病害虫・雑草防除ガイド - 雑草の話
35

本田除草省力化の新技術「稲刈取後除草」

もうじき稲刈りのシーズン、という生産者の皆さまも多いのではないでしょうか。ここでは、水稲の減収などの原因となる水田雑草の密度を軽減する新しい除草技術「稲刈取後除草」をご紹介します。

※写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。

水田の土中には数千、数万の雑草種子がある

皆さんは水田雑草の「埋土種子(シードバンク)」についてご存知でしょうか。
これは、水田の土壌中に眠っている雑草の種子のこと。例えば、水田に10本のヒエが穂を出していたとします。
おそらく、数百本のヒエが発生して、除草剤などの防除で最終的に10本だけが生き残ったと思われますが、水田の土中には数千~数万のヒエの種子があると考えられます。
残草による水稲の減収程度は、一般的に残草量と密接な関係がありますが、たとえ水稲収量に影響しない残草でも、埋土種子の蓄積という観点では、残った草が多量の種子を落として翌年はもっと防除が困難になることが予想されます。


稲刈取後の除草で、翌年の本田雑草密度を軽減

この「埋土種子」を減らし、翌年以降の雑草発生密度を軽減する除草方法が、非選択制除草剤プリグロックスLを利用した「稲刈取後除草」です。
これは、稲の刈取後に発生したノビエ、スズメノテッポウ、コナギ、アゼナなどの水田雑草が種をつける前に、プリグロックスLで速効的に枯らすことで、水田の土壌に落ちる雑草種子量を減らすことができ、翌年以降の雑草発生量を軽減できる新しい除草技術です。
プリグロックスLは、低温でも除草効果が安定しており、散布後1日で効果が発現することから、秋冬期の稲刈取後除草に最適で、100倍液の散布が有効です。
本田除草の省力化を検討されている場合はぜひ、お試しください。

出典:シンジェンタジャパン(株)発行 「総合的雑草管理IWMガイドブック」

「稲刈取後除草 」証言レポート1

雑草がなくなって耕起作業がスムーズになった
~鹿児島県鹿児島市 上馬場久志さん~

「収穫後になにも散布していないところは、前年の秋冬から残っていた雑草の種が発芽して雑草だらけ。でも、プリグロックスLをまいたところは、一目瞭然で雑草がきれいになくなった状態。正直、この差にはびっくりしたね」。
>上馬場さんの証言レポート詳細はこちら
http://www.syngenta.co.jp/cp/preegloxl/report/kagoshima

「稲刈取後除草 」証言レポート2

年々ヒエの密度が減ってゼロになった気がします
~愛知県豊田市 岡田吉司さん~

「水稲連作の圃場では、3年続けて稲刈取後除草をしましたが、年々ヒエの密度が減って、4年目にはヒエが全く見当たらなくなり、ヒエ密度が100からゼロになった感じです。それに、手取り除草がなくなったので、パートさんの労働時間や人件費が減らせました」。
>岡田さんの証言レポート詳細はこちら
http://www.syngenta.co.jp/cp/preegloxl/report/toyota.html

 

2015年08月31日掲載

関連製品

◎低温でも効果が安定し、稲刈取後除草に最適「非選択性除草剤 プリグロックスL」
http://www.syngenta.co.jp/cp/items/preegloxl/apply/

ページの先頭へ戻る
クッキー削除