病害虫・雑草防除ガイド - 「畑地雑草」について、知る。

広葉(多年生) キレハイヌガラシ

アブラナ科/イヌガラシ属

生態

主に根の不定芽で繁殖する。春に萌芽したものは夏には抽苔開花する。
しかし、あまり結実することはない。横走根には1〜5mm間隔に不定芽があり、細断されたり、地上部が削られたりすると盛んに萌芽する。30cm深に埋められても萌芽する。

芽生えの特徴

ほとんど結実しないので、実生の発生もほとんどない。横走根の不定芽から萌芽し、ロゼット状に展開する。葉は羽状に不規則に深裂する。葉柄は暗赤紫色を帯びる。

出芽時期

春から秋まで、根の不定芽から萌芽する。

問題点

細断された横走根からの萌芽が旺盛で、ロータリー耕やホー除草などでは、かえって激しく増殖する。

 
ページの先頭へ戻る