ミネクトスター顆粒水和剤
  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

製品体験レポート


散布ロスがないのがいいですね。殺菌剤との混用がしやすいのも便利。

福岡県糸島市 林 耕作さん

水稲14ha(ミルキークイーン、夢つくし、元気つくし、にこまる、飼料用米など)、麦25haなどを作付。福岡県稲作経営者会議 糸島支部に所属する担い手。

粒剤の田植え同時処理はロスが多くて…

毎年天候が異なるので、天候に合わせた水管理、施肥管理、薬剤選定が問われる、と話すのは担い手の林 耕作さんです。経営規模拡大にともない、いかに作業を省力化するか、コストを下げるかが目下の課題とのこと。
林さんは今まで育苗箱の箱処理剤を田植え同時散布機で処理することで、散布作業の省力化を図ってきましたが、それと同時にある課題も抱えていました。

「田植え同時散布に使う箱処理剤は粒剤なので、散布するときにボロボロこぼれるのがもったいない。それから、水分がつくと粒剤の排出口が固まって詰まっちゃうことがあるんです。あと、箱処理剤のタンクが空になっているのに気づかずに、そのまま田植えを続けたりするともっと怖い(笑)」。

ありものの道具で、余計な手間もかからずに

そんな課題を抱えていた林さんは、今年はじめて飼料米ツクシホマレの育苗箱に、エンジン式動力ポンプを使ってミネクトスター顆粒水和剤(以下、ミネクトスター)の200倍液を試験的に灌注処理しました。

「田植え同時のときは1割ぐらい薬剤をロスしているような感じでしたが、ミネクトスターはロスもないし、散布に余計な手間もかからなかったですね。200倍液を100ℓつくって200枚の苗箱に5分で散布し終わりました。タンクとかホースもありものでまかなえるので、新しく買ったものはありません」。

飼料用米のツクシホマレでは、いもち病が問題にならないので、ミネクトスターの処理だけで収穫を迎えた、と林さん。生食用米でも、いもち病が出やすい圃場には、殺菌剤を混用して使えるから使い勝手に優れているのだと言います。
「これからは規模拡大して、地場産の米を全国に広めたい」。担い手 林さんの夢はますます大きく広がります。

2016年12月現在

ページの先頭へ戻る