 「うめ」とその適用病害「黒星病」を追加
06.07.19 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「りんご」の適用病害「モニリア病」に希釈倍数「2000倍」を追加
06.07.19 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「きゅうり」の「TPNを含む農薬の総使用回数」を「10回以内(土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内)」に変更
  • 「はくさい」の「TPNを含む農薬の総使用回数」を「3回以内(は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布は2回以内)」に変更
  • 「はくさい」の「使用時期」を「収穫14日前」から「収穫7日前まで」に変更
06.07.19 フォリオブラボ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「きゅうり」の「TPNを含む農薬の総使用回数」を「10回以内(土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内)」に変更
  • 「はくさい」の「TPNを含む農薬の総使用回数」を「3回以内(は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布は2回以内)」に変更
06.07.19 デュアール乳剤 適用拡大!
  • 「てんさい(直播栽培)」とその適用雑草「畑地一年生イネ科雑草」を追加
  • 「てんさい(移植栽培)」の適用地帯を「北海道」から「全域」に変更
06.07.19 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「ふき」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「みょうが(花穂)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「みょうが(茎葉)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「うど」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「たばこ」の本剤の使用回数、ジクワットを含む農薬の総使用回数及びパラコートを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「1回」に変更
  • 「水田作物、畑作物(休耕田)」のジクワットを含む農薬の総使用回数を「-」から「2回以内」に変更
06.07.19 トリガード液剤 適用拡大!
  • 「かぼちゃ」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
  • 「とうがん」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
06.07.19 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「にんじん」とその適用害虫「マメハモグリバエ」を追加
  • 「みょうが(花穂)」とその適用害虫「ハダニ類」を追加
  • 「みょうが(茎葉)」とその適用害虫「ハダニ類」を追加
  • 「エンサイ」とその適用害虫「ハンモンヨトウ」を追加
  • 「メキャベツ」とその適用害虫「ハンモンヨトウ」を追加
  • 「すいぜんじな」の使用時期を変更
  • 「トマト」「ミニトマト」の本剤の使用回数及びエマメクチン安息香酸塩を含む農薬の総使用回数を「5回以内」に変更
06.06.21 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「だいず(不耕起栽培)」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「水田作物(水田刈跡)」とその適用雑草「一年生雑草」と「多年生雑草」を追加
  • 「果樹類」とその適用雑草「スギナ」を追加
  • 「小麦(秋播)」の希釈水量に「通常散布50~100L/10a」を追加
06.06.07 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、ケールを除く)」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「うこぎ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「エンサイ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「みょうが(花穂)」とその適用害虫「コナカイガラムシ類」及び「みょうが(茎葉)」とその適用害虫「コナカイガラムシ類」を追加
  • 「にがうり」とその適用害虫「ワタアブラムシ」を追加
  • 「ししとう」とその適用害虫「コナカイガラムシ類、マメハモグリバエ、アブラムシ類」を追加
  • 「おうとう」の適用害虫「ショウジョウバエ」を「オウトウショウジョウバエ」に変更
06.06.07 アミスター20フロアブル 適用拡大!
  • 「大山そだち」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「さがみグリーン」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「こまつな」とその適用病害「白さび病」を追加
  • 「エンダイブ」とその適用病害「菌核病」を追加
  • 「らっきょう」とその適用病害「さび病」を追加
  • 「パセリ」とその適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「みつば」とその適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「みょうが(花穂)」とその適用病害「紋枯病」を追加
  • 「みょうが(茎葉)」とその適用病害「紋枯病」を追加
  • 小麦の本剤の使用回数を「4回以内(但し、散布は3回以内)」から「1回」に変更
  • 小麦、だいず及びいちごのアゾキシストロビンを含む農薬の総使用回数を変更
06.06.07 スプラサイド乳剤40 適用拡大!
  • 「マンゴー」とその適用害虫「チャノキイロアザミウマ」を追加
  • 「花き類(草本植物)観葉植物」を「花き類・観葉植物」に変更
  • 「樹木類(大本植物)」を「樹木類」に変更
06.06.07 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「小麦」に適用病害「黄斑病」を追加
06.04.19 リドミル粒剤2 適用拡大!
  • 「葉しょうが」とその適用病害「根茎腐敗病」を追加
  • 「せり」とその適用病害「葉腐病」を追加
  • 「こまつな」とその適用病害「白さび病」を追加
06.04.19 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「トレビス」とその適用害虫「オオタバコガ」を追加
  • 「非結球メキャベツ」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「しそ(穂しそ)」を「しそ(花穂)」に変更
  • 「きく葉」を「きく(葉)」に変更
06.04.05 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「パセリ」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
06.04.05 デュアール乳剤 適用拡大!
  • 「かぶ」とその適用雑草「畑地一年生雑草」を追加
  • 「かんしょ」及び「てんさい(移植栽培)」の使用時期表記を変更
06.04.05 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「リーフレタス」とその適用害虫「アブラムシ類」「ナモグリバエ」を追加
06.03.08 スコア顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「茶」に適用病害「網もち病」を追加
  • 「かき」の適用病害「うどんこ病」を追加
06.03.08 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「いちじく」に適用病害「疫病」を追加
06.03.08 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「ばれいしょ」の使用時期を「萌芽直前 但し、収穫90日前まで」から「萌芽直前」に変更
  • 「アスパラガス」の使用時期を「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫30日前まで」から「畦間処理:雑草生育期 但し、収穫3日前まで」に変更
06.03.08 タッチダウンiQ 適用拡大!
  • 「樹木等」の適用雑草に「ヒレハリソウ、ススキ(薬量1000~2000ml/10a)」を追加
  • 「水田作物」を「水田作物(水稲を除く)」、「移植水稲」、「直播水稲」に分け、グリホサートを含む農薬の総使用回数を変更
  • 「水田作物」を「水田作物(水稲を除く)」、「移植水稲」、「直播水稲」に分け、グリホサートを含む農薬の総使用回数を変更
06.02.08 リーズン顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「みかん」に適用害虫「ミカンサビダニ」を追加
06.01.30 水稲用除草剤 アピロプロフロアブル。北海道、東北で新発売!
06.01.25 ゲザプリムフロアブル 適用拡大!
  • 「はとむぎ」とその適用雑草「畑地一年生雑草」を追加
06.01.25 セイビアーフロアブル20 適用内容が変更となりました。 適用内容をご確認ください。
06.01.16 新製品!クルーザーFS30 技術情報を掲載しました。
TOPへ戻る
2005
05.12.27 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「トマト」の適用害虫「コナジラミ類」の使用時期に「育苗期後半」を追加
  • 「キャベツ」の適用害虫「ハイマダラノメイガ」の使用時期に「育苗期後半」を追加
  • 「キャベツ」の適用害虫「アブラムシ類」の使用時期に「定植時」を追加
  • 「ブロッコリー」とその適用害虫「コナガ」を追加
  • 「かんしょ」の適用害虫「アブラムシ類」の使用時期に「育苗期」を追加
  • 「ねぎ」の適用害虫「ネギハモグリバエ」の使用量を「6kg/10a」から「6~9kg/10a」に変更
  • 「ねぎ」の適用害虫「ネギアザミウマ」の使用時期に「は種時」を追加
  • 「かんきつ(苗圃)」を「かんきつ(苗木)」に変更
  • 「きゅうり」、「すいか」、「メロン」、「ピーマン」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時は3回以内)」から「4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「なす」、「トマト」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時は3回以内)」から「4回以内(育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「キャベツ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時は3回以内)」から「4回以内(は種前の庄土混和及び育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「はくさい」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時は3回以内)」から「4回以内(は種前の床土混和及び育苗期の株元散布は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「ばれいしょ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(植付後は3回以内)」から「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)」に変更
  • 「ねぎ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時は3回以内)」から「4回以内(は種時及び植付時の作条混和は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「花き類(草本植物・観葉植物)」を「花き類・観葉植物」に変更
  • 「セルリー」とその適用害虫「ナモグリバエ」を追加
  • 「かんきつ(苗木)」に適用害虫「ミカンキジラミ」を追加
  • 「とうがらし類」から「ししとう」を分離し、「とうがらし類(ししとうを除く)」に変更
  • 「ししとう」に適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「こまつな」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「1回」から「3回以内(は種時の作条混和は1回以内、は種後は2回以内)」に変更
05.12.27 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「豆類(未成熟、ただし、えだまめ、さやいんげんを除く)」とその適用病害「灰色かび病」を追加
  • 「えだまめ」とその適用病害「赤かび病」を追加
05.12.01 新発売!クルーザーFS30 種子処理で大豆のアブラムシを防除
05.11.16 タッチダウンiQ 適用拡大!
05.11.02 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「もも」の適用害虫「モモハモグリガ」の希釈倍数を「2000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「りんご」の適用害虫「キンモンホソガ」の希釈倍数を「2000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「茶」に適用害虫「コミカンアブラムシ」を追加
  • 「ばれいしょ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、植付後は3回以内)」に変更
  • 「ブロッコリー」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「4回以内(育苗期の株元散布は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「かんきつ(苗木)」とその適用害虫「ミカンハモグリガ」を追加
  • 「きゅうり」「すいか」「メロン」「トマト」「ピーマン」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植後は3回以内)」から「4回以内(定植時の植穴処理は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「なす」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植後は3回以内)」から「4回以内(育苗期の株元散布及び定植時の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「キャベツ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植後は3回以内)」から「4回以内(は種前の床土混和及び育苗期の株元散布及び定植期の植穴処理は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「はくさい」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植後は3回以内)」から「4回以内(は種前の床土混和及び育苗期の株元散布は合計1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「えだまめ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内(は種後は2回以内)」から「3回以内(は種前の塗沫処理は1回以内、は種後は2回以内)」に変更
  • 「ねぎ」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植後は3回以内)」から「4回以内(植付時の作条混和は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」を「花き類・観葉植物」に変更
05.11.02 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「にんじん」とその適用病害「黒葉枯病」を追加
  • 「ねぎ」とその適用病害「べと病」及び「さび病」を追加
05.11.02 スイッチ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「たまねぎ」とその適用病害「灰色かび病」を追加
05.11.02 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「かんきつ」に適用雑草「ツユクサ」を追加
  • 作物名又は適用場所「水田(休耕田)」を適用場所「休耕田」に変更し、作物名「水田作物、畑作物(休耕田)」を追加し、本剤の使用回数及びパラコートを含む農薬の総使用回数を「2回以内」に変更
  • 作物名又は適用場所「水田(畦畔)」を適用場所「水田畦畔」に変更し、作物名「水田作物(水田畦畔)」を追加
  • 作物名又は適用場所「公園、堤とう等」に作物名「樹木等」を追加し、使用方法「雑草茎葉散布」を「植栽地を除く樹木等の周辺地に雑草茎葉散布」に変更
  • 「果樹類」を「果樹類(但し、かんきつ、うめを除く)」に変更
  • 「ばれいしょ」の薬量の記載方法を変更
  • 「こんにゃく」の使用時期の記載方法を変更
  • 使用時期の収穫前日数に付した( )をはずす
05.10.09 新発売! 新製品除草剤 タッチダウンiQ
05.10.05 フォリオブラボ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「かぼちゃ」とその適用病害「べと病」を追加
  • 「はくさい」とその適用病害「白さび病」および「ピシウム腐敗病」を追加
  • 「メロン」に適用病害「うどんこ病」を追加
  • 「きゅうり」、「メロン」、「すいか」および「たまねぎ」のメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • 「トマト」のメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「4回以内」から「5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)」に変更
  • 「きゅうり」のTPNを含む農薬の総使用回数を「4回以内(土壌灌注は2回以内)」から「4回以内(土壌灌注は2回以内、エアゾル剤の噴射は3回以内)」に変更
05.09.22 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「ブロッコリー」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
05.09.21 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「小麦」の適用病害「赤さび病」の希釈倍数に「250~500倍(25L/10a)」を追加
  • 「小麦」の本剤の使用回数を、使用時期「根雪前」については「2回以内」、その他は「3回以内」に変更
05.09.21 アピロスター1キロ粒剤 適用拡大!
  • 適用地帯「北海道」の使用時期を「移植後5~25日(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~移植後25日(但し、砂壌土は移植後5~25日)(ノビエ3葉期まで)」及び「移植後25~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「関東以西の普通期及び早期栽培地帯」を「関東以西の普通期及び関東・東山・東海、近畿・中国・四国の早期栽培地帯」と「九州の早期栽培地帯」に分割
  • 適用地帯「東北、北陸、関東以西の普通期及び関東・東山・東海、近畿・中国・四国の早期栽培地帯」の使用時期を「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)(ノビエ3葉期まで)又は移植後20~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「東北、北陸、関東以西の普通期及び関東・東山・東適用地帯「九州の早期栽培地帯」の使用時期を「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」から「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」及び「移植後20~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」に変更
05.09.21 アピロトップA1キロ粒剤36 適用拡大!
  • 適用雑草名に「オモダカ」、「クログワイ(東北)」及び「シズイ(東北)」を追加
  • 適用地帯「北海道」の使用時期を「移植後5~25日(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~移植後25日(但し、砂壌土は移植後5~25日)(ノビエ3葉期まで)」及び「移植後25~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「東北」の使用時期を「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」から「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)(ノビエ3葉期まで)」及び「移植後20~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」に変更
  • 使用方法を「湛水散布」から「湛水散布又は無人ヘリコプターによる散布」に変更
05.09.21 アピロトップ1キロ粒剤51 適用拡大!
  • 適用雑草名に「オモダカ(関東・東山・東海、九州)」及び「クログワイ(関東・東山・東海、近畿・中国・四国)」を追加
  • 適用雑草名「アオミドロ・藻類による表層はく離(北陸を除く)」を「アオミドロ・藻類による表層はく離」に変更
  • 使用時期「移植後5~20日(ノビエ3葉期まで)」を「移植直後~移植後20日(但し、砂壌土は移植後5~20日)(ノビエ3葉期まで)」及び「移植後20~30日(移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用)(ノビエ3葉期まで)」に変更
  • 使用方法を「湛水散布」から「湛水散布又は無人ヘリコプターによる散布」に変更
  • 適用地帯を「全域(北海道、東北を除く)の普通期及び早期栽培地帯」から「北陸、関東以西の普通期及び早期栽培地帯」に変更
05.09.20 まもなく発売! 新製品除草剤『タッチダウンiQ』
05.08.17 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「メロン」の適用害虫「トマトハモグリバエ」を「ハモグリバエ類」に変更
  • 「なす」の適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」を「花き類・観葉植物」に変更
05.08.17 アミスターオプティフロアブル 適用拡大!
  • 「たまねぎ」に適用病害「べと病」を追加
  • 「かぼちゃ」に適用病害「べと病」を追加
  • 「はくさい」に適用病害「白斑病」および「黒斑病」を追加
  • 「きゅうり」のTPNを含む農薬の総使用回数を「4回以内(土壌灌注は2回以内)」から「4回以内(土壌灌注は2回以内、エアゾル剤の噴射は3回以内)」に変更
  • 「はくさい」のTPNを含む農薬の総使用回数を「2回以内」から「2回以内(は種又は定植前の土壌混和は1回以内)」に変更
05.08.17 セイビアーフロアブル20 適用拡大!
  • 「キャベツ」に適用病害「株腐病」を追加
  • 「きゅうり」、「トマト」、「ミニトマト」および「なす」の使用液量を「200~300L/10a」から「100~300L/10a」に変更
  • 「トマト」および「ミニトマト」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「4回以内」から「4回以内(種子粉衣は1回以内、散布は3回以内)」に変更
  • 「たまねぎ」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「4回以内(但し定植後は3回以内)」から「4回以内(苗根部浸漬は1回以内、散布は3回以内)」とし、本剤の使用回数を「4回以内(但し定植後は3回以内)」を使用時期「収穫前日まで」については「3回以内」、「定植直前」については「1回」に変更
  • 「キャベツ」のフルジオキソニルを含む農薬の総使用回数を「3回以内」から「3回以内(種子粉衣は1回以内)」に変更
05.08.17 エリジャンEW乳剤 適用拡大!
  • 使用方法「湛水散布」を「湛水散布又は水口施用」に変更
05.08.17 エリジャンジャンボ 適用拡大!
  • 適用地帯「北海道」の使用時期を「移植直後~移植後5日但し、砂壌土は移植後1~5日(ノビエ1葉期まで)」から「移植直後~移植後5日(ノビエ1葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「東北」の使用時期を「植代後~移植前4日又は移植後1~5日(ノビエ1葉期まで)」から「植代後~移植前4日又は移植直後~移植後5日(ノビエ1葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「近畿・中国・四国の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「植代後~移植前4日又は移植直後~移植後5日但し、砂壌土は植代後~移植前4日又は移植後1~5日(ノビエ1葉期まで)」から「植代後~移植前4日又は移植直後~移植後5日(ノビエ1葉期まで)」に変更
  • 適用地帯「九州の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「植代後~移植前4日又は移植後1~5日(ノビエ1葉期まで)」から「植代後~移植前4日又は移植直後~移植後5日但し、砂壌土は植代後~移植前4日又は移植後1~5日(ノビエ1葉期まで)」に変更
05.08.04 アピロファインDジャンボ 適用拡大!
  • 適用雑草「シズイ(東北)」を追加
  • 適用雑草「アオミドロ・藻類による表層はく離(北陸、関東・東山・東海を除く)」を「アオミドロ・藻類による表層はく離(北陸を除く)」に変更
  • 適用地帯「東北を除く全域」の適用土壌を「壌土~埴土」から「砂壌土~埴土」に変更
  • 適用地帯「関東以西の早期栽培地帯」を追加
05.06.22 リドミル粒剤2 適用拡大!
  • 「ししとう」を追加
  • 「稲」のメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種もみ粉衣は1回以内、移植前の土壌混和は1回以内、育苗箱への灌注は1回以内、本田では2回以内)」に変更
  • 「いちご」のメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「5回以内(種子紛衣は1回以内、育苗期は3回以内、定植時の土壌混和は1回以内)」に変更
  • 「ピーマン」及び「パセリ」のメタラキシルを含む農薬の総使用回数を「4回以内(種子紛衣は1回以内、は種後は3回以内)」に変更
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」を「花き類・観葉植物」に変更
05.04.20 チルト乳剤25 適用拡大!
  • 「大麦」の適用病害「赤かび病」の使用方法に「無人ヘリコプターによる散布」を追加
05.03.30 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「かんきつ(みかんを除く)」を追加
  • 「ミニトマト」を追加
  • 「みかん」の適用害虫「チャノキイロアザミウマ」、「ミカンハモグリガ」及び「ミカンサビダニ」の希釈倍数を「2000~3000倍」に変更
  • 「キャベツ」の適用害虫「ヨトウムシ」の希釈倍数を「3000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「はくさい」の適用害虫「アオムシ」の希釈倍数を「3000倍」から「2000~3000倍」に変更
  • 「かんしょ」の適用害虫「ハスモンヨトウ」及び「ナカジロシタバ」の希釈倍数を「3000倍」から「2000~3000倍」に変更
05.03.24 近日発売!リーズン顆粒水和剤 りんご、みかん、お茶に使用できます。
05.03.09 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「パセリ」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「レタス」及び「非結球レタス」の適用害虫「ナモグリバエ」の希釈倍数を「2000倍」から「1000~2000倍」に変更
  • 「チンゲンサイ」の適用害虫「アオムシ」の希釈倍数を「2000倍」から「1000~2000倍」に変更
  • 「みかん」の適用害虫「チャノキイロアザミウマ」、「ミカンキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更し、希釈倍数を「1000~2000倍」に変更
05.03.08 新登場!アピロファインDジャンボ -ノビエ3葉期まで使えます-
05.02.24 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「さといも」「たばこ」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「大麦」の使用時期に「は種後出芽前」を追加
  • 「麦類」を「麦類(但し、大麦は除く)」に変更
05.02.23 アファーム乳剤 適用拡大!
  • 「豆類(未成熟、ただし、さやいんげんを除く)」とその適用害虫「ハモグリバエ類」を追加
  • 「さやえんどう」とその適用害虫「ハスモンヨトウ」を追加
  • 「しそ」に適用害虫「カンザワハダニ」を追加
  • 「とうもろこし(子実)」とその適用害虫「オオタバコガ」「ヨトウムシ」を追加
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」に適用害虫「ミカンキイロアザミウマ」を追加
  • 「みかん」「茶」以外の作物に対する使用液量を「100~300L/10a」に変更
TOPへ戻る
2004
04.12.22 マッチ乳剤 適用拡大!
  • 「てんさい」の適用害虫「ヨトウムシ」の希釈倍数に「750倍」を追加
04.12.22 プリグロックスL 適用拡大!
  • 「直播水稲」とその適用雑草「一年生雑草」を追加
  • 「公園、庭園、堤とう、駐車場、宅地、のり面等」に「道路」を追加
  • 「水稲」を「移植水稲」に変更
  • 「水稲(畦畔)」を「水田(畦畔)」に変更
  • 「うめ」の使用時期を「雑草生育期(但し、収穫30日前まで)」から「雑草生育期(但し、収穫前日まで)」に変更
04.12.22 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「トマト」の適用害虫「ハモグリバエ類」の使用量を「株当り1g」から「株当り1~2g」に変更
04.11.26 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「なす」の適用害虫「オンシツコナジラミ」を「コナジラミ類」に変更
04.11.02 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「かんきつ」に適用害虫「ミカンキジラミ」を追加
04.09.22 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「メロン」の適用害虫「トマトハモグリバエ」を「ハモグリバエ類」に変更
  • 「きゅうり」の適用害虫「タバココナジラミ」を「コナジラミ類」に変更
  • 「つつじ」及び「さつき」の適用害虫「ツツジグンバイ(生育期株元散布)」の処理薬量を「6~9kg/10a」に変更
  • 「つつじ」及び「さつき」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「5回以内」に変更
  • 「かんきつ(苗圃)」のチアメトキサムを含む農薬の総使用回数を「3回以内」に変更
04.09.08 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「えだまめ」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「ブロッコリー」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「おうとう」とその適用害虫「ショウジョウバエ」「カメムシ類」を追加
  • 「いちじく」とその適用害虫「アザミウマ類」を追加
  • 「なし」の使用時期を「収穫前日まで」に変更
  • 「すいか」に適用害虫「ミナミキイロアザミウマ」を追加
  • 「茶」の適用害虫「チャノミドリヒメヨコバイ」の希釈倍数を「3000倍」から「2000~3000倍」に変更
04.09.08 アミスター10フロアブル 適用拡大!
  • 「いちじく」とその適用病害「そうか病」を追加
  • 「すもも」とその適用病害「灰星病」「すす点病」を追加
04.08.16 アクタラ粒剤5 適用拡大!
  • 「さといも」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「こまつな」とその適用害虫「アブラムシ類」を追加
  • 「レタス」の適用害虫「ナモグリバエ」に使用方法「床土混和」を追加
  • 「キャベツ」「はくさい」の適用害虫「コナガ」に使用方法「床土混和」を追加
  • 「はくさい」の適用害虫「アブラムシ類」の使用量を「2g/株」から「1~2g/株」に変更
04.08.16 アクタラ顆粒水溶剤 適用拡大!
  • 「りんご」に適用害虫「カメムシ類」を追加
  • 「ぶどう」に適用害虫「フタテンヒメヨコバイ」を追加
  • 「てんさい」の適用害虫「テンサイトビハムシ」の希釈倍数「50~100倍」を「50~200倍」に変更
  • 「てんさい」の適用害虫「テンサイモグリハナバエ」の希釈倍数「100倍」を「100~200倍」に変更
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」の適用害虫「ミカンキイロアザミウマ」を追加
  • 「きく」の適用害虫「ミカンキイロアザミウマ」及び「ウスモンミドリカスミカメ」に「灌水チューブを用いた灌注処理」を追加
  • 「花き類(草本植物)・観葉植物」の適用害虫「ハモグリバエ類」及び「宿根アスター」「トルコギキョウ」の使用液量を「100~300L/10a」に、使用時期を「発生初期」に変更
04.08.16 フォース粒剤 適用拡大!
  • 「にんじん」とその適用害虫「ネキリムシ類」を追加
  • 「うめ」とその適用害虫「アカマダラケシキスイ」を追加
04.08.04 フォリオブラボ顆粒水和剤 適用拡大!
  • 「メロン」とその適用病害「つる枯病」「べと病」を追加する。
  • 「すいか」とその適用病害「つる枯病」「炭疽病」を追加
TOPへ戻る
2003
TOPへ戻る
2002
TOPへ戻る
2001
TOPへ戻る
ページの先頭へ戻る