病害虫・雑草防除ガイド - 害虫と病気の話
92

だいずの収量・品質向上は、苗立率と初期生育の改善から

過湿や低温は作物の生理活性を低下させ、初期生育を停滞させます。
抵抗力が低下した状態では、日和見的に感染する病害によって種子が腐敗したり、初期生育が著しく劣ることも少なくありません。病原菌が蔓延すると、翌年以降も土壌感染する病害もあります。
そこで今回は、だいずやえだまめなど豆類の湿害軽減対策についてご紹介してまいります。

苗立率の低下や生育の遅延は、病原菌の感染によるものだった!?

わが国におけるだいずの単収は、主要生産国と比較して低迷しています。
その背景として、アメリカ・ブラジルが油糧用品種主体で、耐病性等の品種改良が盛んであることに対して、日本はタンパク質含有量等を重視する生食用品種が主体で、品種改良の速度が遅いことが最大の要因です。
また、水田転作でつくられるだいずの栽培面積は、86%(2008~2010年平均)を占め、転作における“捨てづくり”の比率が高かったことが挙げられます。
水田は畑地に比べると地下水位が高く、排水性も劣るので、長雨や隣の水田からの漏水があると、土壌が過湿になりやすく、転換畑で利用する際に湿害が発生しやすい環境にあります。
水田転作だいずでは、種子が腐って苗立率が低下したり、酸素不足によって植物体の生理活性が低下して、生育が遅延することがよく観察されます。
また、低温のストレスはこうした生育不良を助長。
今までこうした症状は単に湿害によるもので、排水対策が最重要課題とされてきました。
しかし近年、環境ストレスによって作物の病害感受性が高まり、感染力が弱い病原菌でも感染し、種子の腐敗や生育不良を引き起こすという研究成果が相次いで発表されました。
一方、土壌の過湿は、雑草種子の発芽にも好適な条件を与えてしまいます。
初期生育不良と雑草害の深刻化という、だいず作の二大問題は、いずれも土壌の過湿が大きな要因となっていることは間違いありません。

  • 日本の大豆栽培の田畑比率
  • 大豆単収の年次変動

  • 湿田状態(地下水位4cm)での生育の違い(播種後36日)

初期生育で根が深くなると干ばつに強い植物体に

初期生育で病原菌が感染すると、出芽しても地上部、地下部の生育が劣ることがよく観察されます。
だいずは根の先端から土壌中の養水分を吸収します。
そのため、病原菌感染により根の伸びが悪くなると、養水分を利用できる土壌の層が浅くなってしまいます。
だいずの要水量は生育段階によって大きく変化します。
日本の栽培環境では水をあまり必要としない播種から初期生育に降雨が多く、大量に水を必要とする開花期から莢肥大期には、逆に干ばつに見舞われることが多いといえます。
初期生育で根が貧弱になった場合は、高温と干ばつに弱くなり、養水分が不足し、根粒菌の着生も悪くなります。
莢の数は少なく、子実の肥大も阻害されるため、収量も品質も劣ることになるわけです。
引っ張ると簡単に抜けてしまうだいず。
湿害だから仕方がないとあきらめていた方も多いのではないでしょうか。
病原菌感染を防いで初期生育を旺盛にすることは、収量・品質の向上の「良い循環」に乗るための第一歩です。

  • 大豆圃場の蒸発散と降水の関係
  • 水田転換畑における根の状態(えだまめ収穫期)

だいずが早期に群落を形成することで雑草の繁茂を抑制

  • 大豆に完全にひ庇陰されると雑草の生育は極端に劣ります

出芽後に子葉が健康に保たれ、できるだけ長く落ちないことも、初期生育を旺盛にするために極めて重要な要素です。
発芽直後の生育は子葉に含まれる貯蔵成分に依存します。
病害に感染すると、子葉が早く脱落し、生育が遅くなるので、その間に雑草が繁茂するスキを与えてしまいます。
初期生育が旺盛だと早期に条間が被覆され、雑草の要防除期間が短くなります。

病害発生の主因「病原菌」の感染リスクを低減することで、初期生育が安定

病害は三つの要因が重なって発生します。
一つ目の要因は、病原菌の密度や感染力といった「主因」、二つ目は植物体の抵抗性や耐湿性といった「素因」、三つ目は栽培環境の気温や降水量といった「誘因」です。
それぞれの要因をできるだけ小さくすることが病害回避につながります。
畝立て栽培、暗きょなどの排水対策や梅雨明け後の播種により「誘因」を小さくすることができます。

排水対策と種子処理剤の組み合わせが、苗立率・初期生育改善のカギ

  • 病害発生・回避のメカニズム

「種子処理剤クルーザーMAXX」は、病害発生の「主因」である病原菌に直接作用し、感染リスクを低減します。
苗立や初期生育を改善するためには、病原菌感染を防ぐことが有効です。
耐病性・耐湿性品種の導入は短期間では難しいため、当面は排水対策とクルーザーMAXXによる病害防除を組み合わせることが、完成度の高い湿害・病害軽減技術といえるでしょう。

湿害を受けやすい圃場でも苗立率改善、根が伸びやすい環境をつくる

クルーザーMAXXは加湿条件下でも、病原菌の感染から根部を保護し、初期生育の改善に貢献します。
その効果について、福岡県と三重県でだいず栽培を手がけるクルーザーMAXXユーザーお二人にお話をうかがいました。
「水はけが悪い圃場でも、苗立率は90%以上だったよ」と笑うのは福岡県の亀田昇さん。
「病気や害虫も予防してくれるから、気持ちに余裕が生まれるんだ」と話します。
また、三重県の鈴木亨さんは、「これって土壌中の病原菌を抑えて、だいずの根が伸びやすい環境をつくってるってことなんでしょ?播種1ヵ月後のだいずには、たくさんの根粒菌がついてたよ」とだいずの根張りが向上する効果を実感されたご様子です。

公的試験において、クルーザーMAXX(R)のちりめんじわ粒低減効果を確認

  • しわ粒発生の要因

ちりめんじわは湿害などの生育期間中の環境ストレスで作物の老化が早く進むことが主因とされています。
日本作物学会で発表された試験では、クルーザーMAXX試験区で、病原菌感染の予防によって播種30日後の根が慣行区よりも深く伸長し、黄葉期の残葉率が高く、ちりめんじわ粒率が低くなる傾向がみられました。
これは、根の深い伸長により、地力窒素や水分の吸収能力が上がり、作物体の栄養状態が改善され、老化速度が緩慢になったことが要因と考えられています。
この試験により、クルーザーMAXXには畝立て播種などと同様に、土壌環境を改善する効果が期待できると推察されました。

  • 試験結果
 

2017年01月31日掲載

ページの先頭へ戻る