キックボクサー細粒剤F

「キックボクサー®」はシンジェンタ社の登録商標です。

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

製品体験レポート


使い慣れた粒剤だから助かるね。
抵抗性のスズメノテッポウにもきちんと効いたよ。

香川県高松市 福田保富さん(62歳)

奥様、娘さんと3人で営農する高松市の認定農業者。
小麦4ha(さぬきの夢2009)、ハダカムギ3ha、水稲8haを作付。水稲の後作に小麦、ハダカムギを手がける。

カズノコグサ、カラスノエンドウなど小麦の生育を抑制する雑草に腐心

JA香川県管内で小麦を手がけて9年になるベテラン農家 福田保富さんの圃場をおたずねしました。小麦は、いかに雑草を抑えるかが勝負、と福田さんは言います。
「排水も大事だけど、雑草の処理は重要。養分競合で小麦が分けつしなくなっちゃうし、収穫のときはじゃまになるからね」。
福田さんの圃場では、カズノコグサ、カラスノエンドウなどの雑草が多く、年々増えつつある抵抗性のスズメノテッポウには特に手を焼いていました。そこで、長年にわたり使用してきた土壌処理除草剤に替えて、昨年の秋にキックボクサー細粒剤F(以下、キックボクサー)を試験的に使用。抵抗性雑草への効果を体感していただきました。

2成分の効きめに効果の幅を実感。雑草全体の密度も低減したよ

今回の小麦栽培スケジュールは、昨秋の 耕起後にプリグロックスLを散布し、その3日後に 播種、播種7日後にキックボクサー、今年の1月~2月に茎葉処理除草剤、6月上旬に収穫を迎えました。
プリグロックスLは以前からずっと使ってるけど、 1日とか2日で枯れてくれるから、すぐに播種できるのがいいね」。

キックボクサーは60aの圃場に対して、反当り3・を手動式散粒機で散布。その効果はいかがだったのでしょうか。
「以前の土壌処理除草剤のときは、処理しても雑草がまるで芝生のように青々と繁茂して残っちゃったこともあったんだけど、キックボクサーの圃場は雑草をよく抑えてくれたね。 使い慣れた粒剤だし、2成分入っているから心強いんだ。以前より 雑草全体の量が減ったし、スズメノテッポウにもきちんと効いてくれて、効果の幅が広がった感じ」。

ゆくゆくは娘さんのご主人を後継者にしたい、と期待する福田さん。これからますますキックボクサーが麦づくりに貢献できそうです。


ページの先頭へ戻る